▼安藤 勝己 | 勝ち組在籍方法!競馬記事書庫
2010-12-26 21:32:12

▼安藤 勝己

テーマ:★騎手編

 安勝といえば地方から中央入りした第1号ですが、正直地方所属の時ほどは無茶な追い方をしなくなった印象があります。中央に所属してからはやはり馬を勝たせるだけではなく、馬主や調教師のためにも賞金稼ぎのような負け方もしなくてはならなかったりとか、強引に追うことで次に反動がでないように控えめに追うという人間関係の部分が出てきているのではないだろうかと勝手に想像しています。(^^ゞ



 しかし、何だかんだ言っても想像通りに乗ってくれるので安心してみていられる騎手の1人です。豊と同じように通す馬場にもこだわっていますので極端に馬場の悪い所を通すようなことはあまりしません。



■先行馬は粘らせる


 結構安心して馬券を買えるのは先行馬の時です。多少の能力差ならば粘りこませて3着以内に入れる技量をもっていますので、複勝や3連複といった馬券で内枠の先行馬ならば極端に能力差がなければ粘らせてくるので馬券的には狙い目が高くなります。 追える騎手なので差してくる印象を持っている人もいるかもしれませんが、安心して買えるという意味ではむしろ先行馬に思えます。また、内にスッと待機させる上手さとかは他の騎手より遥かに上ですので、大きなロスをさせる騎乗はしてこないのがそこに繋がっているんでしょう。




■逃げ馬は溜める


 先行馬とは一転して逃げ馬は溜めて乗る傾向があります。出来るだけ前半でリードして逃がしたいような持続力タイプの逃げ馬は案外向かない感じはします。後続を引き付けて乗ってしまう印象が強いので、そういうレースに持ち込んでしまうとある程度の瞬発力が求められます。瞬発力を持ち合わせている逃げ馬であれば上手く勝たせますが持続力を活かすタイプの馬では人気して直線で交わされる印象があります。


 内枠の先行馬や、好位差しで内ポケットに入れておきたいような馬を狙う時は安勝が騎乗していると比較的安心して見ていられるのが特徴だと思います。

hide@勝ち組在籍方法!さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス