ちょっと徒然話φ(.. )……(母とお義父さんの絆) | フィーリングコミュニケーター志づえの、『発達障害』でも出来るかな?

フィーリングコミュニケーター志づえの、『発達障害』でも出来るかな?

自閉症スペクトラム当事者❨ADHD・LD計算障害・AS❩であり、二人の息子❨長男にADHD・AS素因あり❩の母である『フィーリングコミュニケーター志づえ』のチャレンジしてたりしてなかったりする、赤裸々な日常を綴っていきます。

 

重障害児(者)の言葉や気持ちを感じ取る『フィーリング・コミュニケーター志づえ』です。

あなたのココロを《スーパーヒーリング・ハグ》で癒やしますアップ

 

 

こんばんは(*^▽^*)

訪れてくださった方々。いいね下さる方々。

いつもありがとうございますm(_ _)m

励みになりますラブラブ

 
 
 
 
七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕
 
 

お久しぶりですm(_ _)m。

 
今回も、『徒然話😅』になってしまいます💦
 
 
3日前、告別式に出席してきました。
 
わたしの実母の夫にあたるSさんが、つい先日の日曜日に、癌でお亡くなりになりました。
 
 
『生い立ち編』でも書いていますが、
わたしの母はわたしが1歳を迎える前に父に裏切られる形で離婚し、家を出ています。
 
 
 
わたしと母が再会したのは、わたしが高校生の時でしたが、その時はもう再婚して幸せに暮らしていました。
 
母との間に子供はいませんでしたが、二人とても仲が良く、
父の事で苦労かけた分、わたしは母を大切に想ってくれているSお義父さんに感謝の気持ちしかありませんでした(v_v)
 
 
 
初めてお会いしたのは、『タイ坊』が産まれて8ヶ月目の時。
 
母と一緒に、我が家まで出産祝いを届けに来てくれたのです。
 
『タイ坊』を抱っこして、寡黙だけど照れたように笑った姿が、とても男らしい優しさに満ちた印象だったのを覚えています(*^^*)。
 
 
『母は、良い人に出逢えて良かったなぁ…』ってしみじみ安堵したものですo(^-^)o
 
その後は、2年に1回、母と一緒に子供達に会いに来てくれていましたが、
 
4年前『チイ坊』の小学校入学祝いに来てくれてからはそれぞれの家が忙しくて、お中元や年賀状のやりとりだけになってしまっていました。
 
そんな中、先月の終わりに母から連絡が入りました。
 
Sお義父さんが、『余命1ヶ月』だと。
 
お医者さんに、『親戚や知り合いに今の内に会っておいた方が良い』と言われたと。
 
 
 
いつも、車で1時間かけて会いに来てくれてたけど、子供達も成長し体力もついたので
 
初めて、家族みんなで電車片道で2時間かけて、母とSお義父さんの自宅マンションへ行きました。
 
Sお義父さんは、点滴で命を繋ぎ留めていました。
癌を全摘手術した後は半年くらい体調も回復していたそうです。
その後、2サイクル抗がん剤治療をし、身体の負担を軽減するため、ストップし、
 
入退院を繰り返して自宅療養になったという事でした。
 
私たち家族は、その経緯を、4年ぶりに会って初めて知りました。
 
Sお義父さんは、大好きだったお酒も食事もとれなくなって、1ヶ月以上たっていました。
 
ベッドに横たわったまま私たち家族を出迎え、声をかけると手を差し伸べて握手を交わして頷いてくれました。
 
2時間くらい滞在しましたが、
タイ坊は、そのほとんどの時間、Sお義父さんの手を握り続けていました。
 
再会から6日後の早朝、
 
Sお義父さんは他界されました。
 
前日の夜中まで、母はSお義父さんと会話していたそうです。
 
 
星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空星空


リビングに簡易布団を敷いて横になっていた母は、夜中に何度かお義父さんに呼ばれて起きました。
 
ベッドをのぞき込むと、両手を上げて弱っているとは思えない力で、母の頭を抱き寄せるようにしてくれたそうです。
 
母は不思議に思いながらも、
 
「おとうさん、夜中の3時だよ。もう眠いから寝ようよ」
 
と声をかけたそうです。
 
Sお義父さんも頷いて、母はその後久々に、リビングではなく寝室で深く眠ったんだそうです。
 
翌朝母がいつもの時間に起こしに行った時には、息を引き取っていました。
 
目も口もしっかり閉じて、本当に眠っているかのように安らいだ表情だったそうです。
 
痛みはあまり無かったのか、最後まで気弱な事も一言もこぼさず、意識もはっきり保っていた《強い人》だったと母は話してくれました。
 
昔ながらの職人気質で、お弟子さん達に「親父さん、親父さん」と慕われながら生きた69年の生涯でした(。・ω・。)。
 
Sお義父さん。
母と出逢い、愛してくれてありがとうございました(*^。^*)
 
娘のわたしから見ても、
貴方と過ごした日々、母は幸せそうでしたキラキラ虹キラキラ
 
どうか、これからも母を見守りながら、ゆっくり羽根を伸ばしてくださいね🌠照れ
 
 このイラストは、我が家にあったSお義父さんの写真を元に描きました。
 
初めて我が家に来て赤ちゃんのタイ坊を抱っこしてくれた時です照れ
 
 
 
Sお義父さんの亡くなった知らせを受けてから急いで描いて、告別式に出席した時に、母に渡すことが出来ました🌌🎋。
 
 
 
 
 
 
 
 


自閉症スペクトラムランキング


自閉症児育児ランキング


人気ブログランキング