お世話になったお兄ちゃんのお葬式は海をイメージして。。 | 伊丹のおくりびと

伊丹のおくりびと

伊丹市の幸せ創造企業 速水葬祭二代目創業者 速水英城です。
色んな所で様々な人々に支えられご縁を頂き毎日を過ごしています。
感謝を込めて綴ります。


テーマ:
「英城くん、頑張ってるか?しっかり儲けてるか?

わしの葬式の時もよろしく頼むわな♪(笑)」
 
 
 
そう言っていた笑顔が目に浮かぶ
 
 
 
若くして認知症になった横山さん(仮称)とこのお兄ちゃん
 
 
 
 
横山さんの娘さんから訃報と搬送(帰宅)の依頼を頂いた夜
 
 
 
 
団地の集会所では狭いので
 
近所の葬儀会館を使おうか。。。
 
 
 
 
そう悩むご家族様に
 
当社を選んでくれるのは嬉しいけど
 
そのために家族の都合を犠牲にしないで下さい。
 
まずは家族の都合とご希望を最優先して下さい。
 
 
 
そうお願いするも
 
ご家族様の決断は
 
狭くても団地の集会所で速水さんで
 
と、当社を選んで下さいました。
 
 
 
過去にお祖父さんや親戚さんも送らせていただいた横山さん
 
 
 
いつもどっしりした笑顔で宰領を振っていた横山さん
 
この日は横山さん本人が送られる側に。。
 
 
 
 
お葬式の打ち合わせの中で
 
祭壇は海をイメージして作って欲しい
 
故郷の海をイメージして。。
 
 
 
 
頂いたご要望をお花屋さんと相談して
 
出来上がった祭壇がこちら
 
 
青を基調に白く砕ける波頭
 
 
 
故郷、鹿児島の、甑島の海 
 

家族のみんなにもめちゃくちゃ喜んで頂けました
 
 
 
 
いつまでも生きていてほしかったお父さん
 
いつまでも支え合い続けたかった旦那さん
 
 
 
 
亡くなってしまった事は
 
どうしようもなく悲しい事だけど
 
今、残された僕たちにできる事は
 
お浄土の横山さんに安心してもらえるように
 
日々をしっかりと生きる事

横山さんに見守ってもらいながら
 
家族が健康で仲良く助け合って暮らす事
 
 
 
どうか、お浄土の横山さんに安心してもらえるよう
 
残りの人生もしっかりと生きてあげて下さい。
 
 
 
ありがとうございます。

ーー合掌ーー

 

速水 英城さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス