秋もたけなわ。そろそろ里芋も収穫時期です。

 

ということで、早速試し掘りです。

 

でけー!!!!!!☟

 

若者2人がかりで掘り上げました。

土付きだと相当重いです。

 

まるで大きなカブのお話のようですね。

こんな感じ☟

 

 

後で計ってみたら、正味3,5キロ位の芋が一株で取れました。

 

里の市では早速明日から販売します。

 

センターでも10月に入れば、出荷が始まります。

 

今年は、肥料を極力控えて(前作の残り肥え)、

あとはひたすら土を寄せ、水をやりまくりました。

 

試しに食べてみましたが、今年の里芋は癖もなくおいしかったです。

 

良かった良かった。

 

里芋畑で捕まえて… 迷子になるか…

 

そして、畑も少しづつ、パズルのピースがはまっていくように、

空いているところに作物が植えられていきます。

 

☝奥が人参。手前が菜っ葉。右端がヤーコンという感じです。

 

秋はまだまだ続きます。

ではまた!!この指の中井でした。

 

 

 

すーっかり、朝晩が涼しくなって来ましたね。

 

どうもこんにちは、この指とまれの中井です。

 

こうなってくると、無性に芋類が食べたくなったりするのですが、

皆様はいかがでしょうか?

 

畑では、9月1日に蒔いた大根もすっかり大きくなりました☟

来週から間引き菜として、一足早く出荷していく予定です。

 

今年も今のところ順調に大きくなっているので、よしよしと言う所ですなあ。

 

この時期は夏から秋になり、一時的に野菜の少なくなる時期です。

 

 

そこであえてこの時期を狙って、この指ではズイキを出荷しています。☟

 

ジャングルですね。

茎が赤い唐芋という種類で、あく抜きしていただきます。

 

灰汁の抜き方は、

 

①包丁のヘリを使って皮をむく。

②食べやすい大きさに切ったら、鍋にひたひたの水を張り、ズイキとお酢と塩を入れる。

③しばらく浸してから、そのまま沸騰させて数分湯がきます。

湯がきすぎるとクタクタになるので、数分でいいです。

 

④湯がいたら、水にさらしてそのまま暫く置きます。水が濁るようでしたら代えます。

 

ズイキは一手間がかかりますが、食べてみると意外とおいしいんです。

 

何より、血液をサラサラにしてくれるらしいので、女性にもお勧めです。

 

 

☝こんな感じで畑で収穫したものを運び出します。

 

 

そして来年に向けて玉ねぎの種も蒔きました。

 

種を播き、苗を育てて植え付け、来年の5月末ごろに収穫します。

 

今回は男子二人で種まき。ちょっと厚まきだったけど…

芽の揃えを良くするために、水やりをしています。

 

秋ですなあ~。

 

 

黒ニンニクも順調に仕込んでます☟

 

ということで、また次回まで!!!

 

 

こんにちは。

 

すっかり朝晩が涼しくなって、過ごしやすくなりましたね。

 

畑もすっかり秋です。

 

8月1日に蒔いた人参も↓御覧のようにもっふもふ!

 

 

 

人参目線からだとこんな感じです。↓

 

今回は人参を蒔いた大将君と、除草作業です。

 

 

そして今日は、大活躍の若者2人に、大根の管理を任せてみました。↓

 

 

畝の間を機械で中耕(土を混ぜること)して、

 

上から自家製の平飼い鶏糞を振りました。

 

今のところ順調に大きくなっています。

 

今年の大根もしっかり育てて、頑張って出荷するぞ!!!

 

ということで、秋の夜長のこの指中井でした。

 

どうもこんにちは。この指の中井です。

 

心配された、超大型で強い台風10号も過ぎ去り、

 

畝の一部が流れた程度で、

 

これといった被害もなく、胸をなでおろしています。

 

大根の芽も無事に出てきて、

よかったよかった。

 

 

…というのも、束の間。

 

今は収穫に種まきに管理にと大忙しな時期。

 

早速次の作業に移ります。

 

 

若者たちが植えているのは、「らっきょう」です。↓

 

今回はお試しなので、10キロ程度ですが、

これを機に、少しづつ作付けを増やしていこうと考えています。

 

まずは、しっかり育てなければ話になりませんが。

 

らっきょうは手間も暇もかかるので、生産者には敬遠されがちです。

 

それでも消費者にとっては欲しい野菜の一つ。

 

少しぐらいハードルが高くても、必要とされている野菜を育てたい。

 

新しい挑戦です。

 

 

ちなみに隣の畝に移っているのは、ヤーコンです。↓

 

今年は夏場が暑く、雨が少なかった影響で、

例年よりは背丈が低いです。

 

しかし、これから涼しくなってくるので、大きく育ってほしいと思います。

 

ヤーコンも他ではあまり育てていません。

 

しかも、うちの場合、土中で保存しているので、

4月までは出荷出来ます。

 

多分、ある意味画期的だと思います。

 

そんな難しいことは一切していないんですけどね。

 

 

今年は若者二人の恩恵を最大限に受けて、

 

いつも以上にまごころ込めてやっています。

 

この調子で頑張ります!!

 

 

 

ご無沙汰しています。

 

8月は、連日の猛暑日で、暑さ全開の毎日でしたね。

 

やっぱり35度を超えてくると、

畑の上も別世界ですわ、暑さが。

 

 

そして、これだけ暑くて、雨も降らないとなると、

 

野菜の生育にも影響が大です。

 

ということで、この夏はスプリンクラーもフル稼働でした。☟

 

畑丸ごと水を撒く感じです。

 

お陰様で、日照りが続いたものの、水やりを継続できたので、

 

夏野菜も、収穫量が落ちることなく出荷をすることが出来ました。

 

命の水とは正にこのことです。ありがたや、ありがたや。

 

 

8月の初めに蒔いた人参も☟

 

一か月経って、ご覧の様に順調です。☟

そろそろ間引き菜として、出荷できそうです。

このまま大きくなってくだされ。

 

9月に入って、流石に朝晩の気温も下がってきたので、

そろそろ、夏の終わりも見えてきました。

 

モロヘイヤも後少しで終了です。☟

気温の変化に敏感なので、既に花が咲き始めました。

 

紫蘇もそろそろ終点です。

最初に比べれば葉っぱも小さくなってきました。☟

それでも、出荷が終わって花が咲いたら実が出来て、

それを収穫して、紫蘇の実の塩漬けにします。

 

しその実を取った残りのガラは、洗って、干してお茶にします。

余すところなく使い切る凄い作物です。

 

こちらも背丈を超えて終わりが近いオクラ。☟

 

久しぶりに育てましたが、来年はもう少し密植にしないと、

採算が合いませんなあ。 まあ、バランスなんですけど。

 

万願寺は…もう少し頑張ってもらいます。☟

 

暑かった夏も終わり、季節は秋へ。

 

収穫の秋。

 

食欲の秋。

 

過ごすにはいい季節です。

 

そして僕らは、冬に向けて種をまいていきます。

 

大根も無事に蒔き始めましたよ。

どうか今年も無事に育ってくれますように!

 

久しぶりの更新でした。ありがとうございます。