追悼~遠い日の思い出~

テーマ:

先週、とある人のことが気になりtwitterを検索しました。

その結果の中に目を疑う内容が。

 

「神無小春さんが2016年4月24日に亡くなった」

 

というものでした。

 

本人もtwitterでバンドに参加していたことを公言していたので、私のtwitterやブログで書く決断を致しました。

当時使っていたSNSやホームページ、ブログ等がサービスを停止したり、消えてしまっているため時期や記憶に曖昧なところがありますがご了承ください。

 

神無小春くんはHIGH-FLYERのドラム「リョー」として2001~2004年、2005~2007年の2期参加してくれました。

 

出会いはそこからさかのぼること2年。1999年の秋だったと思います。バイトの先輩のバンドのベースとして彼は参加していました。

印象はジャニーズ系のイケメンだな!と思いました。

ベースも始めたばかりといいますが、既にバンドの曲を弾きこなしており、センスがあるなと驚いたことを覚えています。

 

やがてHIGH-FLYERでドラム問題が勃発すると、上記の先輩バンドで叩いていたY君にサポート依頼、サポート終了するとスライドするようにリョー君に加入してもらいました。ドラム経験無しなのに1か月ほどでライブができるぐらいうまくなりびっくらこきました。

 

しばらく一緒にライブをこなしていきますが、ボーカルがしばらく決まらず、コンスタントに活動できなくなったHIGH-FLYERは解散を決定。

2年後に復活宣言をした際はリョーに再び声をかけ、二つ返事でOKをもらい再活動をします。

そして「Road to freedom」のレコーディングに入り、いよいよ販売というところで彼とまったく連絡が取れなくなります。

(この時のことは5年後再会した時に語ってくれましたが、心身ともに疲れ果ててしまったようです)

 

5年後、15周年の活動報告を関係者に連絡して回っていると、彼と奇跡的に連絡が取れ、再会して話をすると同人サークルの運営や仕事で忙しいとのことでバンドをやるのは難しいとのことでした。

そこで彼にはジャケットのデザインという形で15周年活動に参加してもらおう考え「戦いの果てに」のジャケットを描いてもらいました。

それからもtwitter上やコミケ会場でほそぼそと交流を続けていましたが、2016年3月ぐらいから彼のツイートが不穏になり始め身を案じておりました。同年4月を最後に全く連絡が取れなくなり、どうなったかと検索をかけたらこのようなことになっておりました。

 

本当にショックでこの1週間眠れない日々が続きました。

彼と知り合って18年。こんな形で別れがくるとは夢にも思っていませんでした。

そして彼の人柄を知っているが故に、その胸中が伝わってくるようで私自身も胸が締め付けられるようで辛いです。

 

亡くなった状況はわかりませんが、本当に苦しんだんだろうし、辛かっただろうなと思います。残念でなりません。

彼の笑顔や口癖の「いいんじゃないっすか」という言葉しか浮かんでこない。本当に「いいやつ」でした。

 

twitterでも書きましたが、彼のために何かできることを模索中です。ただこれは自己満足かもしれない。また、ただ祈り終わるだけかもしれません。ただ音でつながった仲間だから、音で何かできないかと思っています。

今年はHIGH-FLYER20周年です。彼のために1度でもいいから集まれないか。そんな風に思っています。全く白紙ですし、私個人で何かやるかもしれません。何かするときはHPやSNSで発表したいと思います。

 

最後に

リョーくんへ

今までHIGH-FLYERを支えてくれてありがとう。

楽しい思い出をありがとう。

君が参加した音源や描いたジャケは永遠に残ります。

そして俺の記憶にも。

疲れたでしょう?つらかったでしょう?

ゆっくり休んでね。

 

そしてまたいつかどこかで一緒にHIGH-FLYERの曲やベイビーストマックの曲、好きなバンドのコピーでもやろう。

 

さよならは言わないよ。いつも別れ際にいっていた言葉を

「お疲れ!」

 


 

 

世界で一番好きなバンド

テーマ:


12月31日、C85参加者の皆さん本当にお疲れさまでした!

HIGH-FLYERのブースですが、大盛況で過去最高の売上枚数を記録!
最後の最後でサプライズ売り上げでございました!!

事前にチェックしてくださった人、その場のインスピレーションで買ってくださった方
常連さん等々、本当にHIGH-FLYERの音源に触れてくださり、本当にありがとうございました。

さて、HPの更新を終えてこのブログを書いているわけですが
「ついに来てしまったなぁ」という印象です。

悲しくさびしい半面、実はほっとしている部分もあります。
ライブにしろ、即売会にしろ笑顔で終えらえれて本当によかったという気持ちです。

16年、たくさんの思い出があります。
この2年間は本当にたくさんのことをやりました。
すべての活動がこの2年間に集約されていたと言っても過言ではありません。
音源制作、リリースペースが早すぎて何日も寝れない日々が続きました。

本当につらかったんですが
「かっこいいです!」「あついっすね!」「クサいですね!」と
目をキラキラさせて伝えてくれた時の喜びは言葉になりませんでした。
心の底から「作ってよかったな」と思っています。

さて今後ですが、本来なら今日発売になっている音源が制作打ち切りになっておりまして
その作業を再開、来年中に皆さんにお届けできたらいいなと思っています。

活動終了じゃないじゃん!
って言われてしまうかもしませんが、本来なら今日販売できている音源。
打ち切りは不本意であり、仕上げることに賛同してくれている方も多いので
まったり、無理のない範囲で仕上げていきます!!

また、在庫のある音源も委託先が受けて入れてくれる限り販売いたします。
他サークルに委託することも考えているので、後からHIGH-FLYERを知った方々にも
手に取っていただけるよう努力したいと思います。


今日、隣のスペースは偉大なるメタル界の重鎮。
挨拶の中で活動終了することを伝えると
「今日で仕事納めだね。お疲れ様」と握手してくださいました。

そう、今日でおしまい。

俺にとってHIGH-FLYERは唯一無二、世界で一番好きなバンドです。
これからもずっとそれは変わりません。

メタルインディーズ、同人で活動する皆さん。
風当たりは相変わらず強いと思いますが、自分の信念を貫いてくださいね。

HIGH-FLYERを1度でも聴いてくださった皆さん。
気に入っていただけたなら最高です!
これからもたくさん聴いて「己に打ち克って」ください!

HIGH-FLYERを支えてくれたメンバー、元メンバー・サポートメンバー、裏方さん、サポーターさん。
俺のわがままをたくさん聞いてくれて本当にありがとう。
みんないい仕事をしてくれました!

最後に、16年間本当にありがとうございました!

それではみなさん良いお年を!

※乙候ブログ、twitterは継続いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします!

明日はコミケ(在庫情報)

テーマ:
ライブに続き、即売会もラストとなりました。
最後の最後まで活動するHIGH-FLYERでございます。

初めて即売会に参加したのって去年のM3春か!
そう考えるとすごいリリースペースだなと改めて思います・・・。

明日なんですが、一応すべての頒布物が用意できました。
Road to freedomは1桁しか用意できなかったので
作品フルコンプを狙う方入場開始1時間が勝負かと思います。

また「戦いの果てに」は委託戻り分のみで少数かつコミケ後廃盤。
「HIGH-FLYER & White arrow 2012」は即売会用在庫とdisk unionさん分が在庫わずかです。
SAさん分はまだ大丈夫そうです。

が!

活動終了後は、いつ委託終了になるかこちらもわからない状況です。
そうなると、上記3点以外の在庫がある商品も入手が難しくなると思います。
HP通販の予定は全くないので、この機会を逃さずご購入ください!!

明日はメタル界重鎮様(元アニ○タル、元ガル○リウス)の隣スペースで頒布しておりますので
ぜひぜひお立ち寄りください!

皆さんの前に現れるもの明日で最後。
作品をすでにお持ちの方も遊びに来てくださいね!
サインもします(笑)

それでは東京ビックサイトでお待ちしております^^
C85 31日 西地区“け”ブロック-17b