▼ 「予想課程(実例)」のお勉強 | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2010-12-26 22:10:14

▼ 「予想課程(実例)」のお勉強

テーマ:★予想編

 <2002年 2回東京8日目12R(02/2/17)>



まずは、予想に使用した出馬表をダウンロードして下さい。
アクロバットリーダーが必要です。
ダウンロードはこちら



【質問内容(掲示板内書き込みより)】


 はじめまして。わたしも最終レース、寝言を参考に取らせていた
だきました。ありがとうございます(^_^)
 で、あつかましいのですが、12レースの読みをもう少し詳しく
教えて頂けないでしょうか??




【ひでの回答(掲示板のレス)】


 まいどです。ヾ(@⌒▽⌒@)ノ


 結果論からではなく、予想段階で考えたことを書いてみます。
(つまり、結果として予想と位置取りが違ったりとかはあると思います。予想の段階ではそこまでは分かりませんから…(^^ゞ )



 まず、コースの特徴ですが、東京芝1,800mは個人的には得意としているコースなのでパターンにはまれば特に買いたいコースの1つです。



 お勉強かどこかでも書いたかも知れませんが、スタートしてすぐにコーナーがあるのが特徴です。

 理想的な買いパターンとしては、先行馬が少なくて内枠に先行馬が居るときの先行馬が買いなんですが、今回はややパターンが違います。



 さて、何故内枠の先行馬が「買い」なのかと言うのは、先述の通りすぐにコーナーがあるためそこでペースが落ち着きやすいのが特徴です。馬場の問題も出てはきますが、先日のベルボクサー(1/20東雲賞2着 複150円)何かの複勝を自信をもって買えるのもこのパターンです。<真ん中枠だったが行く馬がハッキリしていた>

 最初のコーナーをどの馬が楽に回ることが出来るかと言うのがポイントになります。(これはどんなコースにでも言えることですが、すぐにコーナーがあるコースでは露骨に傾向がでます。)これがこのコースの主な特徴だと思っています。



 今回の出馬表をパッと見た瞬間では、ペースが速くなると感じました。ならば、軸になるのは単純に差し馬では?っと思ったので、内の方から見ていくとニシキオーカンが指数がソコソコ高く、軸候補に挙がってきました。

 そこでチェック馬コメントに目をやってみると、以下のコメントがありました。





■1/26使い詰もブリンカー着けてから安定。中距離なら1000万で常に上位。


 ちなみに豊のユウワンにもコメントが入っていたのですが、斤量差と枠順を考えてニシキを上位にとりました。ちょっと気になったのはユウワンの4走前でニシキに6馬身差の圧勝をしているのですが、この時は東京芝2,000mでなおかつ今回とは枠順が逆(ユウワン2番、ニシキ8番)ならば、中団で競馬が出来て内枠に先行馬が多いのでニシキで良いと感じました。



 これはどういう事かと言うと、ニシキよりも内枠の馬は殆どが前に行く馬です。するとスタートしてニシキの横側がポッカリ空くのでニシキはロスなく内ラチに着けることが出来ることが容易に想像できると思います。逆にユーワンからニシキまで(4枠~7枠)は差し馬が多いので最初のコーナーをかなり外に振られるロスが想像できます。もしくは、思い切って最後方に下げるしかないです。



 これで軸はニシキで良い事が考えられたと思います。コース・枠順・指数・チェックコメント、これで軸は分かってしまいます。




 そうなると、複コロ候補にするかここから相手を捜すことになります。

 相手探しですが、このコースの特徴上、前残りがないかを最初に考えます。




 すると逃げたいのはロードとカノヤとブライティアではないかと…。ロードは比較的、大逃げをする馬なのでこの騎手なら逃げるしかないと思ったので、これに絡んでいきそうな他2頭は苦しいのではないかと言う考え。

 もし、仮にロードが単騎で楽に行ければ過去の指数からも逃げ粘る可能性はあるので配当次第では押さえに買いたい。



 さらに最内を見ると逃げる必要もなく、好位追走でソコソコ指数が出ているレディが居ます。1,600mで出した指数なら東京1,800mで十分通用します。前にやり合う馬を行かせておけば、内でジックリとタメながらロスなく先行できて指数的に十分なのはこの馬以外に見当たりません。それで相手本線の候補になります。

 レディが予想外にも前とやり合ったときには、後ろの馬が台頭してくることになるので、今度は差し馬を他の相手に探します。



 ゲンパチとユウワンが指数としても十分な差し馬です。あとはアルメナーラですが、昨日の寝言にも書いた覚えがあるのですが、先行するようだと苦しいのでは?みたいな事を書いた気がします。指数的には十分なので、上手くロスを少なく乗ることが出来たのであれば、前崩れの相手としては押さえる必要がありそうです。

 なので、買い目としてはニシキからそれらの馬に流す事になります。



(8→1,4,13,14,15)



 点数としては多いですが、ロードやアルメ何かは元返しに設定すれば十分ですし、実質3点に集中買いを出来ることになります。



 あとは、オッズ的に買えるかどうかを判断するためオッズを取得し、オッズマネージャーを稼動させて、必要な買い目にのみ集中買いを設定します。



 結果的に配当の一番おいしいトコが入りましたが、集中買いをしているので、どれが来ても同じだけの十分な払い戻しを受けることが出来たと言うことです。(^^ゞ



 こんな感じでご理解頂けましたでしょうか?予想の段階では正解も不正解もないと思うので、私の考えた方法という程度で簡単にとってもらえればと思います。(^^ゞ



 これと言って難しい考え方は何もしていないですし、使っているモノは皆さんと同じです。


●指数
●TARGET
●チェック馬コメント

 みなさんに提供しているチェック馬コメントもこのようにして、軸馬に選んだ馬をプラスαで自信に繋げるようにも使えます。自分でもコメントから買うこともありますが、選んだ馬をコメントによってプラスしたり、マイナスしたりして使います。

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス