[競馬コラム]軸馬候補がカギ | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2018-09-13 23:28:53

[競馬コラム]軸馬候補がカギ

テーマ:★コラム


hide指数、チェックコメント、勉強回顧
の各種お手続きは金曜15時迄となります。締め切り時間にお気を付け下さい。


▼指数・コメントの使い方

良く分かるhide指数&チェックコメントの解説編


┏━━━━━━━━━━━━━┓

..........競馬コラム

┗━━━━━━━━━━━━━┛

(作成日18/09/13)

軸馬候補のいるレースを選ぼう

 寝言を参考にしてもらうと分かりますが第一印象は出馬表の配色をパッと見て感じる部分です。パッと見て、軸になりそうな候補が目に入って来ないようなレースはそもそもその時点で的中確率は低いです。少なくともパッと見て軸馬になりそうな候補が目に入ってくるレースこそが検討の余地があるレースです。

 寝言はだいたい毎週書いているので配色や第一印象については過去の寝言なども参考にしてもらうとどういう視点でhide指数出馬表を見ているかを感じる事が出来ることと思います。

 第一印象はなので誰でも感じる事が出来ます。子供でも分かるレベルの作業です。難しく考えることはありません。



裏付けを取ろう

 軸候補になりそうな馬が見つからなかったレースは排除し、軸候補がいるレースだけを追求していきましょう。次にやることはその軸馬候補が信頼できるか裏付けを取る事です。この時点ではまだあくまでも候補でしかないので、裏付けを取って信頼出来る軸馬へと発展させます。

 どんな裏付けを取るかというとそこには色々な要素が条件によって出てきますが、まず第一印象の色で好感が持てたということは展開は向いていることでしょうし、指数的な能力の高さも満たしていると思いますので、もっと細かいところで距離適性やコース適正、騎手との相性、こういったところに着目してあげるといいでしょう。



それ以外のレースは対象外

 パッと見て軸馬候補がいないレースというのは無理して追及する必要はありません。どう考えても確率の悪い勝負になります。そして、そういうレースであっても考えれば考えるほど何らかの結論が出てしまいます。そしてさらに考えれば考えるほど根拠のない自信を持ちかねません。とはいえ、そんな状況で浮かび上がってきた馬なんていうのは好走率は高いものではありません。



まずは第一印象のよいレースを確実に当てれるようになろう

 無理矢理捻出した根拠のない自信からの軸馬探しなんていうのはもっと後回しで良いと思います。それよりもまずは第一印象のよいレースを確実に当てれるようになることです。それが出来るようになってからさらに技術レベルをあげるために難解なレースに挑戦してみると良いでしょう。稼げる柱がないうちからわざわざハードルの高い挑戦をする必要はないと思います。



第一印象は寝言で感覚を掴もう

 寝言は予想提供ではありません。第一印象をパッと書き出したものです。つまり、hide指数出馬表の配色であったりチェックコメントをパッと見て瞬間的に感じた事なので、出馬表を見た時に同じような印象を持ってもらうための材料です。
 なので、第一印象の悪いレースに関しても記述しています。低レベルなレースだったり、逃げ馬がハッキリしなくて想像しづらいレースだったり、色々ありますがそういったメリハリのないようなレースに関しても寝言には書いてあるので寝言は馬券を当てるためのツールではなく、hide指数出馬表をより有効に使ってもらうためのサポートでもあります。
 いつかはパッと出馬表をみて、寝言と同じように第一印象で感じてもらうためのツールなのでそういう視点で活用してもらうとより寝言を有効活用してもらうこともできますし、自然と予想する力も身に付いていきます。なおかつ、指数を上手に活用することにも繋がってくるので予想レベルがアップします。

 馬券を当てるためだけの寝言やスペ寝ではないのでそこから技術を磨いて予想を楽しんで下さい。





 


hide指数はPDF出馬表形式・全36レースで1日400円のお手頃価格。


 

チェックコメント&hide指数


勉強回顧  


■hide指数入門こちら


■勉強回顧(競馬講座/重賞検討会)お申し込み→ こちら                                   


Facebookも更新中
興味があったら目を通してみて下さい

https://www.facebook.com/kachigumizaiseki





hide@勝ち組在籍方法 http://www.hide-s.com/

       

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス