▼幹と枝 | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2010-12-26 22:21:08

▼幹と枝

テーマ:★投資編

 予想には幹と枝があります。





 何が幹で何が枝か。





 いわゆる予想のスタイルというのが『幹』になります。色んな予想スタイルがあるのは当然で、自分がどのスタイルを取るかによって枝も色々と分かれてきます。





 では、『枝』とはどういう部分のことか。





 それは、コメントであったり指数であったり、時にはTARGETであったりと、予想の材料として使うスパイス。『枝』はあくまでも素材であってそれが主体になりすぎることは良くないと思っています。





 例えばコメント。無いととても不便なものです。前走などでどういう走りをしていたか、その時に感じた事はなんなのか。それを今回のレースで生かすことができるのかどうかを判断するための素材になります。




 なので、コメントだけで馬券を買う事は出来ません。なぜなら、前回と走るメンバーも違えば、コースだって違うケースが多いからです。メンバーが違えばペースも変わります。仮にメンバーが全部同じだったとしても枠が違えばそれだけで展開も変わります。





 しかし、前走とは違ってプラスに向くコメントを拾う事ができるのも素材としての1つです。例えば前走のコメントで『外を回してロス大きい』などというものがあれば、前走は外枠で無駄の多いレースをしたことが分かったりもします。そして今回が内枠で上手く溜めていける展開が想定されるのであれば狙い目として一気に浮上してくるのが素材としての最適な使い方です。





 そして指数も同じです。数字が高い順に買うのでは結果を出す事はできません。前走で出た指数はどういう状況で出たのか、そして今回はどれくらいの指数が出せそうなのかという事を先読みしていく力が必要です。例えばこれをコメントと併せて考えると、先ほどの外を回してロスの多かった馬の指数は、そういう競馬をしながら出た指数ですので、今回仮に展開の向く内枠だったとしたらもっと高い数字が出せる事が想像されるわけです。

 『幹』となるのはあくまでも展開を考える事で、コメントと指数の『枝』を使う事で結論を導き出す事が出来るようになるのが予想のスタイルというものになります。





 なので『枝』に重点を置きすぎる事はよくありません。幹が細くて枝ばかりが太くなってしまえば当然ながら折れてしまいます。





 綺麗な1本の木にするにはシッカリとした幹に綺麗に枝を添えてあげることが大事になってくるのが想像できることでしょう。幹も枝もどちらも欠かせない素材であり、その素材を上手く選択して使う事が予想技術の向上へと繋がっていくことでしょう。ヽ(´▽`)/

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス