おはようの間合い | 伊丹のおくりびと

伊丹のおくりびと

伊丹市の幸せ創造企業 速水葬祭二代目創業者 速水英城です。
色んな所で様々な人々に支えられご縁を頂き毎日を過ごしています。
感謝を込めて綴ります。


テーマ:
 
 
昨日ブログに書いた「おっはよう隊」

配置ポイントは二つ
 
 
 
 
信号機とポケット花壇がある第1ポイントと

 
 
 
 
信号機が無い第2ポイント

(今日はこっち)
 
 
 
一般的に小学生の登校見守りとされてる朝の旗振りですが
 
おっはよう隊の特徴はその名前のように「挨拶」なんです♪
(そこに至った経緯はこちら)
 
 
 
朝、旗を振りながら楽しんでいるのも挨拶
 
行き交う全ての人と挨拶ができるです♪
 
北へ向かう小学生や幼稚園児をはじめ
南へ向かう中学生、そして北へ向かう市伊丹、県伊丹、県伊丹北、県伊丹西の高校生
逆に南に向かうのは稲園高生。
ほかにも出勤されるサラリーマンやOLさん、近所の医院の看護婦さんや犬の散歩のお母さんや裏のお姉さんや同級生や保母さん、
車で通る人の中にも知り合いもいるし幼稚園や介護施設の送迎車両の運転手さんも挨拶をしてくれる
 
朝の表情も爽やかな挨拶をくれる人もいればまだ脳が寝てそうな人もいるし
時間が無いのかダッシュの人や忘れ物を取りに戻る子供も居る
 
 
 
服装も重装備だった冬とは一転
軽やかにスカートを靡かせて颯爽と自転車で通るお姉さんも素敵です♪
 
 
 
色んな人との挨拶も
 
目を合わせるタイミングや距離感や挨拶のタイミング
その声の大きさや高さを見計らいながら声をかける
 
挨拶をした後、いつまで視線と表情を残すかも大切。
 


そのタイミングや声の高さを変えて工夫してみると
 
返って来る挨拶や表情が違ってくるのが面白い。
        
 
 
いわゆる「人と人との間合い」でしょうか
 
相手の気分や状況を見て声のかけ方を工夫する。
 
 
 
コンビニのレジで商品とお釣りを受け取りながら
 
その途中で店員さんの意識が次に向かってるのを感じる時と
 
最後まで意識をこちらに向けてくれている時の違いでも
 
お店のイメージが大きく変わる。
 
 
 
これってどっかで使えるスキルにならないかな?(笑)
 
 
 

 

街路樹のバラが満開を迎え
 

 

初夏のような青空に揺れる朝
 



 

朝から子供達にも元気をもらったし
 
今日もお仕事頑張りましょう!!
 
 

それではみなさん今日も素敵な1日をお過ごしくださいね♪

 

 

 

 

 

 

速水 英城さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス