ネイルサロンワーク技術特化 プロネイリスト育成 ネイルサロン開業 Nail Salonwork college Blog

ネイルサロンワーク技術特化 プロネイリスト育成 ネイルサロン開業 Nail Salonwork college Blog

プロネイリストを目指す人の為のプロネイル技術/独立/集客/接客/経営情報

  

クレーム以降、より真剣に

身を引き締めながら練習に励んでいた。

 

 

そして少し経ち、

 

 

気がついた。

 

 



お金が、ない


 


 

\何故ならば、無給だから/

 

 


サロンに行く電車賃すら、ない。



というくらいお金がなくなり

 

当時実家暮らしだったわたしは

遂にお母さんに怒られる。

 

 


「そんなところおかしい!辞めなさい!」

 

 

 

笑い泣き

 

 

そ、そうだよね、、

 


薄々わたしもおかしいなと思っていたよ?

 

 

そして2週間に1回くらいになっていた

ネイルスクールで現状を話したところ

(なんだかんだゆるく行っていたネイルスクール。笑)

 

 

「ん~、まあ、他にもあると思うから

辞めた方がいいんじゃないですか?」

 

 



という無難な助言を頂き、、

 

 

 

辞めよう!

 

 

と、決意。

 



もちろんオーナーには引き止められて


「お給料出すから頑張らない?」



と言われたけれど、

実働8時間で3時間分(800円)

だったのでそれはもう無理で、、、、

 

 

そんなこんなで、数ヶ月で退職しました。

 

 

 

電話の取り方やカルテの管理、

ハンドモデルをこなせたこと、

クレームのケツを拭いていただいたりと、、

 

振り返ると、ここで学んだものも

とてもありました。


 

反面

”もっとこうした方が良いんじゃないか?”


”こうすると上手くいくんじゃないか?”

 

というサロン作りに対して考えることも

出来ました。(何様)

 

 

いやでも、とりあえず勤めたところでは

学ぶ反面、自分だったらもっとこうするな


という目線を持っておくのは、いざ独立

ってなった時に生かせたり学びになると

思うので、是非そう思ったことはメモとかに

残しておくと為になります、、!



 

というわけで

ありがとうございました。1店舗目。




次回、2店舗目にいきます。

 

 

2店舗目では、わたしの弱小っぷりが

発揮されます。




続く


 



実はわたしの今回の内容のような

ずさんなサロン経験をしたという相談は

結構定期的にメッセージもらいます。



わたしだけじゃないんですよね、、!



それくらい、体制が整ったネイルサロンが

無いってことが業界のやばさなんですが、、



このン十年前とあまり変わってないって

ほんとブラック業界よね、、




おしょろしぃ〜!




良いネイルサロンに勤められたら

それだけでラッキー!!




なんですな〜