今日は一昨日と同じく西方面目指して釣り場へ行ってみるとします。

波高🌊状況では荒れて無いけど、南西風が昼から強くなる様子です。
一昨日S浦の釣果が低い原因は大雨による海水の低下らしいとのことですので、K浜も影響有るかもしれません。 
結局、珍しい糸ヒキアジとワカシでした。




釣り場は流木などで、海岸と波打ち際は汚れていました。

洋光台駅朝一0455で、青春切符🎫第2回目をつかって、西を目指して釣り場へ向かいます。
S浦の先も候補でしたが、志下公会堂前で下車して先ずは混み具合確認。
空きがあるので、ここに決めました。正直言って、釣れ具合みてません。これが、敗因でした。この時期に釣れない経験が無いので、タカをくくってました。釣り始めてみるとエサ取り無しです。周りも釣れてません。結局、ワカシ1尾でした。型も小さく、HGのワカシの方が好が、二回り大きかったと思います。





悔しくて、昼過ぎにK浜に移りましたが、向かい風が強いので諦めました。


時間の余裕が出来ましたので、沼津市内の床屋に寄って、帰宅中です。
因みに今日は、4リットル以上の飲料水飲みましたが、今胃袋は空いています。
土曜日に青春切符で三保また片浜計画してました。
会社資料が未完成で、土曜日NGの為、2日HGへ短時間で行きました。
朝730に現地に着くとルアー師が一杯でした。後ろで待って930まで休憩。
ルアー師のオッさんが場所の仕切り役してる様子ですが、遅れて居る自分は静観しています。
1000から1200まで空いた場所見つけて、ワカシ3尾でした。
ワカシのサイズは大き物で35cmでした。片浜、シズ浦よりも大きかったです。
当分はルアー師がクーラー、荷物で場所取りして一杯いそうな為、別場所探します。常連さんはお一人でした。皆さん、何処に行かれていらっしゃるのでしょうか?
また、磯場のプールがエラやハラワタや抜き血が残って臭いです。台風が来て洗いこんでくれれば良いですね。



以上
昨夜は息子とかなり、居酒屋で飲んでそのまま寝て、目が覚めたのは朝の0500でした。すぐ様支度して、西方向へ電車でGOしました。
今年初めての青春18切符を🎫使います。K浜駅にて下車しました。以外と電車は空いてます。
海岸も人がいませんか。
第一投から浮きが沈んで、その後は立て続けに、ワカシかサバが当たりました。



最近の豪雨で、海岸は流木だらけです。
以下に、今日の様子と以前の比較を掲載します。
今日


以前






朝一の電車で、西方に向かいます。
久しぶりの雨が上がった日曜日でした。
湯河原当たりから沼津まで、線路界隈の木立ちの揺れを見て西風大丈夫かなと不安だったですが、現地はさほど風はなくいつもの位置に入れました。
ただし、堤防中央部は東南アジア系の人で一杯です。約80m横並びにいます。
濁りありました。流れも川のように早く、糸フケも半端でありません。
そんな中で、流れが反対方向になり掛けに、当たりが出てきました。
結果として、今年初のオオサバ2尾上げました。
棚10から25m、ハリス2号、2.5ヒロ。




本来は、7月3,4日有休を利用して大島釣行を計画していましたが、

天気が今一つだったので急遽K浜に変更しました。

いつも通りに洋光台駅で始発に乗って、西を目指します。

何とか天気は持ちそうですが、カッパを小さく畳んで持参しました。

現地に8:30頃に到着しました。

50mピッチでルアー師がいますが、

12番前で空きを確認して釣りを開始しました。

カゴ釣り師は1人見かけただけです。

雨の影響で、濁りと、浮遊ゴミがあります。風はありません。

ルアーでの釣り上げは見かけませんでした。

12:30まで粘り、大サバ(今一かな?)、ワカシ、河豚の三種類が当たりました。

釣果は今一出したが、釣れたので此れで良しとします。

頻繁にボイルがありましたので、天候が回復して綺麗な潮になれば、

いつもの様に夏のK浜釣行が出来ると思います。

棚7.5m、ハリス2.5号・2ヒロ、透明カゴ、オキアミ+糠混合

 

 

 

 

 

 

 

 

正午近くになってみると、海岸で頑張っているのは自分だけでした。

 

 

 

 

 

 

夏が過ぎて、大島⇔熱海の東海汽船のお得な旅券(約4000円)が、

復活したら大島釣行を再度計画したいと思います。

朝一で洋光台出ました。
片浜駅0656着。
二投目に、浮きがスポッと沈み、当たりは真鯛でした。
帰ってから計測した結果43cmでした。
ワカシ、オオサバは当たりませんでした。




いつも様に始発に乗り込みます

片瀬江ノ島が、新しくなっていました。

現地は、ルアーで大混みです。
10投くらいして、帰宅しました。
カゴ釣り師はいませんでした。
次回はK浜にでも行ってきます。


すでに竿の振り方、仕掛けの結び方、合わせ方など忘れてそうです。
中古竿、新たな浮など試してみます。
釣れる、釣れないを問わず、楽しみたいと思っております。
明日はHGへ予定してます。

昨日土曜日は、天気予報で寒いと言われ防寒対策を万全にして釣行しました。現場には、かご釣り師が一人いました。

釣れている様子はありません。昨年からイナダが良く釣れたことがあって、様子見に来たそうです。

付けエサは4投まで残ってくる状態です。棚を12~13mにしていると大きな引きある獲物が掛かってきました。

結果はサメでした。

12時前にも浮きが沈み手応えありましたが、すっぽ抜けしました。恐らく同じ魚種だと思います。

 

 

 

 

 

 

さて釣り場はには戸塚のSTOさんが加わり3人で釣りしていました。

話をしていると、九州鹿児島に数年滞在している経験がおありでした。九州の釣り方に花が咲きました。

 

また、ウツボを専門に狙う釣り人にも会いました。肛門からエラまでは骨数が少なくなっているところを皮むきして唐揚げで食べると旨いとのことです。

 

その他、コロナウィルスの影響もあって、中国観光客とウィルス感染を心配した国内観光客がめっぽう少なくなって、通常の20%くらいの観光客数だと思います。

 

 

以上