この指とまれ農場・中井英人のブログ

(NPO)使い捨て時代を考える会の体験学習&生産農場、この指とまれ農場の想いや声を発信しています


テーマ:

すっかりご無沙汰しています。この指の中井です。

 

ようやく、ようやくピザ窯が出来ました!

 

 ジャ~ン!!

農業教室の参加者の皆さんと、土を練ったり、土を練ったり、土を練ったり。

 

ひたすら土と戯れ、

 

驚くほど乾くのが早い耐火セメントに追われながらの煉瓦積み。

 

目地が雑とか、水平がきっちり出てないとか、

 

まあ細かいことは気にせずに。

 

 

ようやくお披露目です。

 

最後、この日の為に僕が屋根を完成させて、煙突を着け、扉を加工しました。

 

なんとなく雰囲気出てますね。

 

 

一度火入れの意味もあって、中でジャガイモのホイル焼きをしてみましたが、

 

めっちゃ美味かった!!

 

後は当日のピザが上手く、そして美味く焼けることを願うのみ。

 

 

↑そして、この日の為に栽培した麦を粉にしました。

 

使ったのはこの可愛らしい製粉機。

 

想像以上にスローで、気の短い僕には向いてない…

 

おまけに、結構粒が粗い…

 

う~ん、微妙。

 

と言うことで頭を捻って時短テク。

 

この指にあったフードプロッセサーを使いました。

 

ブンブン回すこと2分くらい。

 

お椀一杯分で約100g。

 

う~ん。スローすぎる。

 

 

何とか約4キロほどの粉になりました。

 

小麦自体は後100キロ程はありそうなので、

 

欲しい人は玄麦でお分けします。

もしくは、自分で製粉してください(;_;)/~~~

 

 

後は当日の天気が晴れるのを願うのみですなあ♪

 

 

この苦労がピザとなって報われる日がきましたよん。

ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。すっかりご無沙汰してしまいました。

この指とまれの中井です。

 

梅雨時期になってからというもの、野菜も草もグングン成長中です。

 

それに応じて、僕の作業量もウナギ上り。

 

夏はまだまだこれからというイメージですが、

農家にとっての夏は、お盆までが勝負。

 

特に、このジメジメした時期を、どう乗り切るかで、

秋以降の成績が変わってきます。

 

気合マックスです。

 

ま、お陰様で大体順調。

 

↓この時期特にグングン大きくなる里芋ちゃん。

毎年除草は早めに対策して、土用までには土寄せも完了。

 

後は、追肥と、水やりで大きくしていきます。

 

一昔前までは、土用(7月20日)までに土寄せ完了なんて出来ないよ、

と思っていましたが、何とかなるものです

 

第一、それに応えてくれる里芋の生育があるから出来るんですけどね。

 

 

収穫は早くて10月末。おいしくなるのは11月。

今年はどんな出来栄えと味かなあ。

 

楽しみです。

 

そして、お待ちかね。

 

本日は農業教室のたんぼ除草&ピザ窯づくり第3回目。

 

前回2回目は、バケツをひっくり返した様な大雨で…

 

写真を撮るどころではありませんでした。

 

 

ある意味参加された皆様の記憶に残る一日だったはず。

 

 

普通では家の中でじっとしているような大雨の中での作業。

 

ひたすら、土をこねて壁を作り、煉瓦を積んでいく。

 

気づけばズブズブの、ドロドロの状態。

 

 

前回参加された皆様。

 

ありがとうございました。

 

 

そして今日は3回目。

 

 

お天気にも恵まれて、作業開始です。

 

午前中は、田んぼ除草。前回ヒエと稲の違いが判らないという声が多数…

 

明らかに草だらけな状態の田んぼを前に、

スーパーでとひっち4号除草機(実のところは僕一人での手取り除草ですがね)を投入!!!

 

 

お陰様でほとんど残らずヒエを埋没。

 

今日の除草は楽でした。

 

これから田んぼは一度水を落として、乾燥させる「中干」に入ります。

 

こちらもどんなお米がとれるかなあ。

 

ま、お米作りに関しては、お米を育てているというよりは、

 

お米に育てられている状態です。まだまだ。

 

 

そして、昼からはお待ちかねのピザ窯づくり。

↑前回までの状態がこれ。

 

土嚢の周りに、麦わらと土と水で捏ねた泥団子で壁を作っていきました。

 

これが「ストローベイル」です。

 

煉瓦のほうは2段式で、下が薪をくべる部屋。

上が焼床。

 

前回はその焼床までの煉瓦を積み増した。

 

しかし、耐火セメントは通常のセメントに比べても、

硬くなるスピードが早いのなんの。

 

みんな初めての物だから、思い返すと色々反省点が残りました。

 

セメントの盛方しかり。

 

煉瓦を水に浸けて置くことしかり。

 

素人がどうやれば力を合わせてやっていくかもしかり。

 

 

そんな反省点を活かしつつ、

結局は今回も、セメントの固まるスピードに合わせてのハイスピード作業。

 

ひたすら土とわらと水を混ぜて団子にして、壁を作る。

 

ひたすらセメントを混ぜて、盛って、煉瓦を並べていく作業。

 

やっぱ、こうなるか~。

 

今回は焼床の上に土で山を作り、そこにアーチ状に煉瓦&有刺鉄線をかませていく作業。

 

何とか形になりました。

 

次回は来週16日。

 

ここで、一応の目安をつけて、ピザが焼ける状況に仕上げます。

 

 

多分、次回もハイペース。

 

この指の農産物で

何かおいしいものでも準備しますので、ぜひ参加くださいね。

 

本日もお疲れ様でした!!!

 

↑今日の成果。大分形になってきたよん

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。この指とまれの中井です。

 

いよいよ始まりました。

 

40周年企画のピザ窯づくり。

 

この単なるのっぱらが、一月後にはピザ窯に代わり、

みんなで、うまいうまい言いながらピザを食べるのです。

 

楽しみですね。

 

 

今回のピザ窯を作るにあたり、一つコンセプトを考えました。

 

 

それは、素人でも楽しみながら、簡単に作れることです。

 

 

個人差もあると思うので、どこまでを簡単というかは、ま、置いといて…

 

このコンセプトに出来るだけ沿ってやっていきます。

 

 

ということで、今日は午前中、田んぼの手取り除草と田車を押してもらい、

(この時点で参加者の皆さんも少し疲れが見えた。かな?)

 

お昼を挟んで、さあ始めます。

 

 

今日の、お題は「土台作り」です。

 

 

ピザ窯は、煉瓦やコンクリート、土とかなり重い素材ばかりを使います。

 

ですので、それを支える土台は、頑丈でなければなりません。

 

また、地面から直接ピザ窯にしてもいいのですが、

一々かがまなければならないし、作業性も悪いので、

 

丁度、台所の様に、腰の高さまで土台を作り、

その上に窯を組んでいくことにしました。

 

 

しかしもかかし、ここからが、一般的なピザ窯との違うところ。

 

うちのピザ窯の土台はなんでしょう?

 

 

答えは「土嚢」

 

中に土を入れた袋を使います。

 

 

これは「アースバック工法」と言って、

 

今回のコンセプトの様に、

誰でも特別な知識や経験がなくても、家を作る。

 

という方法です。

 

このやり方を今回は土台に応用します。

 

ま、いずれ僕の別荘でもこのやり方で作りたいと考えていますが。

 

 

置いといて。

 

↑まず地面をある程度水平に削ります。

そこに砂利を敷き、付き固めます。

 

その後、そこら辺の土を土嚢に詰めて、土台の大きさに並べて行きます。

 

今回は、一段6袋の8段でした。

 

並べた土嚢を、ゴムハンマーや、木槌で叩いて、

しっかりと硬さを出していきます。

 

一段並べたら、そこに有刺鉄線を置きます。

 

そしてまた次の段を積んでいきます。

 

これを繰り返して8段。最後に何本か上から地面の中まで

鉄筋を通しました。(補強の為)

今日は会員Mさんの息子さんも頑張ってくれました。

 

最後まで頼むで~。たか~!!

 

 

最後にコンクリートの平版と、ちょっとデカくなり過ぎたので、

隙間に煉瓦を敷き、モルタルでくっ付けて完成!!

 

人数もいたので、1時間半くらいで終了しました。

 

めでたしめでたし。

 

このままでは土嚢袋がむき出しなので、次回ピザ窯の本体作りと並行して、

 

以前、エコトイレにも率いた、「ストローベイル工法」で

土嚢の周りを覆っていきます。

 

これは、なんのことはない、土とわらと水で団子にしたものを壁にするのです。

 

これも誰でも簡単に(しかし根気はいるけどね)出来る方法です。

 

さあ、次回は6月25日。

 

もちろん午前中は田んぼ除草ですが、

また昼からはピザ窯づくりです。

 

 

6月に入り、咲いた花から実がなってと、

 

後半は子供とお母さんたちは、イチゴにブルーベリー、桑の実にグミと、

フルーツ狩りで楽しんでいましたよん。

 

それでは本日はお疲れ様でした。

 

次回も是非来てくださいね!

 

待ってるぜよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。この指とまれの中井です。

 

近畿地方もめでたく梅雨入りだそうです。

 

梅雨と言えばジメジメしているし、

雨も多いし、嫌やねんって方も多いかもしれません。

 

でもやっぱり、農業にとっては恵みの雨。

 

最近はゲリラ豪雨とか異常気象の影響とか、

まあ色々ありますが、

 

でもやっぱり、恵みの雨。

 

 

太陽。 月。 水。 土。

 

惑星の名前ではありません。

 

どれも作物が大きくなるのに必要な要素の事です。

素晴らしいギフトですね。

 

そんなこんなで、梅雨入りしましたが、

エンドウ豆の収穫も、今日で大体終わり。

 

ここ数年の傾向ですが、じわじわ大きくなるというよりは、

ドカンといきなり大きくなって、

 

あっ!という間に終わってしまうことが多いです。

 

↑ほぼ全ての実を取りつくしたエンドウの状態。

 

何かのモザイク画の様でもあります。

 

収穫時期と雨の時期が重なる年は、

うどんこ病と言って、莢に白い斑点がバーっと広がる事もありますが、

 

今年は何とか大丈夫でした。

予定していた出荷量も無事に達成出来たし、

 

まずまずの結果でした。

 

 

この世に芽を出し、生を得てから、

 

根っこを伸ばし、葉っぱを伸ばし、

 

グングンと大きくなる成長期。

 

 

可憐な花を咲かせ、実を着け育てる、育児期間。

 

 

その後、全ての実を人間に分け与え、

 

静かに枯れて最後を迎える。

 

 

なんだか人生の様でもあります。

 

上って、上って、だんだん下る。

 

 

農業はその繰り返しです。

 

そんな余韻に浸りつつ、終わってしまった後は、

すぐさま片付け作業に入ります。

 

片付けしながら、

 

来年のエンドウ豆は、

ここをああして、こうしてと、

頭の中も次に向かっています。

 

 

そして、全てを一回リセットしたら、

次はここを、大根畑にする予定です。

 

 

 

今を振り返ると、そこには過去があり、

 

今がどういう結果だったかによって、過去も変わる。

 

そんな今の繰り返しが、未来を形作る。

 

僕はそう思います。

 

 

この時期の自然の恵み。桑の実。

エンドウ豆の畑にある桑の実はとってもおいしかったです。

 

先日、鶏さばきイベントで食べた桑の実はまずかったけど…

桑の木にも個性があるってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。この指とまれの中井です。

 

今日は「拝啓、廃鶏様」というニワトリの命を頂く企画でした。

 

まさに今を生きるニワトリさん。

 

今回は国産の粗飼料で育った、

 

性格も大人しく、人懐こく、だから尚更かわいいやつ。

 

捕まえるときも、まったく暴れませんでした。

 

 

そのニワトリを頂きました。

今回もその腕を振るってくれたのは、20年来の相棒、鈴木さん。

 

包丁で首の動脈を切って、血を抜いて、

 

お湯につけて羽をむしり、足を洗ってから、毛を焼いています。

 

 

言葉にすると簡単ですが、

参加者の皆さんも固唾を飲んで見守る感じです。

 

 

その後、大まかに部位ごとに解体してから、

更に部位ごとに細かく捌いていきます。

 

 

普段、パックに入った鶏肉しか知らない人にとっては、初めての光景。

 

参加者の方々も静かに見守っていました。

 

 

命を頂くとか、感謝して頂くとか、

言葉では簡単に言えますが、

 

実際にはもっと、複雑な感じです。

 

 

そんなに綺麗ごとではないし、

 

気持ちがいいものとも言いきれません。

 

 

それでも、この企画の為に命を捧げることになった

ニワトリがいたという事実。

 

 

せっかくなので、しっかりと食べることがやっぱり一番じゃないかなあ。

 

 

生きるって、生々しいなと。

 

この仕事をしていると、特に感じます。

 

 

皆さんもこの企画から何かを感じてもらえれば幸いです。

 

 

さあ、明日も頑張るぞ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。