雨の日の小さな贅沢「喫茶店」 | 伊丹のおくりびと

伊丹のおくりびと

伊丹市の幸せ創造企業 速水葬祭二代目創業者 速水英城です。
色んな所で様々な人々に支えられご縁を頂き毎日を過ごしています。
感謝を込めて綴ります。


テーマ:
SNSのタイムラインがゴールデンウイーク騒ぎから平静を取り戻した月曜日




昨夜から降り続いてる雨に瑞々しい空気が気持ちいい昼下がり




しとしと長く降り続く雨を「五月雨」というが

5月に降る雨じゃなくて

旧暦の5月、今では6月に降る雨の事だと

聞いたことがあるはずなんだけど

また新たに学んだ気がする48歳の春(笑)





記憶力の無さは置いといて今日は雨のはなし。





こんな雨の昼下がりの大好きな過ごし方があるのです。





場所は喫茶店。




カフェも良いけど雨の日は喫茶店。




真っ白な喫茶店も良いけど

木目調べのシックな喫茶店が良い。




カウベルが鳴るドアを開けて入りたい





普段ならカウンターに座るんだけど





雨の日は窓際の席がいい


木製の窓越しに見る雨がいいし



その窓のガラスがカットガラスだと尚いい





雨が作るまちの騒がしさと

ガラス一枚隔てた店内の静かさ




雨に濡れるのも嫌いではないが

静かな店内から窓越しに雨を見るのも悪くない






ベテランママさんが拵えてくれる

できたてホカホカの

温かいサンドイッチを食べたくなる







クラッシックが静かに流れる昼下がりは

フラペチーノよりサイホンで一杯ずつ淹れてくれるホットコーヒーが最高だ





コーヒーと一緒に持ってきてくれるミルクはポーションよりミルクポットなのも嬉しいし



使わないけどお砂糖がスティックシュガーじゃなくて砂糖壺なのも嬉しい




何を話すでもなく時計も気にせず

ただ雨を一緒に眺めてくれる彼女がここに居てくれたら最高だろうけど




そんな子とテーブルを挟んでいたら雨どころじゃなくなっちゃうだろうな(笑)





自宅の窓から降り続く雨を

小屋根から滴る雨の雫を

何時間でもずーっと見てたのは幼稚園の頃だったろうか




インターネットも携帯電話もなかった頃

大好きな友達のピアノのレッスンが終わるのをただじーっと待っていた喫茶店もこんな感じだったかな




今は1日中雨を眺めてる事も無くなったけど

ただただ彼女の帰りを待つ事も無くなったけど




時々で良い

僅かな時間で良い




雨の昼下がりに

ボーッと喫茶店から外の雨を眺める

僕の贅沢な時間。




あ、

今日は雨を横目にブログを書いちゃってますけどね♪




さ!

次い行きましょか!



それでは皆さん、

素敵な午後をお過ごし下さいね♪

速水 英城さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス