音楽だけは | HIKAKIN OFFICIAL BLOG

テーマ:
さっきYoutubeを巡っていたら、これに出会った。



聴いていたら、途中から涙が出て来てしまいました。
こんなにしっかりと聴いた事が無かった。

聴いていて不純物が全くない。
あまりに心地よい。

そこでちょっと調べてみた。

『ヨハン・パッヘルベルのカノンは、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の1680年付近に作曲したカノン様式の作品である。』

300年以上も前に作られた曲が、音楽が、未来の僕に涙を流させる。
300年以上も前に作られた曲が、時代なんか関係なく僕を感動させた。

音楽に順位なんかはないけど、僕は個人的に、音楽は時代とともに劣化したと思っています。
時代の流れとともに世の中のあらゆるものは進化したと思うけど、音楽だけは。
商業的な事が絡んで来たりして派手になって、本当の音楽の良さを見失ったのではないかと思う。
昔の人は音楽の本質をわかっていたと思う。

昔の作曲者は"どれだけヒットする曲を作るか"ではなく、"どれだけ良い音楽をつくるか"だったんじゃないかと思う。

そんな思いでつくられたから今も残っているんじゃないかなーって思う。

300年後にLadyGagaは流れないと思いませんか?
まあそんなの比べてもしょうがないかもしれませんが。

エリーゼのためにとか、小フーガト短調とかも僕は大好きだからBeatboxでやったりしています。
この曲もやってみよう!そうしよう!!!

自分のBeatboxも僕が死んだずーっと未来に残っていたらいいなぁ。


って話が暗い!!!笑

以上、独り言でした。。。

HIKAKINさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス