友人の子ども(5歳)の流行はお医者さんごっこらしい。

 

早速、診察を受けることにした。

 

 

子「今日はどんな経過ですか?」

なるほど。インフォームドコンセントがしっかりしている。

 

 

私「えー、ちょっと、頭が痛くて…」

 

 

子「わかりました。それでは、足の指の間を見せてください」

なるほど。独特な診察方法だ。

 

 

子「それじゃあ頭の中を見ますね。耳の穴を見せてください」

なるほど。イヤー(耳)とは言えない。

 

 

耳の穴をのぞき込む子ども。

 

 

3秒後。

 

 

子「あ!わかりました!!」

先生、原因は…

 

子「頭の中に、折り紙が入っていますね~。紙飛行機の飛ばしすぎじゃありませんか?」

 

私「!!!」

 

私「先生、クスリを出し…」

 

 

ここで、おやつの時間になり、診察は終了。

 

 

治療法の指示もなく、帰る時間に。

 

帰り際。

子どもから紙を渡される。

 

紙には、

「きてくれてありがとう。またあそんでね」

 

 

嗚呼。

最高の処方箋だぜ。

 

これからは紙飛行機の飛ばしすぎは控えるよ。