1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-06-30 11:00:27

ペルーのロックで、大盛り上がり

テーマ:ブログ

昨日は第131回目の「ラテンアメリカ探訪」の日。世話人おひとり、水口良樹さんが、ペーニャ・ハラナのペペ・もとをさんと組んで、「ペルーのロックを聴いてみよう」と題し、約2時間の試聴とレクチャー。

極めて充実した内容だったが、果たして、ペルーのロックに興味がある人がどれほどいるのかと、そう思っていたが、幕を開ければ、参加者は14人で、皆さん、熱心に質問もされて、なるほど、どんなジャンルにも、それなりの需要というものはあるものだなぁ・・と、感心。私も、この際なので、「中南米の恐い話(怪談)」でも、してみようかしら・・。

私は、体調を考えて、懇親会はパスしたが、その後、開催された懇親会も、さぞや、盛り上がったのでしょう。ううう(泣)。

さて、「ラテンアメリカ探訪」は、7月は夏休み(例年は8月が夏休み)とさせていただき、8月には、実松克義先生の、2回目のご登場です。スケールの大きな、独自の歴史観で知られる先生の、真夏の夜の一夜語り、さて、どんなお話が飛び出しますか、どうぞ、お楽しみに・・(詳細は、後日)。

私は、体調不良で、今日は終日、自宅籠もり。腹が痛いだけでなく、喉が痛く、咳が出て、要は風邪ひき。咳が出る度に、腹の切り傷が痛い・・っうの(泣)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-28 10:46:28

ダメじゃん(誰が???)

テーマ:ブログ

原稿は書いていることは書いているが、書いたり、また、削除したり・・と、実に、遅々たる歩み。要は、気が乗らない。でも、何とか、あと1週間で、仕上げなければ・・。

昨日の午後、メールをチェックしたら、「○○の歩き方(まぁ、○○の中に何が入るのかは、丸わかりでしょうが)」の編集を担当されているSさんから、私が以前、「○○の歩き方」に書いた原稿の一部を、リライトして、再使用したいとのメール。一応、当該個所を自分でもリライトしてみて、それと、リライト前の原文とを、2本まとめて、メールに添付し、送信。

まぁ、どうせ、Sさんが、収録スペースに合わせて、再度、リライトされるんだろうから、自分でリライトしてみたところで、徒労だろうが、出来れば自分の原稿は、自分でリライトしたいというのが、物書きの、いわば意地のようなもの。

メールでの原稿の送信をすませ、あっ、もう、始まっちゃってると、あわててTVをつけ、AKB48の柏木由紀と渡辺麻友の2人旅のドキュメンタリー番組の、後半部分を見た。

例のスクープ後に収録されたものとのことで、直接、そのことに触れずとも、柏木が何をいいたいのか、よくわかる、会話もあった。でも、私はなお、柏木には、スルーではなく、ファンに対する最低限の説明責任は、やはり、あると思う。もう「大人」の女性が、誰とどこに行こうと、もちろん、それは勝手。でも、彼女は王道「アイドル」であり、「AKB48の(人気)ナンバー2」という立ち位置にあることは、紛れもない事実だし、それは自ら、選択したもの。だから、それがたとえ事務所の方針だとしても、ファンに対し、スルーはあり得ないと、そう思う。

なんて、どーでもよいことを考えつつ、イヤな原稿書きの再開を、極力、先延ばしにしたい私。柏木もダメだが、もっとダメじゃん、御年63の私。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-27 03:26:50

体力

テーマ:ブログ

昨日は、午後3時までだから、ほぼ終日、病院。開腹手術のあとからは、まだ、時々、血の混じった液が出るが、あと、1~2週間は、出る可能性もあるが、まぁ、大丈夫でしょう・・と、抜糸。1カ月後に、再診を入れ、もし、問題がなければ、それで外科としての対応は終了し、主治医のいる内科に戻すということになった。

で、会計をすませ、3時過ぎに、病院を出ようとしたら、急にめまいがして、立っていられなくなったので、病院1階のソファーで、しばらく、休む。

その後、今日は朝から何も食べていなかったことを思い出して、食欲はあまりなかったが、近くのお店に入って、昔懐かしいカロリー焼きを注文。牛肉とタマネギをニンニク醤油で炒めて、ドーンと、熱々のスパゲッティの上にのせたもので、それに、ご飯にスープがつく。学生時代によく入った「カロリー」という名の洋食店で、明大や日大の学生や、近くの若いサラリーマンが主なお客。私のような、老人の入るお店ではないが、まぁ、何となく、元気をもらえるような気がして・・。

でも、その後、神保町まで歩く内に、疲れて、「サンマルクカフェ」に入って、1時間ほど、休憩。久しぶりに、書店めぐりでも・・と考えていたのだが、その気力もなく、地下鉄を乗り継いで、帰宅の途へ。最寄り駅では、再び、ほぼ毎日、通う「ドトール」に入って、またまた、休憩。

要は、気力云々というよりは、体力が、全然、戻っていない。病院に行くだけで、疲れ果てて、帰宅後はすぐに、ソファーに倒れ込んで、爆睡。おかげで、こんな時間に目が覚めてしまって、もう、眠れない。サイアク。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-25 12:26:27

参加者は野郎4人・・う~ん

テーマ:ブログ

昨日の「カフェ・ラバンデリア」での、「中南米マガジン」VOL.27の打ち上げ、開始時刻の6時半ジャストにお店に行くと、いたのは、オーナー兼編集長の金安さんと、リンダ3世取材の際、ご一緒した、カメラマンのゴン・キシヤマさんの、おふたりのみ(ゴンさん、スッカリ、お顔を忘れていて、大変、失礼しましたぁ~)。

お店が出して下さった、エビとブロッコリーのサラダや、ピリリと辛い、唐辛子入りのシンプルなパスタ等をつまみに、ジンジャーエールを2本ほど飲み、さほど会話も進まず(失礼ッ)、疲れたので、奧のソファー席に移動して、しばし、休憩。金安さんとゴンさんは、店内の大きなスクリーンで、ユーチューブの南米の美人コンテストの映像を観ておられるようだが、出て来る女性が、みんな、同じ人のように見えるのは、何故???あとで、聞いたら、真偽のほどはともかく、整形しているから・・だ、そうです。

午後9時ごろになって、デザイナーの並木さんがお見えになったので、少し、会話に加わったのち、並木さんと入れ替わりに、お店を出た。

悪いなぁ・・とは思ったが、正直、これがギリギリ。やはり、体調は全然、本調子ではなく、2時間程度の滞在が、今の私の限界のよう・・。

帰宅し、見ると、開腹手術のあとから、また、少し、血の混じった液がもれていて、めげる。

さぁ、次のVOL.28は、また、2年後・・なんてことのないよう、頑張りませう。まぁ、2年後に私が生きていれば・・ですが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-24 10:09:36

今日は「中南米マガジン」の打ち上げの日、みんな、来てねッ!!!

テーマ:ブログ

今日、午後6時半から、新宿の「カフェ・ラバンデリア」にて、「中南米マガジン」VOL.27の打ち上げ、やります。関係者のみならず、読者の皆さんの参加も、大歓迎です。是非是非、来て下さいねッ!!!

「カフェ・ラバンデリア」の場所は、「中南米マガジン」最新号の巻末に、地図が載っていますが、ネットで検索すれば、その「ラバンデリア」のホームページにも地図が載っていますので、すぐにわかります。

ただ、集まって、「中南米マガジン」について、あれこれ、おしゃべりするだけの、「芸」のない集まりですが、その分、敷居も全然、高くないというか、何というか・・(汗)。もちろん、私も行きますよぉ~。

私の方は、ここ数日、映画を立て続けに、3本観て、金曜に医者へ行って、経過が良好であれば、抜糸もし、来週からは、本格的に、あちこちに出没・・と、文字通り、捕らぬ狸の皮算用。さて、果たして???

正直、いって、腹はまだ痛いし、本調子にはほど遠い、現状なのですが・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-24 09:03:01

「攻殻機動隊 新劇場版」

テーマ:映画

1989年に、士郎正宗による「攻殻機動隊」のコミック版連載が始まり、1995年にそれが、押井守監督によって、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」として、アニメ映画化され、文字通り、全世界に衝撃を与えた。その後、押井監督による独自の劇場版続編(「イノセンス」)や、プロダクションI.GによるTVアニメ版(第1シーズン、第2シーズン&長編劇場版)の放映、攻殻機動隊の創成期を描く新シリーズ「ARISE」等々を経て、「攻殻機動隊」25周年記念作品として、ついに満を持して、「新劇場版」が制作された。

新劇場版は、「ARISE」シリーズの延長線上に設定され、そのラストが、押井守による劇場版第1作につながるという、文字通り、攻殻機動隊誕生の瞬間を描く物語。合わせて、そのリーダー、草薙素子の生い立ちの秘密が、新たに、明らかにされる。「ARISE」シリーズに続き、脚本を沖方丁が手がけている。

2029年に発生した総理大臣暗殺事件、その被害者の中には、草薙素子のかつての上司、クルツもいた。しかし、事件の真相を探るべく、調査を開始した草薙チームの前に、故クルツ率いる501機関が立ちはだかり、また、電脳ウィルス「ファイア・スターター」の影も、その背後には、見え隠れする。

やがて、事件の真相をつかんだ素子は、6人の部下にチームの解散を宣言し、単独で、敵地に乗り込むのだが・・といった、物語。大傑作の押井版と比較するのでなければ、文句なく、面白い。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-23 11:07:13

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

テーマ:映画

実に30年ぶりの続編・・ってか。でも、ストーリィは、単純にして明快。何もない砂漠を舞台に、全編、激しいカーチェイスがくり拡げられるだけだから、前3作を観ていなくても、猿にも・・とまではいわないが、誰にでも、わかる(私は前3作を、リアルタイムで観てましたが・・)。

要は、主人公の、一匹狼のマックスは、元警官で、核戦争か何かで、全世界が崩壊してしまった近未来が舞台。そこで、残り少ない水やガソリンを支配する、何とかジョー(名前、忘れた)というボスと、そのボスを裏切り、女性たちを率いて、希望の地へと向かう女性戦士のフュリオサ一行との闘いに巻き込まれてしまい、行きがかり上、多勢に無勢のフュリオサ一行側につくことになる・・というストーリィ。あとは、ただただ、戦うのみ。

主人公のマックスは、サム・ワーシントンだったハズが、いつの間にか、トム・ハーディに代わっていて、フュリオサにはシャーリーズ・セロン。当然のことながら、シャーリーズ・セロンの圧倒的な存在感の前に、どちらが主人公か、よくわからない事態に・・。

でも、CGを一切排した、ガチのカーチェース・シーンは迫力満点だし、ダークな世界観も、以前の「マッドマックス」シリーズのまま。これはこれで、マジ面白いっす。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-23 10:29:24

「呪怨 ザ・ファイナル」

テーマ:映画

「呪怨 ザ・ファイナル」といっても、全然、終わっていない(笑)。清水崇から落合正幸に監督が替わっての新シリーズ第2弾。つまり、前作「呪怨 終わりの始まり」の続編。今回の主役は、平愛梨。前作の主人公である佐々木希の姉・・という役どころ。

つまり、平演じる主人公の麻衣が、失踪した妹の行方を探るうちに、伽耶子と俊雄の呪いに巻き込まれてしまい・・という、毎度お馴染みのストーリィ展開。監督が替わったところで、「呪怨」はその世界観や、伽耶子と俊雄といった、あまりにも強烈すぎるキャラクターが、すでに確立してしまっているコンテンツ。つまり、その世界観を尊重する限り、新しいストーリィ展開は難しく、要は回を重ねるごとに、その恐怖度は低まるばかりで、清水崇のつくった1作目の、半端ではない怖さを上回ることは、まず無理。

そういう、いわば負け戦を十分覚悟しつつ、新シリーズの監督を引き受けられた落合正幸さんには敬意を表したいが、ここで幕引き=「ザ・ファイナル」にして、正解でしょう。

・・と思っていたら、とうとう、やってしまいましたぁ~(笑)。エンドロールのあとに、次回作の紹介が入り、な、何と、「貞子 VS 伽耶子」だそうです。なるほど、ついに、Jホラーを、名実ともに代表する「リング」と「呪怨」両シリーズのコラボ、ホラー界のスーパースター、貞子と伽耶子の最恐対決ですかぁ~、ああ、行くところまで行っちゃうんですね(泣)。こうしたVSもので、これまで傑作は皆無ですが、果たして、今回は???


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-21 11:14:43

まぁ、何とか、生きてま~す

テーマ:ブログ

昨日は、夕方から、大森駅の駅ビル「アトレ」まで行って、娘のレインブーツを買い、甘味処ながら、和食メニューも充実している、同ビル内の「麻布茶房」で夕食。ただ、それだけのことで、えらく、疲れた。

帰宅後、「ドS刑事」の最終回を観て、娘が寝たあと、さらに、「ゲオ」でレンタルした「クリミナルマインド」シーズン7のDVDを、引き続き、観る。

「ドS刑事」の、伏線ゼロ、どんでん返しもゼロ・・の、あまりにもチープすぎるストーリィ展開には、あ然とするが、私は多部未華子のファンなので、まぁ、いいか・・と。そういえば、前々日の「ヤメゴク」の最終回も、堤幸彦御大の作品にしては、ひどかった。私がいつも、よりによって、ひどい作品ばっか、選んで観ているんでなければですが、日本のTVドラマは、なんでこう、揃いも揃って、低レベルなのか・・。

「クリミナルマインド」シーズン7を観つつ、つくづく、そう思う。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-20 15:24:00

大騒動

テーマ:ブログ

昨日の夕方、娘と家で食事をしていたら、娘が私のTシャツ、お腹のところに染みが出来てるよと、いう。あわてて、Tシャツをめくってみると、開腹手術の跡の上に貼ってあったガーゼが真っ赤で、その上から、シャワー用に防水コーティングしてあるのだが、その内部に赤い水がたまって、タプタプ状態で、そこからもれた水によって、Tシャツに染みが出来ていたのだった。ガ、ガーン。

直ちに、病院に電話し、主治医はもう退社したとのことで、看護婦さんに頼んで、当日の宿直医を探してもらう。医師と連絡出来たのは、十数分後。とりあえず、現状を報告し、どうすればよいか、尋ねる。結論的には、その日はもう、どうにもならないので、身体を拭き、出来れば、消毒もして、ガーゼを新しいものに換えて、休み、明日の朝、一番で、病院に来なさい・・ということになった。

家には、消毒液も、ガーゼも、何もないので、まだやっている薬局に走り(あくまでも、主観的表現であって、実際には、よたよたと、歩いて行った・・泣)、それらを購入し、家で自分で処置し、あとは、あまり何も考えないようにして、寝た。

朝起きると、ガーゼはまた赤く染まっていて、着替えた新しいTシャツにも、染みが出来ている。う~ん、止まっていないじゃん。

すぐに、タクシーを呼んで、病院へ直行。その代金、6000円あまり。でも、いくらかかっても、さすがに、電車を3本、乗り継いで行くような、気分ではない。

で、病院での治療をすませ、帰りは電車で、家に戻って来たところ。結論からいうと、血の混じった液体は、腹部にたまっているので、あと1~2週間は出る可能性があるので、その都度、新しいガーゼに換えなさいとのこと。医師にいわせると、それほど、大騒ぎするようなことではない・・らしい。

でも、そんなこと、いわれても・・ねぇ、びっくりするよ、やっぱ(涙)。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。