不思議watcher ~神秘と怪奇の備忘録~

身の回りの不思議体験報告・実話怪談・取材写真、ここだけの話をアップします。


テーマ:
お久しぶりです。


怪談バー『黄泉のカクテル』の常連客で 語り部の ひぐかんです。

皆様、お久しぶり~^^



ブログをご無沙汰していましたが ここ数ヶ月。

早起きして ウォーキング1時間やってます。朝陽を浴びると 気分爽快です。

最近 別件の幸せすぎるぐらい用事で忙しくてw

(未来の準備で忙しいのね 詳細は内緒♪)



11月の空気は綺麗。あっという間に 下旬ですか。


でもあったかいですよね・・・今年の11月。



さて 今月号は 『霊を釣る話』です。


『ほんとうにあった愉快な話芸能ズキュン!』↓ 
2015・11表紙





漫画に出てくる善の綱。善光寺にもありますね。


観音様を描いたのは 私の思いつきだったのですが 


入稿直前に 情報元の風水師:あーりんさんに こんな情報いただきました。




「善の綱も話題に入れましたか(^^)

私がサラシを指定したのは、単に長いからと、

救援の為に人がつかみやすいからです。

糸じゃ掴みにくいので(笑)」




ということでした。



また
あーりんさんいわく


「実際には名前を指定した供養は指定された本人限定なんで

一本釣りになるんですが、

観音様なら他の水死者も分け隔てなく

助けてくれそうなので。どうでしょか。」



とありましたので 


欄外に「もしこの方法で他の人もついてきたら

無縁仏さんて事で施餓鬼供養してあげてください」のような事を

書き添えさせていただきました。



今回の観音様描くの・・楽しかったなァ ニコニコ キラキラ ニコニコ キラキラ ニコニコ キラキラ ニコニコ キラキラ




仏画に目覚める人の気持ちが 少しわかったよ。


kannnonnsamaペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
『増刊 本当にあった愉快な話 激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房)

今週7月21日より発売です




 『謎の行者vs陰陽師呪術対決』 




表紙



【増刊号裏話】

今回の増刊号の巻末の再録

『ほんとうにあった不思議な女子高』


安野モヨコ先生似の美人女子高校の先生含めた怪談です。


【誇張・設定変更はお約束】・・といいたいところですが


いえいえ、心霊現象のくだりは すべて実話です。



『とある中学校の霊道騒動』


実は若き日のみちのく陰陽師・九頭龍太道さんのお話です。

気が付いてたって?

でしょうね~(笑)



当時は「草和家虎太郎」

(くさわけこたろう)

という名前での登場でした^^





ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。ひぐかんです。


14日発売『芸能ズキュン』5月号に掲載の『黄泉のカクテル』

今回は 髪の毛にまつわるお話。


髪の毛は 失恋すると切る(←って今どきじゃない感じもするけど)ほかには

願掛けのために伸ばしたりもしますよね


今回は 美容師さんの、髪の毛にまつわる業界あるある!?・・いや


どちらかというと珍しい エピソードなのかもしれません目


美容師さんの体験を聞いた瞬間「おもしろいなぁ」と 思いましたよ




霊サマたちから見たら髪の毛って 


「フワフワしてつかみやすい肉体」なのかしら


漫画のマスターの言うとおり、


「霊界との送受信の端末」に近いもの


なのかも、ね・・・




でもあのセリフ聞いて、


鬼太郎の 妖怪アンテナ 思い出したのは 私だけでしょうか^^;







 ill


ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月14日より発売中の連載『黄泉のカクテル』第3話に登場した松葉酒 のお話です。

【松葉酒】
真空瓶つめ





ご縁の方の好意で松葉を大量に頂きました。

松葉は愛知県の玉鉾神社の松葉です。


元の松葉


玉鉾神社とは、正統な血統を受け継ぐ孝明天皇をお祀りしている神社です。

第121代孝明天皇の遺言に従い

熱田神宮(草薙剣)と伊勢神宮(八咫鏡)の真ん中の武豊の地に創立されました。

三種の神器である

「鏡・玉・剣」

一直線上に揃っていて孝明天皇が鎮まっています。

まさに伊勢神宮・熱田神宮と一直線に並ぶ由緒ある神社。




ここの松に、水を加えます。

巫女でご奉仕先の神社に体調がよくなると言われる真名井のご神水が湧いているので

組み合わせたら さぞご利益が高まるかもなぁと勝手に想像して


三温糖とで一から発酵させようとしました…んが!




一から作るのは酒造法に抵触するんですよねぇ叫び

アブネェ
 叫び


納得いかない私は国税庁に直電話して確認をとってみる。



ひぐ「個人の趣味でも水と砂糖から酒を醸したら違法ですかね?」




国税庁酒税課「えーとそれは販売目的ですか?」


ひぐ「とんでもない。自分で健康のために楽しみます」


ひぐ「由緒ある松葉のお酒なら神社にも奉納しようかと思って」



全部本当です。




国税庁「うーんでもね、アルコール度数1%以上発酵させるものは

    製造免許が必要なんですよね」




そうか~ やっぱりね~





昔はご近所のおじいちゃんも縁側で ふつーに作ってたんですけどねぇしょぼん


作りたければ 免許のある酒造屋さんに頼むと良いそうです。

個人では作らないほうがいいみたい。
梅酒もびわ酒も よく調べないと危ないみたいですよ。



逮捕されちゃうと大変なのでえっ


私のほうは


アルコール度数が20%以上で酒税もすでに課税済みの
ジンと ホワイトリカー(焼酎ね)
に漬けることにしました。


「それならいいですよ、ただし個人で仲良い人と楽しむ目的でお願いします」


よっしゃ、公的な確認は取った!



はさみと松葉
↑5センチ前後にカットして・・・



煮沸消毒
↑雑菌を死滅させるため、容器を煮沸消毒。


米・麦・あわ・とうもろこし・きび・ひえ・でんぷん・ぶどう・その他は禁止
(詳しくは国税庁酒税課の公式HP観てください)らしいですが

松葉は大丈夫だそうです。ホッ




瓶につめる

綺麗に洗った日本酒の空き瓶につめる作業。この細い口に入れるのはかなり大変。
ここからホワイトリカーなどを 入れていきます。



ここからは 松の効能について。




松葉には

「体内にたまった毒素を排出する力が強い」そうです。



松の持つ霊力にあやかって邪気払いの効果もあるとか。



中医学では松葉には



邪気払い、特に風、燥、湿の邪気をとりのぞいたり

血をめぐらせて情緒を安定させる

神経痛のような体の痛みにもいいし、かゆみにも効果的

風邪予防にもなる   



のだそうですが・・

以上はインターネット情報ですので
真偽は自己判断でお願いします。

自分の体で試してみましょう^^

(度数高いから飲みすぎ注意デスネ)


洗い立て
洗い立ては 良い香り・・これだけで薬効あるかもキラキラ



そんなこんなで すっかり長くなりましたが 漫画に戻りますと


漫画の中のマスターのおごりの松葉酒にはジンが入ってます。


ですからセリフにあった

「赤松の葉を発酵させた当店自家製のリキュール」部分は


「赤松の葉をジンに漬けた、当店自慢のオリジナルカクテルです」

が 本当なら より安全なセリフ・・なんですが 



ナゾのマスターですから 酒類製造免許くらいは持ってるんですよ。
( ̄^ ̄)








あ~ お酒って面倒くさいカクテルグラス 






ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
黄泉のカクテル第3話本日14日発売です。




東日本大震災から4年が 経ちました



震災体験に限らず



ただの事件、ただの怪談で 終わらせたくない不思議体験談が


私のもとには たくさん 届きます






遺族や亡くなった方がたの気持ちも考えず


「ただただ 怖さを演出せよ」


という(私がもっとも苦手だった)従来のホラーのスタイルから


 一歩踏み出して


誌面に取り上げることで逆に 全国のみなさんと 


ほんのちょっとでも 考えられるスペースを頂けていることに


素直に感謝しています








下は 最終ページ3コマ目に 結局使わなかった 1コマです




あのセリフを 語るときの登場人物の気持ちが


酒屋のバーに居なかったからです



掲載直前にすりかえました



紙面裏方の お話でした






ill




ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週27日、東京九段下のホテルグランドパレスにて
元ヤングジャンプの名物編集長の故・角南功さんを偲ぶ会に
出席しました


看板




かの『少年ジャンプ』の名付け親でもあり、

大人気漫画『トイレット博士』のスナミ先生のモデルでもあり


トイレット博士

(知らない平成っ子のために)左下中央のイラストがスナミ先生ですよ


巨匠・永井豪先生やとりいよしかず先生を世に送り出した

名物編集長です。


両先生方はこの会の発起人として会場におられました


永井先生

左は『デビルマン』の著者:永井豪先生。素敵なお方です



会場には数百人規模のマスコミ関係者や歌手、出版業界・スピリチュアル業界ではテレビでお見かけする方々がいらっしゃいました
集まったひとたちの共通項は 

角南さんの人なつこい人柄を愛してやまない方々 です


みな 早すぎる別れを惜しんでいました


祭壇


昭和50年代前後の超能力大ブームの折には

スプーン曲げや念写実験も漫画の特集に取り入れ

晩年は学研『ムー』誌上でも連載を持たれていたんですよね。

学研の本
↑ 
発売中です


metakuso

『メタクソ編集王』この本も面白いですよ!
漫画家&編集者は必見!!


私と角南さんの出会いも衝撃的でした。



私を一目見るなり漫画の話ではなく


「君は巫女になりなさい!」 の、一言。




その日が初対面でしたし

ましてや巫女の話なんて 一言も口に出さなかったのに。



角南さんには何かが「視えた」のかもしれません



私の人生を変えてくれた恩人でした



角南さんは 絶対に未来透視のできる能力者 だった・・


と確信しています


少年ジャンプをあそこまで飛躍的に売ったのです




出版界になくてはならない方でしたし


これからもっと学びたい、お話ししたいと尊敬する方でした。


「偲ぶ会」ではありましたが、


明るいことが好きだった角南さんにならって



明るくやんちゃなディスプレイや思い出話が会場を彩りました。


看板


遺品2


遺品

上の屏風は「ビックリマンチョコ」のイラストでも有名な
イラストレーター・エサカマサミ(絵獅匡)先生の快心の作です。


この素晴らしい屏風は 神田明神に 奉納されております。
角南さんもかかわっており、

日本の安寧のために
西にも奉納する場所を探してほしい という遺言があった、


と きいています



そういえば熱心なドラゴンズファンだったとか。

岡崎の龍神さまにお仕えする巫女の私ももちろんドラゴンズw


ここでも ドラゴンつながりのご縁ですキラキラ キラキラキラキラ

ドラゴンズ


亡くなる半年前 手書きの年賀状をいただきました

「今年は 一緒に仕事をお願いしようと思っています」


と ありました


角南さん、あの世に居ても一緒にお仕事ができる日を


ひぐらしは楽しみに待っています



今は ただ 心からご冥福をお祈りします


桜





ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
恐怖スペシャル増刊号本日発売です。


表紙
2015年2月21日より全国書店・コンビニで 発売中



呪い云々、という興味本位のタイトルで発売されてますが 


「呪い」ばかりが原因ではないでしょう、と 私は思っています




それに不幸自慢するなら自分よりもっとすごい人も居るので


こういうテーマは

ずっと封印しておこうかとも 思ったのですが


まぁ 過去は過去 です


というかこれって


その辺にふつうに転がってるお話です



みな気が付かないだけで 私たちは生きた人の念を



けっこう 受けていると思います  



死霊より怖いと思いませんか?


生きた人の 念。






呪いや 生霊の念以外にも 思い当たります


H観音の周りに居た 不満を抱えた未浄霊たちが


Jの怒りの念(生霊)に便乗して起こした騒ぎだったかも しれないし


(我が家に現れた大男の足音・目玉など)




Jの念以上に、こちらにも負を受け入れてしまう土台

(マイナス思考や、前世の業など)が


私を含めた 家族全員に あったのでしょう



繰り返しますけど


不幸自慢するなら自分よりもっとすごい人 いっぱい知っています


意味がある試練なんだと 思います





神さまはきっと 罪深い私たちに 

「ともに学べよ」と


あえてあのようにひとつ屋根の下に集めて


魂の筋トレ させてくれたのかもしれません・・・




・・・とかなんとか まじめに語る一方で


うちのニコポン(次女・8歳)は ペン入れ中の生原稿を読んで、一言。




 「コレ、呪いじゃないんじゃネ?」  アップ


ですって。笑笑 


 うんママもそうだったらいいなと思うわ(^▼^;)









流れ星馬キラキラ天使流れ星馬キラキラ天使流れ星馬キラキラ天使流れ星馬キラキラ天使流れ星馬キラキラ天使流れ星馬キラキラ天使












今は 実家もずいぶん変わりましたよ。



心霊現象も病気も止まり  穏やかになりました。



死にさらされていた父母妹たちが 元気で生き抜いててくれて 


よかったです。


私を生かしてくれた両親と神様に 感謝しています





漫画には描きませんでしたが 信心の薄かった父母は 



私や妹たちが 重病を重ねるのに耐えられず


私が15の年から はじめて伊勢神宮に参拝を始めました。





そのころからか 

心霊現象をはじめ 事故、病気、事件、発作、と途切れなかった不穏な事件が

ぴたり、と止みましたそうです(父証言)


「伊勢神宮は国家レベルの神。個人の救済などするはずがない」


そう思われるかたも いるでしょう。


でも 伊勢神宮にいらっしゃるのは天照大神1柱だけではないようで




アマテラス様・豊受大神様、ほか



大神さまにお仕えする名もない神々が実にたくさんいらっしゃる。





・・私にはそう感じます



階級の上下はあれど、数多の神々がいらっしゃる聖地。




そのうちの1柱の神さまの目に 


子どもの命を救いたい、と祈る父母の

けなげな姿が映ったのかもわかりません・・・



今の主人のご縁の神所に嫁ぐことができたのも


伊勢神宮のご縁だったかもわかりません・・・





漫画の感想も お待ちしています。



ps  過去の『見えるんです』が載ってますけど 


絵がぜんぜん違いますね。ヤダー・・・汗




ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんにちは。ひぐかんZです。


恐怖増刊号の書下ろしの 納品直前の 明け方のことです。



あるページの、あるコマが 突然夢に現れました


 「・・ここのセリフはつじつまがあわないから変更するように」




ついで どん!と背中を叩かれたように 目が覚めました。


(うわ、今の・・大事な知らせ、だ)


あわてて枕元のスマホをとり、ボイスメモで録音する。

夢うつつの中で 聞いたことって すぐ忘れてしまうからです




「重要、○ページの台詞を朝一番で編集部に変更してもらう事!」 




すっきり 目が覚めて 頭がクリアーになった後で あらためて

夢の中で指摘された箇所を 編集さんと確認する。


編集さん「言われてみれば確かにおかしいですね。すぐ直しましょう!」


入稿数時間前でした。


ひぐ「すみません、土壇場になって(汗)」


ひぐ「寝ているときに突然教えられたんです。信じなくていいんですが」


ひぐ「うまくかけないまま眠ったりすると明け方に誰かが来てアドバイスをくれるのです。決まって 明け方4時~5時です」


ひぐ「あそこはマズイので 直しなさい、といわれるんですよ」



編集さん「うーん気にかけてくれてるのはわかりますね。信じますよ~(^^)」


ひぐ(いい編集さんだ~T^T)







結果、何とか 印刷に間に合いました。


こういうことは 今まででも 頻繁に あります。



また この同じ夜に 子育てのことも夢に出てきました。


こんな お叱りを 受けました



 「○○(娘の本名)が あなたの言うことを素直に聞かないのは

あなたも娘に対してNo! をいうからです


まずはあなたが子どもに「Yes」 と言ってあげなさい


子は親の鏡ですよ」
 




こんなことを夢の中で 言われ 目が覚めました


本当だ、その通りだ、と 思いながら傍らに寝ている 娘の頭をなでる。


忘れないようにメモしました。


こんな風に

明け方枕元で呟かれた言葉や


頭にポロポロ落ちて来る言葉ばかりを集めたノートが


私にはあります


それももうすぐ2冊目に 突入です


酒をひかえよ、といわれたこともあるし  ww



守護霊さまでしょうか。ご先祖様でしょうか、それとも 自分の潜在意識でしょうか。




いずれにしても ありがたい存在です。



もちろん、間違っていることすべてを 教えてくれることはありません



失敗する過程も 時には必要だから・・でしょうね。





キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使キラキラ  天使






新連載『怪談WAITING BAR 黄泉のカクテル』(竹書房『本当にあった愉快な話芸能ズキュン!』誌上にて)

14日より全国コンビニ・書店にて 発売中です。

貴方の不思議体験も お待ちしています・・・


イラスト









ペタしてね


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年『死神くん』という漫画が大野君主演のドラマになっていましたね


シナリオが面白くて毎回録画して(勉強のために)観ていました。



原作の廉価版の本も買いました



原作でもドラマでも共通していたのは


 「亡くなる3日前に(あの世から)お迎えが来る」

「残された3日間に現世での後片付けをしよう」



と いうものでした

今回拙著『黄泉のカクテル』第一話では

亡くなる4日前に病床のおじいさんが書き残した実際のメモが紹介されています

(紙面では見辛かったのでこちらで)



書置き

「年末のはがき とりやめてください」

力を振り絞って書かれたメモでした



そのすぐ下の○で囲まれた太い文字は 看護士さんのメモです。

「10/9 奥さんに伝えてほしいとの事
年末のハガキ?年賀状をかわなくていいという意味でしょうか?」




その夜 お香の煙に 不思議な形のものが浮かび上がりました



視える人は いくつかの「顔」が わかると思います

お香



3


笛吹くドクロ


(最後の“笛吹く人みたいなシルエット”は何でしょうね・・)


イメージだけなら下の画像にちょっとよく似てます


像

(※あくまで私のイメージです。見方は他にもあると思う)




この書き置きとお香の4日後に おじいさんが亡くなりました


4日前に お香の煙に現れたのは 


あの世からの複数のお迎えだったようです


とすると あの「死神君」のドラマはけっこうリアルを突いている事になります


頭に繋がったシルバーコード(体と魂をつなぐへその緒) を


死神君がチョキン、とちょん切るところも 


もしかしたらほんとうに リアルにありうるのかもね。





最後に どうでもいいことですが


投稿者「バタフライ」の体験・・これは 私自身の体験です


「ひぐらし自身を二人出すのは 読者さんが混乱するから」

という理由で編集部からNGが出てしまったので 

しかたなく 第三者のように描いてあるだけで


虫の知らせが 知り合いのとことに現れたというのも実話です


ページの都合で 漫画に描きませんでしたが


おじいさんが亡くなったことを


私の知らせより早く 蝶が 知らせたのです


死後、私たちと一緒に おじいさんは病院から自宅に帰ってきたこと


ご先祖たちと一緒に 居ること


自分自身のお葬式も一緒に参列したこと なども


夜に飛ぶはずのない蝶(あの世の使い)が はるか遠くの知人にぜんぶ


知らせたそうです



ちょっと面白かったから


個人的な備忘録として残しておきます


信じなくてもいいですよ





ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。ひぐかんです。





「部屋の浄化には 『除障香』 がいいよ」



私が ぶっそうな取材によく行かされていた時代に

お世話になっている神社の祭祀さんに進められて買ったのが

このお香です。



ひとくちに除障香 といっても いろいろ種類があるようです。

私が店頭で見付けたものは


『増益香』と『富山除障香』
 と ありました。



お香


お値段はそんなに高額じゃないので 楽に入手できますね。


上のお香は パワーストーンのショップに置いてありました


右隅は 途中から ボキボキに折れてしまいました。


お香ってのは デリケートなんですね。


扱いを慎重にしないと ふつうに持ち帰って開封して「きゃ~」


・・こんな悲劇になりますね。




下が それぞれの 効能のようです。


説明



それにしても 穢れや禍事を祓うお香 とはめずらしいですね。


効果があるのでしょうか。



早速 試してみました。




室内に居て ちょっと不吉な気を感じた ある雨の日に


上写真の 一番右端の 除障香 を 焚きました。



香ばしい天然の薬草の香りです。



とっても気に入ってしまいました


効果があってもなくても これはこれからも 焚くよ。




ところで
今月号のテーマの「虫の知らせ」P2に出てきた 白い煙ですが


実は このお香の煙 だったのです


このお香を焚いているときに現れたのが


あの、髑髏のような


(私から見てメッセージ性の強い)煙たちだったのですが




挿入③



dokuro



あの正体は なんなんでしょうね


ただのシュミラクラ だといいんですけどね。








つづく。






★新連載『怪談WAITING BAR 黄泉のカクテル』 は

『ほんとうにあった愉快な話芸能ズキュン!』(竹書房)誌にて

1月14日より発売中★


この表紙が目印です↓


表紙







ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。