上の写真は、被写体(写真に写されるもの)に近づいて撮影した写真です

下の写真は被写体との距離が遠い場合の写真です

(同じお祭り 日にちは違いますが)

 

観てお分かりの様に、何となく伝わってくる感じが違うと思います

上の写真の様に、近くから撮影する事で、被写体との空気感がでて

撮影者と被写体のコミュニケーションが感じられる写真が撮影する事ができます

実際お話をしながら撮影しています

 

一方、下の写真の様に遠くから望遠レンズなどを使って撮影すると

その写真には被写体とのコミュニケーション感は無く

ただ撮影した と言った感じになってしまう事が多いです

(記録という意味では有りだと思いますが)

 

カメラマンと被写体(写真に写されるもの)が近いと、独特な空気感出てくると思います

思い切って、声をかけて撮影してみると、ぐっといい感じの写真を撮影する事ができると思います

 

コミュニケーショングッズとしてのカメラ そして撮影

楽しんで写真ライフをお送り下さい

 

最後までお読み頂き有難うございました

 

※お友達 シンガーソングライター、Yuria Cantanteさんの新しいカバー曲、安全地帯の「悲しみにさよなら」がYouTubeにアップされました とても素敵な歌声 是非一度お聴きになってみて下さい 絶賛応援中です! 気に入って頂けたら、高評価 チャンネル登録 シェア よろしくお願いします

 

 

 

 

 

AD