こんにちは照れ

 

臨床発達心理士・公認心理師

くさのひろこです

 

久しぶりの投稿になってしまいましたあせる

 

 

子育てのご相談では、お子さんのお話を伺いながらその子にあった言葉掛けや環境を考えていきますが、

お母さん自身の気持ちを伺うことも多いです。

 

 

ほんとに私達大人は、上手に自分の気持ちを閉じ込めてしまうなぁと、そんなことも感じます。

 

 

誰かと話すことで、その気持ちをそっとすくい上げてみることが出来る。

相談の時間がそんな時間になればいいな、と思いながらお話を聞かせて頂いています照れ

 

 

こんな気持ちがあったんだと気が付くと、今までとは違う行動が自然ととれるようになっていきます。

 

 

その変化は緩やかかもしれないけれど、自然で、一番良いような気がしていますキラキラ

 

 

認知行動療法という言葉もあるけれど、自分がどう感じ、どう物事を捉えているかに気が付いていくことが

やっぱり大切なんですよね。

 

自分の気持ちを拾い上げる時に最近私がイメージしているのが、今日のタイトルにある「色々な石を並べるように、自分の気持ちを並べてみる」ということです。

 

 

こんな気持ちもあった、こんな気持ちもあった

時には自分では認めたくないような気持ちも出てくるかもしれません。

 

でも、そんな気持ちこそが本当は気づいて欲しい気持ちなんですよね。

 

1つ1つ色々な形の石を拾うような気持ちで、ただ並べてみる。

 

どんな色の石もいい。

どんな形の石もいい。

 

自分の中にある。

 

 

沢山並んだ石をただ眺めることが出来るようになると、気持ちはだんだん軽くなっていきます。

自分らしく動けるようになっていきます。

 

どんな石が自分の中にあるだろう。

色々な石があっていい。どれもが大切。

 

 

記事を書きながら思い出したのですが、

そういえば昔から石とか貝とか拾って並べるの、好きでした(笑)

 

自然物って、ただそこにある、ことを教えてくれますね照れ

 

 

 

久しぶりにご相談スケジュールをUPしましたキラキラ

 

https://

www.hatttatu-soudan-hikari

.com