▼指数に波のある馬 | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2011-01-13 17:51:22

▼指数に波のある馬

テーマ:★指数活用法

レース当日も配信のメルマガ a7000023204@mobile.mag2.com  に空メールで登録可です。
----


 昇級などを除いて指数に波のある馬ってのがいます。



 同じクラスで走り続けているのに上がったり下がったりと極端な変動を見せている場合はその原因を探ってあげると馬券に繋がる鍵を見つける場合が多々あります。




 凄く分かりやすい例では、1200mでは上がっていて、1400mでは下がっている、というのを何度かここ数走で繰り返しているような馬は距離的な問題ではないかと察しがつきますので、今回の距離によって狙いを考える事ができます。

 それ以外でも、小回りコースと広いコースとで極端に差がある馬もありますし、内枠と外枠で指数の変動が大きいタイプもあります。






 指数とはただ数字を見るだけではなく、そういう謎解きをしてあげて、今回の条件と照らし合わせてあげることで大幅に成績もUPします。当然、それによって穴馬を見つけることもできれば、危険な人気馬を見つけることもできますので予想も楽しくなってくると思いますニコニコ





 特に今はチェック裏コメントもサービスでお届けしているんで、指数の上げ下げの原因となっている理由なんかも発見する材料にもなると思います。





 週明けに指数の集計とか書きましたが、あれはあれで3連単BOX買いで2週連続プラス収支という結果は出ているものの、指数をただ指数通りに買っても面白くも何ともないし波もあると思うので、やはりこういう小さな事に気づいて馬券に繋げて行く事が安定したいい結果に繋がってきます。




 ただ万馬券や10万馬券を取りたいだけならば指数BOX買いでもいいかもしれませんが、浮き沈みは激しいと思いますし予想をして当てるという醍醐味がないのは寂しいです。




 こういった距離適正やコース適正、枠適正などを指数なしで判断するとなるとただ単に着順やタイムで評価する事になってしまいます。ただ、着順に関しては12着でも勝ち馬から0.3秒差という事もあるし、タイムに関してもペースや展開によって全然違いますから結構面倒ですので、その両方を踏まえているのが指数なので一番手っ取り早くて正確です。




 競馬で楽して当てて、楽して儲けようなんてのは甘い話で、逆にこういう謎解き感覚で使える材料を存分に使って結果に繋げて行くと狙うポイントや自分なりの闘い方が見えてくるので、楽しみながら結果もついてきます。ちょっと着眼点を変えてあげると狙う視点も変わってくるんで指数を使ったより面白い予想が出来るようになってきます。



hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス