ぴー太郎つり雑記

油壺での手漕ぎボート釣りをメインに


テーマ:
15日(木)久々の平日釣行です。

三連休はガッツリ仕事したんで気分爽快で家を出たんですが、バス停に並ぶサラリーマンの姿が目に入ると再び罪悪感と不安の嵐が・・・。

でも数日後には本物の嵐になるかもしれないのでやっぱ今日しかない!と自分に言い聞かせ釣り場へ。

7時前に浜へ。
既にボートの準備ができていたのでご挨拶もそこそこに漕ぎ出しました。


心配していた北風も予報ほどではありません。


ボート屋さんの話ではカワハギは浅場で数釣りは難しいが大型(泣き尺クラス)が出ているということでした。マダイも浅場で出ているとか。ただし、事故的にだそうです (^^;

潮は北から南へ。
全体的に浮遊物が目立ちますがかなり澄んでいます。

先ずはヤギ瀬の潮上にアンカリング。

カワハギ仕掛けを投入すると若干斜めに入るくらいの流れです。

仕掛けを垂らすと直ぐにアタリが・・・。


よく引きましたがテンスでした。


外道のアタリは頻繁にありますがカワハギからの信号は伝わってきません。


アンカリングと同時に撒いていた砂コマセも効き始めた頃なのでNSを入れてみます。

一流し目35mで引ったくられました。

ソウダに・・・(-_-;)



でも、我が家で人気のヒラだったので有難くキープです (^_^)


7~8cmのとうごろうをたらふく食ってました。


魚の処理を終え手を拭いていると傍のカワハギ竿がガタガタ震えてます。

危ねぇー、危ねぇー。
仕掛けを入れっ放しだったのね。



必釣!置き竿釣法!
仕掛けを入れておけば簡単に釣れます、あ~あ  (^^; 


でも居るのが分かれば当然狙います!




ほら、釣れた!




トラギスが・・・ ^-^ ;;

でも、こいつでっかいのでキープしちゃいました (^_^)



久々のヤギ瀬もこの澄み潮じゃ難しいか。

移動、移動。

  ・
  ・
  ・

次はお気に入りポイントの1つ
マリンパーク沖 水深36mにアンカリング。

最初にNSを流してみましたが、
ここも素直に北から南へ流れています。

そしてソウダも素直に食ってきます。

ぐちゃぐちゃになったバックラッシュを解くのも飽きました。

NS止めてビシに変えます。


ハリス3号8m、ハリPEマダイ7号(枝も)。

水深より3mほど長く道糸が出て着底します。

タナが良く分からないまま様子を見ているとジュポッと竿先が水面へ突き刺さります。

この一瞬が堪りません。


クンクン・クンクン良く引きます。

最後に苦手な手繰りで揚がってきました珍コンビ!



カイワリとホウボウって・・・。




カイワリは嬉しいので、ま、いいか。


面白いのでまた同じタナに入れると・・・



今度は常連さんコンビが




チャリとエソって・・・。


またまた調子に乗ってまた同じタナに入れます。



チャリのお一人様でした。



さすがにガチャガチャやっていたのでソウダが湧いてきました。


コマセる釣りは成立しなくなったのでカワハギをば・・・




おお!いいねぇ~!



25cm、26cm。ナイスサイズの脱腸くん!



カワハギもお祭りか?と期待して仕掛けを放り込むとドスンとしたアタリ!


ん~? やっちゃった?




残念!


まあ、そううまくはいきませんね。何事も。



途中まで尺ハギに違いなかったサンバソウ (^^;


サイズ的に非常~に微妙ではありましたが、今回は美味しくいただこうと思います。

油壺の恵みと平日にお休みをいただけたことに感謝!です。


あっざ~~~す!




ヒラのモチッとした食感、刺身・タタキ共に美味でした。




サンバソウ以外、刺身・炙りで美味しくいただきました。
(サンバソウは冬眠中)



東南アジアのカメムシか!
と思わず突っ込んでしまったトラギスの裏面。

敵が来たらひっくり返って威嚇しているのかも知れませんね。
いや、笑かしているのか!?

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


約1年ぶり2回目の大津です。

3日の釣行予定が1日ずれ4日に行ってきました。

今日は、iOSの常連さんも同僚の方と来られます。
しばらくお会いしていないので楽しみです。

混雑を予想し早めに駐車場へと車を進めると・・・。

ん~~? 見覚えのある方が・・・。

えッ! HEPPOさん

まだまだ不慣れな大津、この方とご一緒できることほど心強いものはありません。

反面、天気荒れない? と一抹の不安が・・・。
(ウソですよ~

車を置きボート乗り場へ向かうとDr. Sea LoveさんがHEPPOさんとお話しされていました。お会いするのは2回目ですが、初めましてのご挨拶でした (^_^)

しばらくすると満を持して iOSさん登場!
今日は(も?)小川丸からの出船です。


今日はこのスカリの中にどんな魚が入るのでしょうか?


油壺と違ってやはり大津は賑やかですね。




ポイントや潮流のレクチャーを受けているとHEPPOさんと情報交換されているmickさんをご紹介いただきました。マダイを狙われるそうです。

出船までの楽しい時間、いつもあっという間に過ぎ去ります。

大型船が出港すると、待機していたボートが蜘蛛の子を散らすように一斉に沖を目指します。
この光景が私にはツボでして大好きです。



iOSさんに、後で中根に向かう旨を告げガレ場を目指します。

港を出ると少し漕ぎづらい位の波と風が・・・。

取り敢えずガレ場方面を目指すボート集団について行きます。

水深27m。集団の1番岸寄りにアンカリング。
潮は西から東へ、濁りというか汚れが目立ちます。



ここがガレ場かどうか微妙ですが
そう信じて、7:30 釣り開始!


おっとっと!儀式!儀式!

HEPPOさんにいただいたアイテムを手に

「いっぱい釣れますように~~~、スッポン!」


完璧です!




最初は自作のウイリー仕掛け3.5m で様子見です。
ちょっと長いか?

1投目空振りからの2投目で、スコン!と竿先にアタリが。




1年ぶりの大津のアジ。うれしい!

次に小サバ・フグと続いた後、15~22・23cmのアジが飽きない程度に釣れます。



9時前。仕掛けが傷んだのを機に1つだけあったヒラメ仕掛けに手を入れ泳がせてみることに。


トータル2時間ほど泳がせましたが私には釣れませんでした。

アジのアタリも遠退きました。
どっか行っちゃったか~。


こんな時は人の釣りを邪魔するに限ります (^_^)v

iOSさんに「釣れてますか~」とメール。
珍しく返信が来ない。

ん~。釣れてんのかぁ~?
今日はビギナーの方とタンデムなので忙しいのか?
まあ、釣れていればそれでよいが・・・。


さて私の方はここでNSをやってみることに。

すると、勢いよく潮に乗って流れ出すのになぜか途中から急に道糸の出が止まります。二枚潮でも無さそうなんですが不思議な感触でした。因みにアタリは2回ありました。

前々から難しいとは聞いていましたが、こういうことなんでしょうか?


わかる方、どなたか教えて下さ~い。





すっかり凪って最高の釣り日和になりました。

疲労気味だったせいでしょう、揺りかごのような小舟の中で30分ほどコマセに足を突っ込んだまま気絶してしまいました。

そばに居たカモメの鳴き声で目が覚め釣り再開!

市販のウイリー2.5m仕掛けを投入。

コマセが効くと今までより手応えあるアタリが。



ナイスサイズです。


おっと、次は数で勝負か?



周りでも歓声が上がりだしました。

25~30cmオーバーの中・大アジが回ってきたようです。




ここぞとばかり集中しますが、
いや、しようとしますが大事な所でいつも失敗します。


わぁーーー!ってなって、グチャグチャになって
13時前、強制終了でございます。


結局、「たぶんガレ場」で1日遊んでしまいました。
結果的にはアジもたくさん釣れたし、雰囲気も大体分かったしで、大収穫でした。



ちなみに・・・

中根のiOSさんからの返信画がこれでした。


ワラサ!

(文字は私、ぴー太郎が追加しました)


見事やってくれました!素晴らしい!

今回の獲物は例のフラシでは無く、突き破れそうなタモに入ってました。

もうちょっと大きいの買おうね。

本当はお顔をお見せしたかったんですが、完全に逝っちゃった?みたいな感じでしたので自主規制を掛けさせていただきました。ご了承下さい。


ウソですよ・・・・。

最高の笑顔をされていました。

iOSさん、おめでとう!!!


大津の恵み・釣り仲間に、唯々感謝!です。

ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
2015年9月19日(土)油壺

シルバーウィーク1日目は油壺へ。

釣り場の混雑と帰りの渋滞を覚悟の上での釣行でしたが
いざ蓋を開ければ何のその。



朝一、7組くらいしかいません。

連休初日でボート屋さんも気合いが入っているようで
かなり早めに漕ぎ出すことが出来ました。



湾口付近、風・波とも穏やかですがうねりが残っています。

今日は13:30干潮の小潮周り。
少し緑掛かった濁り潮でクラドも流れています。


先ずは近場の16mポイントでカワハギ仕掛けを入れます。
浅場にも関わらず斜めに仕掛けが入ります。
やはり小潮の方が潮が流れるようです。

数投するも全く反応がありません。

試しにNSを流すと15°くらいの入水角で流れていきます。
勘弁して欲しいくらいにガンガン流れます。
それも強烈な直角二枚潮  (^^;


あっという間に100m流れた道糸をエソと共に回収。





ビシに変更。
2.5号ハリス8m。PEマダイ7号2本バリ。


2投目にして辺り一面、中サバの風呂と化す。





そのまま沖に出た水深32mのポイントへ移動。

どういうわけか浅場より潮が緩い。

コマセを絞り気味にし静かに待っていると
それらしきアタリが伝わってきました。

居ることが分かるとドキドキします。
頭を囓られたエサを取り替え仕掛けを投入。

シャクリ後、仕掛けが馴染んだかどうかというタイミングで
「シュポッ!」と竿先が水中へ。


クンクン・クンクン、小っちゃいけど良く引きます。



ぎゅうーぎゅうー引っ張ってギリ30cm。
りっぱな持ち帰りサイズだ!と自分に言い聞かせクーラーへ。

お約束通り2尾目は釣れずその後は再びサバの風呂。



因みにカワハギ仕掛けを落としてもサバの風呂 (ノ_-;)




このタイプのサバは仕掛けを完全に葬ってくれますね (^-^;




しかし3セット連続でやられるっていうのもどうよ自分?


結局、つぎはぎ仕掛けで釣れたカワハギは1枚  (^-^;




何か釣れる気しねえなぁ~、
帰ろかな~と思っているところへ


「やめてとっとと帰れ」とアイゴに引導を渡される。
一瞬オオモンハタだ!」と思った自分が恥ずい。





ということで、持ち帰りは・・・


色が悪いウミタナゴみたいなチャリコと
ぼっちのカワハギと
斬首済の
サバ2尾


【ひとこと】
・サバ除け対策誰か教えて。
・サバフグが異常に湧いている。
・しめ鯖は中サバの方が早く締まって良い、と思う。
・サバ以外のことをここに書きたい。






………………

2015年9月22日(火)江戸川放水路

シルバーウィーク2回目のボート釣りは
江戸川放水路でハゼ釣りです。

朝6時前釣り場着。




マルヤ遊船さんに行くつもりが急な腹痛のため
車を止めたのはトイレに近い佐野遊船さん。

ウンがいいねぇ~佐野さん。すみません。

看板娘達も桟橋入り口でお出迎えしてくれたので
今回は佐野さんで遊ばせてもらいました。



休日料金3,500円を払っていざ左岸へ!

連絡船に乗り既にポイントにアンカリングされた
手漕ぎボートに乗り換えます。

釣り新聞で見るようなボートいっぱいの景色!
8時過ぎにはどの店もボートが完売だったようです。



いつもは右岸側で糸を垂れますが
今日はお店のおすすめポイントでやってみます。
東西線がうるさいですがこれも風情ということで・・・。


先日の大雨で釣り場の環境が変わり口を使わなかった魚たちも
ここ数日で活性が戻ってきたようです。

型は時期的に見れば少し小さいようですが
すこぶる元気!頻繁にアタリを出します。




因みにエサは青イソとボイルホタテ。

一粒あたり約30尾、最高のコスパを誇ります。




食いが立てば5,6分でこんぐらい釣れます。




この日の最長寸は15cm。ちょっと物足りないサイズですがモゾモゾというアタリを取るのが最高に楽しいですね。



今回一番釣れた水深は1.8m~2.5m。
これから季節が進むと深場へ落ちて放水路内での釣りは難しくなってきますがその前にもう一度足を運びたいと思います。




天気も良く最高に気持ちの良い1日でした。



今回の釣果は全体的に小振りでしたが唐揚げ・南蛮漬けには骨が触らないサイズなので美味しくいただけました。



二束半、6時間半の釣り。

【ひとこと】
・唯々楽しい釣りでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。