Acerのノートパソコンのキーボード交換をやってみましたのでご報告です。 結論から言うと、このモデルのキーボード交換は基本的に出来ません。
フレームのボスがキーボードを貫通し、裏側で先端をリベットの様に熱溶着してありますので分解すると元に戻りません(表の樹脂フレームと一体に固定されていてユニットになっています)
。 又、キーボードの裏側にはアルミシートが貼り付けられていて、剥がす時にアルミシートが丸まったりシワシワになってしまいます。 キーボードはケースの上側(液晶側)を持ち上げてフックを外すだけです
一応、熱溶着が無くなった状態で取り付けてみましたが、裏からネジ止めされていないので樹脂フレームの中央が浮いてしまいキーとの段差が無くなって打ちにくいです。
因みにキーボードはYahooオークションで日本語版を落札し中国から送って来ました(送料込み2,500円)。 ※ネットショップで1400円で売られている物はUSバージョンなのでご注意を。




2月に公開されたPC版のドラゴンクエストライバルズが起動しないという宿題を頂きました。

私のパソコンで試したところ下記のエラーメッセージが出て起動できませんでした。

「Can't create window More info; GLFWError#65542 Happen,WGL:The driver does not
appear to suppot OPenGL」

【環境】Windows7 Pro 32bit SP1、ディスプレイアダプター:Intel HD Graphics

下記の2つを実施して再起動したところ解決しましたが、2つのうちのどちらが効いたのかは分りません。

1、TASKバーにJavaの更新通知が来ていたので更新を実施。

2、下記のAMDのダウンロードサイトで「自動的にドライバーを検出しインストール」を実施。

https://support.amd.com/ja-jp/download

0xc00000e9 HDD故障

テーマ:
年明け早々ハードディスク(HDD)故障のノートパソコンが持ち込まれました。
BIOSが出た後に0xc00000e9のI/Oエラーが表示されます。
東芝のWindows7(2011年モデル:T350/46)なので壊れてもおかしくない年代物ではあります。
今回のHDDは故障が(搭載が?)多い東芝製ではなくSeagate製でした。
BIOSでは認識されているのでデータは大丈夫だろうと思っていましたが、意外と深刻な状態で復元ソフトでも救出出来ませんでした。
お客様は一切バックアップを取っておられないという事で、大事なデータが消えてしまいました。
再セットアップ用のリカバリDISKを作っておられないという事で、試しにWindows10を新規インストールしたところ自動認証されました(お客様は自覚が無かった様ですが知らない間にWindows10にバージョンアップされた状態で使っておられた様です。※一度Windows10にバージョンアップされたパソコンは新規にインストールしても自動認証される様です)。
このモデルにはOffice Home and BusinessのCDが付いていた筈ですが探しても無いとの事で、代わりにOpen Officeをインストールしました。
※通常版を購入すると5万円以上しますから紛失しない様に大事に保管してください。
搭載されていたのは500GBのHDDでしたが、今回は部品代込み16,000円で120GBのSSDに交換させて頂きました。
やはりHDDの健康診断とバックアップは必要ですね。
※大事なデータは必ずパソコンとUSBメモリー(又は外付けHDD)の両方に保存してください。
久し振りに大阪へ一泊で行く用事があったので旅費の参考になればと思います。

昔の大阪出張と言えば朝一で梅田に着く夜行列車を使うのが定番だったのですが、今は夜行バスが一番安い移動手段ですね。

今回は子供が一緒だったので費用と時間を考慮し、行きはLCC(Jetstar):4,090円、帰りはANAの特割:9,100円を選択しました。

ホテルは口コミを参考に、少し高めのツインベッドで7,400円のビジネスホテルにしたので、合計の旅費が2人で33,780円になりました。 新幹線宿泊パックも検討しましたが、2人分でこだま号+ホテル代で往復43,200円と、遅いわりに一万円近く高いです。

尚、ホテルとLCCは比較サイト経由で予約するよりも直接申し込んだ方が安かったです(手数料を上乗せされているのかも?)。

空港までは初めてパーク&ライドを利用しましたが、駐車料金が「48時間迄は200円」と安いです。※サービス券が無いと1,000円になるので、忘れずに帰りの便の運転手さんにもらってください(バスに乗り込む時にもらった方が無難です)。
昔は旅行代理店に頼むしかありませんでしたが、今はネットで自分で調べて比較出来るので便利になりましたね。
子供のスマホの名義を私から子供に変更する為、楽天モバイルのままでは名義変更が出来ないので、格安スマホで唯一変更可能なOCNモバイルにMNPしました。参考までに気付いた点を列記します。

・ソフトバンクでは電話したら即発効でしたが、楽天モバイルはMNPの予約番号が発効されるまでに足掛け4日掛かりました。ネットで発効を依頼しても、受付メールも発効完了メールも来ないので自分でログインして毎日確認する必要があります。


・OCN モバイル ONEにMNPで転入を申し込み、申し込み受付のメールが届きましたが、その後の進展状況が全く分らず不安になったので問い合わせたところ、既に発送済みで3日後に届きました。一般的に本人確認が完了すると翌日の夕刻にSIMカードを発送し、早ければ2日後に到着するとの事です。


楽天モバイルでは現在の状況を調べるステータスページが有り、確認書類の審査完了やSIM発送後の追跡番号の連絡が都度メールで届いたのでこの点は安心でした。


・OCNの「MNPで転入する場合」の説明ページに間違いがあって混乱しましたが、メールで問い合わせたところ間違いがあったという事で現在は改善されています。

・「OCNモバイルONE用」のゴム印が押された名義変更受付用の書類が届きますが書類がOCNと同じ物なので、もう1枚の【利用権譲渡承認申請に関する注意事項」■提出書類について(「OCNモバイルONE音声対応SIM」の場合)】というのと食い違いがあって混乱しました。しかも電話で問い合わせたところ「本人確認書類は住民基本台帳のICカードはNG」と言われましたが、書類ではOKなので再度問い合わせた結果、先の説明が間違っていた事が分りました。担当者もOCNとOCNモバイルONEでは提出書類が違うのに同じ書式の名義変更用紙を使い回しているので混乱する様です。

・もちろん名義変更の書類を提出した後も進行状況の連絡は一切ありませんので、OCNマイページを見たら何時の間にか契約者の名前が子供になってたという次第です。

尚、支払いは自分のカードにしたのか(私が払う)ファミリーカードにしたのかは聞いてません(マイページで未だ見れません)(^^;

Windows7からWindows10にバージョンアップしたパソコンのハードディスクを、クローンソフトを使ってSSDにコピーして入れ替え、無事に起動!
までは良かったんですが、パーティションがゴチャゴチャなのでPartition Masterを使って整理する事にしました。

しかしPartition Master実行後の再起動時にエラーコード 0xc0000225で起動出来なくなりました。このエラーは、起動時に使用されるシステムファイルが見つからない為に発生するそうで、ネットに解決策が色々出ています。

私の場合はパーティションの先頭にWindows7のリカバリデータが有ったので、丸ごと削除したら直りました。元のWindows7に戻す可能性が無いならこれが手っ取り早いです。
日曜日の夜に240GBのSSDをYahooショッピングで注文しました。納期が心配だったので同じ物をAmazonでも同時に注文しました。価格はYahooポイントの分多少安いですが納期は全然違いました。

Amazonは注文してから(予定より1日早く)2日後の火曜日午前中にゆうメールで郵便受けに届きました。Yahooの方は5日後の金曜日お昼に佐川の宅急便で配達されました。
出店している店舗によって差はあると思いますが、やはりAmazonは納期が明確なので安心です。
ソフトバンクから楽天モバイルに切り替えて2年経過した子供が「Androidからiphoneに機種変したい」と言って来ました。
iphoneの購入は前回同様Appleからの直接購入で問題無かったんですが、SIMサイズがmicroからnanoに変わるのでSIM変更を申し込む必要があります。
案内には「お客様の申込種別によって受付ショップが異なります」という記載があって、申込種別が006、007は一部店舗で即日発行可能ですが008、009はオンラインでしか出来ないそうです(「申込種別」というのがどういった違いなのかは分りません)。

うちは008なのでオンラインでしか出来ませんが、そもそも変更可能な店舗が全国でたったの7店舗(うち3店舗は東京)なので子供の住んでいる地方の県には当然ありません。
仕方なくオンラインで申し込みましたが、下記の内容が書かれた受付メールが届きました。

・SIM交換申請完了後、交換後のSIMカードがお手元に届くまでの間、ご利用中のSIMカードによる通信ができなくなります。

契約の名義は私なので、一度届いてから県外に住む子供に転送する事になる為、子供は暫くスマホが使えない事になります(これはiphoneの購入も一緒で、分割払いの購入ではAppleから直送してくれません)。
しかも受付メールには「新しいSIMカードの開通処理を行いますので、SIMカードのご到着まで 今しばらくお待ちください」と書かれているだけで、いつになったら到着するのかも分りません(オンラインのメンバーサイトでも進行状況が全く確認出来ませんでした)。
以前も書いたように格安スマホに変更する前に子供の名義に変更しておく事を強くお勧めします。

因みに私が契約しているOCNモバイルは(格安スマホで唯一?)名義変更が可能ですので、この際OCNモバイルにMNPしようと思っています。
更にOCNモバイルは全国のゲオやビックカメラ、コジマ等で即日受渡が可能です。
長年Yahooのホームページサービスを利用して来ましたが機能も価格も他社に比べてすっかり時代遅れになってきたので思い切って乗換えを行いました。

今まではドメイン更新料込みで月額540円(6,480円/年、容量:10GB)でしたが、同じ容量でドメイン更新料込み2,676円/年(月額 223円) になります。

しかしドメイン更新まで未だ1ヶ月残っているのに解約した途端にwww.pc-110.netが使えなくなりました。仕方が無いのでwww.pc-110.comを取り合えず取得しましたが.netが使えるようになるまで1ヶ月程掛かるのではないかと思われます。全く利用者の事を考えていないです。

携帯も解約したし残っているのはオークションだけになりました。 ソフトバンクは濡れ手に粟のM&Aに走って本業のサービスがすっかり疎かになっていますね。
うちは自宅用と仕事用に光電話を2回線契約しています。

基本的にエリア外やフリーダイヤルは無視、疑わしい番号はYahooで検索して応対するか判断していますが、 Amazonに出品するようになってから県外からの問い合わせ電話も増えてきています。


そこで無料のCTIソフトFullfree をインストールしました(Vectorで人気No.1でした)。


「常駐する」 に設定すると電話が掛かって来たらパソコンにポップアップで情報が表示されます。

その後、携帯電話に登録してある700件超の
電話番号をFullfreeの「データベース」に登録する作業を行いました。

先づスマホ(Android)とGoogleの連絡先を同期させてパソコンにcsvデータの形でエクスポートし、Fullfreeでインポート作業を行いますがcsvをExcelで開くと先頭の0が表示されないのであせりましたが何とか出来ました(^^;