旅行カバンと絶妙のタイミング | 伊丹のおくりびと

伊丹のおくりびと

伊丹市の幸せ創造企業 速水葬祭二代目創業者 速水英城です。
色んな所で様々な人々に支えられご縁を頂き毎日を過ごしています。
感謝を込めて綴ります。

下水道の日で
 
牛タンの日で
 
見事な朝焼けで迎え
 
 
 
この夏ラスト猛暑日だった
 
9月10日の火曜日
 
皆さん如何お過ごしでしょうか
 
 
 
 
おつかれさまです
 
伊丹のおくりびと、速水んです。
 
 
 
 
週末に行って来た長野市行脚から
 
 
今日はカバンと縁(神がかり)のお話です。
 
 
 
 
土曜日の朝、
 
旅行カバンを自転車に積んで駅へ向かう道すがら
 

 

その不安定さからこれ以上荷物が増えたらやばいな。。。

 

 

って思っていたんです。

 

 

 

その旅行カバンというのがこれ

 

 

 

リサイクルショップで見つけたキャリーケース。

 

 

 

ぜったいゴロゴロ鞄は買わないと思っていたんだけど

 

普段使っているヴィクトリノックスのビジネスバックの重さと

 

未踏の地でどれくらの距離を移動するかわからない不安さ

 

 

 

 

ランチ代程度で見つけてしまったほぼ新品のキャリーバッグに負けて買ってしまったのです(笑)

 

 

 

 

甲斐あって長野で大活躍したキャリーケース

 

 

 

 

本当に楽でした。

 

 

 

が、

 

ゴロゴロ引き摺りながら

 

ソフトタイプはタイヤ2つだから

 

タイヤが4つのハードケースみたいに直立状態で走らせない。。。

 

 

 

もし今度買う時があればタイヤ4つのんにしよう。。。

 

 

 

と思いながらの長野県

 

 

 

 

で、帰路。

 

 

 

予定表では21時頃伊丹に帰って来る予定だったんだけど

 

18時から別件の予定があったので

午前中の分科会だけ出席して早退

 

 

 

伊丹駅にたどり着いたのが17時半
 

 

 

出発時に危惧していた事

 

お土産が増えたので

 

自転車では持ちきれない。。。

 

 

 

と思ったんだけど

 

鞄にタイヤついてるんだから。。。

 

 

ゴロゴロ作戦を展開

 

 

 

右手で引いてる鞄が暴れないように

 

舗装の綺麗な道を選んでゆっくり走行。

 

 

 

自宅までの道のり1/3ほど来た所で

 

鞄のタイヤがキュルキュル鳴き始める

 

 

 

ん?

 

油ぎれかな?

 

なんて思っていたのも束の間

 

数メートル進んだ所で

 

ゴゴゴゴゴーーー。。。と

 

タイヤがその役割を終えた音がする。

 

 

 

この子には過酷過ぎたかな?

 

タイヤが一つ破損してしまう。。

 

 

 

 
まだ自宅まで2/3は残っている
 
自転車を押して鞄を背負って歩くか?
 
自転車を置いといて鞄だけ持って帰ってまた自転車を取りに来て...
 
 
その時点ですでに18時を過ぎている
 
 
 
 
と、その時
 
僕の目の前をランニング中の友人が通る
 
そう、BianchとBRUNOを持っているという
 
あの高校ん時の同級生だ。
 
 
 
何も知らずに声をかけてくれる彼
 
僕のBRUNOは初見で
 
立ち話、自転車談義に花が咲く
 
 
 
で、今自分が置かれている状況を説明すると
 
 
 
BRUNOを自宅まで乗って行ってあげるから
 
速水はタクシーで自宅に帰り
 
自宅からBRUNOで目的地に行けよ
 
と提案!
 
 
 
 
神降臨!
 
 
 
 
鞄が壊れた場所と時
 
彼がランニングしていた時間と
 
ジャスト通りかかったこのタイミング
 
まさに僕を助けるために神様が仕組んでくれたのか?
 
 
 
自分のランニングを中断してくれる友人に感謝しつつ
 
乗り込んだタクシーは数年前のお葬式のお客さんという
 
これまた驚きのご縁。
 
 
 
いやビックリです!
 
 
 
 
 
壊れちゃったけど
 
ちゃんと目的は果たせたし
 
タイヤ4つのに買い換える機会にも繋がったし(笑)
 
 
 
何より
 
ピンチに絶妙のタイミングで救助が現れる

この夏一番の忘れられない思い出ができちゃったし(笑)
 
 
 
よく考えたら

BRUNOは小さいし前輪が簡単に外せるから

JR伊丹駅から鞄も自転車もタクシーに積んで帰れたような気がしないでもないけど
 
今日のところは深く考えないようにしておきます♪(笑)