ヒルズ不動産コンサルティングの経済と不動産との関係について。

不動産と経済との密接な関係を日経新聞の情報をもとに提供致します!


テーマ:

「生産緑地」22年期限 農水・国交省、転用を抑制

【日経新聞】

 

https://www.nikkei.com/article/DGKKASFS01H60_V00C17A9MM8000/

 

不動産価格が暴落する「2022年問題」

 土地の値段以上に大事なコト

(zoo online)

https://zuuonline.com/archives/167068

 

 

おはようございます。

ヒルズ不動産コンサルティングのコンサルタントです。

 

 

 

先日、日経新聞に生産緑地の問題がでていました。

生産緑地といえば、東京在住の方は、23区というイメージはあまりないかと思いますが、実は結構あるんです。

 

 

例えば、世田谷区、練馬区にはたくさんの生産緑地があります。

また生産緑地は田畑という事で、100㎡というレベルではなく、マンション用地は軽くできる大きさがあります。また大手が分譲戸建を多数供給できる敷地となります。

 

 

不動産業者としては、かなりのビジネスチャンス、税理士にとっては相続税対策を含め、これもビックチャンスとなります。

 

 

そもそも生産緑地法は、都市に農地を残す目的で制定された法律のため、農林水産省もなるべく宅地転用させないよう法改正を急いでいます。

 

 

それでも宅地転用が出てきた場合、2022年は宅地の供給過多になり、宅地価格及び不動産価格は必ず下落します。

 

 

そこが一般投資家の方は買い時です。

ただ、逆に中古戸建や土地の売却を目指す方は、この時期に売却するのは間違いです。どのように考えても購入者は新築が良いわけで、あえて中古に行く必要はありません。そのため、ただでさせ新築戸建が値段が安くなっているなか、それに合わせて中古市場も冷え込みます。

 

 

焦らすわけではありませんが、2021年から不動産業者やマンションデベロッパーは高値で土地を買うことはないと思います。

 

 

そのような背景を見れば、オリンピック前(2020年)がピークアウトというのは間違いではないかもしれませんね。

 

 

 

株式会社 ヒルズ不動産コンサルティング

不動産コンサルタント 岡

http://www.hills-estate.com/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。