イラストレーターひぐちともみのナマケモノ日記

イラストレーターひぐちともみのナマケモノ日記-syoukai

イラストレーターのひぐちともみと申します。
ナマケモノですががんばりますのでよろしくお願い致します。
ホームページもありますので、お時間ありましたらご覧になってみてください。
【イラストレーターひぐちともみのホームページ】

$イラストレーターひぐちともみのナマケモノ日記-ナマケモノ-ナマケもん

【ナマケもんのブログ】
2011年2月から『ナマケもんのブログ』 を新しく開設しました。
お時間ありましたら是非遊びにいらしてくださいね!

写真素材 photlibrary


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年07月21日(土)

ミラクルエッシャー展に行きました

テーマ:写真日記【おでかけ編】
猛暑の中、上野の森美術館で開催中の「ミラクルエッシャー展」に行ってきました

鑑賞の前にまずは腹ごしらえ。

{8685C709-9F52-4641-89C7-68AA6A5B0FE4}

大きなお野菜かき揚げにトロロの御膳。
お野菜ですがボリューム満点

さて、今回の会場の上野の森美術館は、上野の森さくらテラスのすぐそば。
暑い中公園を歩かなくていいので助かりました
前は何度も通っているけど、中に入るのは今回が初めて

{6E2CE41E-7C75-4AD9-8BAD-3569429F6668}

入り口付近にあった銀色の球体↓

{60A7CABE-CB2A-4F13-88CF-B0DA253DEE7A}

エッシャー風の写真が撮れます

木曜日に行ったのですが、12時半の時点では並ばずに入れました。
私が出てきた頃はチケット売り場にちょっとだけ列が出来ていました。

しかし会場内はかなり混雑
結構観るのが大変でした

エッシャーの本は家に一冊だけあるのですが、若い頃や風景画の作品は載っていなかったので、今回の展示で初めて観ました。

若い頃はだまし絵ではなく普通の風景画も描いていたのですね〜。
それらのエッセンスが後の有名な作品に生かされているのを感じ、やはりいろいろな物を見たり経験することって大切なんだなぁと思いました

版画の技術がどんどん上達していくのが感じられたのも面白かったです

最後に展示されていた全長6mに及ぶメタモルフォーゼⅡは見応えありました
静止画だけど、動いているような感覚になりました

出口付近にスマホを使ってエッシャーの世界に入れるというアトラクションがあったのですが、入り口でロッカーに荷物を預けてしまった私は体験することが出来ず
これから行かれる方は会場にスマホを持って行くことをおすすめします

今回の展示は少し見にくい部分もあったのですが、作品名の下に何歳の時に制作されたものなのかが表記されていていいなぁと思いました

グッズ会場も混雑していました。
なかなか面白い商品がたくさんありましたよ

見終わった後は上野アトレみはしでお茶しました
{B2A3B995-31A2-40BF-82CB-E484ACA15D10}

あんずあんみつ
チケットの半券を提示すると、白玉を2つ付けてくれるサービスがあります
美味しかった〜


ミラクルエッシャー展は7月29日(日)まで。
週末はかなり混雑していて待ち時間が発生している模様。
金曜・土曜は時間を延長して20時までやっているそうです。
おでかけの方は熱中症にお気をつけくださいませ
2018年06月08日(金)

ナマケモノの手のひらサイズのぬいぐるみ

テーマ:写真日記【ナマケグッズ編】
今日はナマケモノグッズをご紹介します

小さなナマケモノのぬいぐるみです

{85189C77-AD57-4F8B-8BA8-75B551E43B1A}

前から見るとこんな感じですが、
横から見ると……

{1206ED91-F88A-47EB-BFB8-E5B021774F0E}

まんまるです

{5F5FD406-7ACD-40AD-A763-E5D6BABA4638}

お腹側から見たところ。
手がとっても短い

サイズは手のひらサイズです。

{B4A74422-80A3-4ACF-B304-96EA5C6DD9B1}

友達が埼玉の越谷にある雑貨屋さんでみつけてくれました
Amazonでも取り扱いありました

ノンノンという名前なんですね。
かわいい名前
抱き枕もかわいいなぁ

2018年05月31日(木)

「名作誕生 つながる日本美術」を観に行きました

テーマ:写真日記【おでかけ編】

5月27日に終了した「名作誕生 つながる日本美術」@東京国立博物館

先週のことですが、観てきました


{138C2D08-386E-43EC-9649-AB8BCD264002}


目玉となる作品を中心にした展示ではなく、全体を通して観ることで日本美術の歴史やつながりや流れを体感出来る展示でした。


{F74EDA2C-96C4-457D-8DF1-EC70FC16E8A7}


↑このチラシ、すごく完結にわかりやすく展示内容がまとめられています


1番最初に展示されていたのは、鑑真の時代(奈良時代)の木造の薬師如来像でした。


西洋も東洋も美術のはじまりは宗教的なものなのかなぁと改めて意識させられました。


古い時代の名作もそれよりさらに過去の作品の影響を受けていることがわかりやすく展示されていて面白かったです


岸田劉生の「麗子像」の笑顔が怖いのは、「寒山拾得」の絵を見ながら描いたということを知って妙に納得


今回のイヤホンガイドは壇蜜さんでした

というわけで思わず借りてしまった

全体通して思ったよりも普通のガイドでした(何を期待しているんだ、私)。

「見返り美人」のボーナストラックのところだけちょっと色っぽい演技をしてて面白かった

全部それでやってくれてもよかったのに


長谷川等伯の松林図屏風は前期の展示だったので、見られなくて残念

ちゃんとチェックしておけばよかったなぁ


な〜んていろいろそれらしく語ってしまいましたが、

実は日本美術にはあまり関心がなかった私

ここ数年、友人に誘われて鑑賞するようになり、少しずつですが興味が湧いてくるようになったんです

いつの時代の作品なのかが気になって、久しぶりに歴史年表を暗記してみたり……

なので、この展示はタイミング的にピッタリでした


きっと数年前の私だったら、あまり感銘を受けることはなかったかも?

同じ絵でも観るタイミングや気分によって違って見えるのも面白いですよね


自分の趣味じゃないものも、体験してみると新しい発見があります

今までなかった知識が身についたりして面白い

それは絵画鑑賞だけでなく、何にでも通ずることのように思いました。

なるべくフットワーク軽くいろいろなことに挑戦してみたいな

2018年05月28日(月)

山梨温泉旅行♪ その2

テーマ:写真日記【おでかけ編】
今回の旅のお宿は山梨県の西山温泉にある「慶雲館」です♨️

{658C60B3-5181-4A21-AB7B-D704DE5CBFAC}

{E622FCF2-5660-4161-B070-7CD9A4DD1023}

こちら正面玄関です

なんとこの旅館「世界最古の宿」としてギネス認定されています
なんでも1300年前に藤原真人(鎌足の息子)が発見した温泉なのだとか。

{5B8621A2-D13E-4A44-811F-7AA41F675730}

とても山深い場所にあります。
糸魚川静岡構造線の上にあるそうで、地質好きにはたまらない!?

高速を降りてからの一般道が長いです。
新緑の山道ドライブは気持ちよかったですが、
運転が苦手な人だとちょっと大変かも

お部屋からも早川がのぞめます。
ちょうど新緑が美しい季節で、窓から差し込む光が本当に気持ちよかった〜

{2CFD7264-036B-4A32-A526-3A46C989C6A6}

数寄屋造り風の落ち着いた和のお部屋。
秋は窓から美しい紅葉が楽しめるそうです。

{68C76354-DEA7-49B6-B3A9-63C95E540168}

早川というだけあって、流れが早いです。
川の水の多い日の夜は、水の音で眠れない人もいるのだとか。

お風呂は全部で6つあります♨️

うち2つは貸切野天風呂です。
22時までは30分間隔の予約制なのですが、
22時以降は予約しなくても鍵が開いていたら入れるシステム。
気軽に貸切風呂を楽しめるのは嬉しいですね

お風呂の数が多いせいか?
タイミングがたまたまよかったのか?
どのお風呂も空いていました。

{E052D260-EBF0-483E-B789-F9E3D45E4D7C}

この宿の最大の魅力はなんといっても温泉の豊富な湯量
お部屋の洗面所の蛇口からも温泉が出るほどです。
嬉しいけど、顔を洗う時にちょっと温泉くさかった
飲むことも出来て、胃腸や便秘に効果があるそうです。

私は「望渓の湯」という高野槙(こうやまき)の野天風呂が気に入りました
新緑の山が迫ってくるような感じで、他ではなかなか味わえない気持ち良さでした

お風呂に入ったらお楽しみのお夕食
慶雲館のお料理は海のものを使わない「深山懐石」。
初夏の山の恵みをいただきました

{14622909-8C62-4FD3-ADC0-70C389630785}

↑前菜は山菜が多かったです。

{715CC8BB-062F-4F8D-8BF7-A98E397B27A7}

↑追加で頼んだ甲州名物の煮アワビと馬刺し。
煮アワビは柔らか〜
正直言うと馬刺しはちょっと筋っぽかった

{80FE3C6E-ED85-4E53-8BAE-D6DBD94B0582}

↑お刺身も山のお魚、鱒と岩魚。
酢みそでいただきます。
柔らかくて脂が乗っていて美味しかったです

{35DD0DA3-5239-4027-9406-7F326812A927}

↑ちょっと洋風なお料理も
おみそ仕立てのチーズフォンデュ風。

{98424103-7E82-4A8D-90CC-4950DB9D964B}

↑どんぐり麺は、そばアレルギーの人も安心
岩魚はふっくら肉厚でした

{E7B2D63F-1251-4F74-876C-5D965E734FF3}

↑甲州牛を溶岩のプレートで焼きます。

{21702D8E-CD73-4E56-914C-F16FDF9BDED0}

↑レンコンご飯とシジミのおみそ汁。
お漬物もいいお味でした

{BD4729D7-FE64-4AE8-ABCF-8DDC3DBFCE66}

↑デザートは牛乳ゼリーのパイナップルソースがけ。

お夜食にと、サツマイモのおやつもいただきました。
おなかいっぱい大満足のお料理でした

とにかくロケーションが良く、湯量が魅力のお宿
接客の距離感も程よいです。
(余談ですが、ここのお宿の従業員さんは比較的お若い方が多かったです。お部屋係の女性の笑顔がまぶしくてかわいかったなぁ)
お料理は変に凝りすぎていなくて、両親は好みだったようです。
お部屋食だったのでちょっと足がしびれましたが

しいて辛口評価をするなら……
野天風呂の脱衣所の雰囲気がちょっと質素だったかなぁ
そして洗い場が外なので、使いやすいとは言えないかも(でもこれは大浴場で洗えばすむ話ですね)。
あと、ものによってシャワーの温度と水圧が不安定な所がありました。
バスタオルはほぼ使い放題なのに、フェイスタオルは1人1枚だったので、持ち帰れなくていいから使い放題のほうが個人的には嬉しいかな。
あと、湯上がり処でいただけるサービスのお飲み物がホットと温泉水のみだったので、冷たいもののほうが嬉しいかも、なんて贅沢言ってみたりして

えらそうにいろいろと贅沢言ってしまいましたが、
秋の紅葉の季節にまた来てみたいと思える素敵なお宿でした


【今回紹介した旅館】
2018年05月27日(日)

山梨温泉旅行♪ その1

テーマ:写真日記【おでかけ編】
先週末はうちの両親と私の3人で、温泉旅行へ行きました♨︎

まず朝イチで本栖湖の近くで開催されている富士芝桜まつりへ。

朝イチだから空いてるかなぁと思っていたのですが、
外国人観光客がバスでたくさん来ていて賑わっていました。

そして残念ながら芝桜の見頃は過ぎていました

でも朝は雨の予報だったのに、富士山が見られて大満足

{1EFBD4AA-A30A-481C-8FA5-7689949AB620}

次なる観光は「身延山」。

駐車場から本堂まで斜行エレベーターがあるので、足が不自由な方でもお参り出来そうです。

{D72F6D13-57F3-487C-B3F9-7598F2E0CA31}

久遠寺は法華経の日蓮総本山だけあってとても立派です

本堂の中を歩いて見学。

広々としていて見応えあります

帰ってきてから知ったのですが龍の天井画は加山又造さんの作品でした


{0A055E7C-5BD6-4DC4-A83A-28A023B72D35}

山頂にある奥の院にはロープウェイに乗って行きました。
ロープウェイのゴンドラ・駅舎・売店・食堂は九州の鉄道「ななつ星」をデザインした水戸岡鋭治さんのデザインなのだそう!



関東一の高低差とのことで、下は晴天だったのに頂上は雲の中で真っ白

{157BAE4D-073A-4BFB-9725-E7D87744A1DB}

下がまったく見えません

{BB26F23C-B0E5-4D42-89FF-41BDB0BB0FA5}

ランチは山頂の食堂で湯葉丼を食べました

この駐車場のそばにあるお土産屋さんのおばちゃんが人柄がよくて面白かったです

買い物したお客さんに「車で食べてください」と巨峰パイとか小包装のお菓子を配っていました。
そして「そんなにたくさんいいですよ〜」と遠慮するたびにお菓子を追加でくれるのです
何度も遠慮した私はどんどん追加されて、結果的に小さな一箱分位お菓子をもらってしまいました

お菓子も嬉しいけど、おばちゃんとのふれあいが楽しくて、とてもいい思い出になりました
優しいおばちゃん、ありがとう
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス