タイブログ รักไทย(ラックタイ) 万事機嫌よく

最近、このブログに色々と書きすぎて

なんのブログか、方向性がぼけてきた気がしますが、

このブログは、タイのことを綴ったブログです。^^


タイの料理、タイ語、アイドル、お勧めスポットや風俗・風習などをご紹介しています。

(とは言え、タイについて、あまり詳しくないので、細かいツッコミは、ご勘弁プリ~ズ!)

ブログカテゴリが近い方や、内容がかぶっている方からの

読者登録、アメンバー申請は、いつでも受け付けておりますので、

どんどん申請してくださいね。^^

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012年03月01日(木)

バンコク到着!

テーマ:タイ
今朝はバンコク時間の6時に起き、食事を済ませたハントな人。

久々のバンコクで迎える朝である。^^


昨夜はエアポートリンクに初めて乗車したし、エアポートリンク車中では、現地にお住まいの日本人の方から色々と親切にしていただいた。

お名前も聞いてはいなかったが、本当に感謝です!

こう言う経験は、家で悶々と仕事をしていても、絶対に経験することはできない。

旅(特に一人旅)ならではの経験だと思うのである。
※だってツアーの旅行者には、気安く声をかけにくいものね!



さて、本当なら昨夜のうちに、同行の方たちと合流!の予定であったのだが、フライトが遅れたせいで、昨夜は一人で夕食と言うことになった。

日本時間であれば、午後11時ぐらいであるから、当然おなかも減っていたハントな人。

ご飯系のものを買おうと思って、スクンビット周辺を散策した。

ところが、この周辺は屋台が少ない上に、種類も少ない!

バミーの屋台や、クァイティアオの屋台はあるんだけど、ご飯系が見当たらない!(*_*)


ようやく、一店見つけたのであるが「30分待ち」と言われたので、あきらめることにした。

だって、屋台で「30分待ち」はありえんでしょ、普通!



しょうが無いので、バミー・ナーム(いわゆる小麦粉で作ったタイのラーメン)とツミレ、ビア・チャン(タイのチャンビール)1リットルを購入。

締めて138バーツ(約414円)であった。

ホテルに帰って、ナンプラー・プリック・ナムソムなどで味を調え、食べる!

旨い!v(*^-^*)v

久々のビールにも舌鼓!

大満足なタイ初日であった。



さて、今日からタイ仕入れ、がんばらねば!
2012年02月29日(水)

今タイ行きの機内です

テーマ:タイ
計器故障の為、出発が30分遅れる様です。


そろそろお腹が減ってきたので、機内食が遅れる事が心配です。(^O^)
2012年02月29日(水)

今からタイへ行ってきます。

テーマ:タイ
もうすぐ出発です。

タイへ行ってきます!



ただ、今日の東京は雪。

オンタイムでフライトができるのか心配です。



では、行ってきます!^^
2012年01月20日(金)

タイ行き決定!

テーマ:タイ 旅行
ようやく、大好きなタイへのチケットを入手したハントな人。

2月29日 成田発
3月5日 バンコク発!

たっぷり市場を見て回れるスケジュールである。


前回訪泰がなんと、2010年1月だったので、実に2年以上ぶりのタイ。


さて、今から商品検索して、仕入れの商材をガッツリ探さなきゃ!



アメンバーの皆さん、こんな僕チンにバンコクであってくれる人がいらっしゃったら、是非プチメください!(*^-^*)
2012年01月05日(木)

どなたか、これって何処の屋台か知っていますか?

テーマ:タイ 屋台
ハントな人が、是非食べてみたいバーミーキヤオ。

バンコクの凄腕屋台との事であるが、どなたかこれって何処の屋台かご存じですか?





ところで、どんなお味なんでしょうか?^^


興味津々です!
2011年11月26日(土)

ネコジャンプ 前回の来日映像

テーマ:Neko Jump ネコジャンプ
ネコジャンプ 前回の来日映像


タイの双子のアイドルネコジャンプ(เนโกะ จัมพ์ Neko Jump)。

いつ見ても可愛いお二人である。


そう言えば、先日お会いした方が、
「そろそろK-POPは、終焉を迎えるって話だよ!
これからは、T-POPの時代が来るんだって!」とおっしゃっていた。

その真偽はさておき、間違えなくT-POPは、
これからますます日本へ入ってくることであろう。


このネコジャンプもその一つであろう。

他にももう既に多くの日本人女性のハートをゲットしちゃっているアイス君や、
フォー・モッドのお二人もその一役を担う存在だと思う。



と言うわけで、(どういう訳だ?)久々にネコジャンプの映像をご紹介。

では、どうぞ!^^






これは、前回来日したときの映像である。

ハントな人は、この日別件の仕事にかかりきりだったので、
見逃してしまったのである。(とっても残念。)

この日参加なさったハントな人の友人の話では、
このキャットウーマンを意識したこのコスチュームは
「ビミョー」との事であった。

確かに今までのお二人の衣装とは、ちょっとというか、大分違うように思う。


しかし、以前もこんなセクスィ~な(笑)映像もあった。



■ห้ามนอนคนเดียว



ネコジャンプのお二人も、セーラー服やキャピキャピアイドル路線からの脱皮を望んでいるのかも知れない。


さて、この映像、あなたにはどう映っただろうか?
2011年11月02日(水)

ハントな吐血騒動 完結編

テーマ:プライベート情報

前回までのあらすじ


ハントな人は3日前の日曜日の朝、

突然吐血してしまった。


理由は不明。


四十路の中盤になり、大概の事は経験しているとは言え、

理由がわからず吐血というのは、やはり穏やかではない。


ある一定の年齢に達してしまっているが故に、

逆に不安も覚えてしまうのである。


 


月曜日の朝一で病院へ行き、診察をしてもらった。


すると「うん、問題ないんじゃない?


でも念のために、内視鏡だけはやっておこうか!」


と言うドクターの診断に従い、本日内視鏡の検査を受けることとなったのである。


 




 


いよいよ検査とは言うものの・・・


皆さんは人間ドックなどで、内視鏡検査はされたことがあるだろうか?


ハントな人は、中学生の時に十二指腸潰瘍になり、2度ほど経験がある。


 


が、

 


ハントな人は内視鏡の検査は大嫌い。

※まあ内視鏡検査が、好きな人はいないと思うけどね。


ゲ~ッ!となって、ゲロっちまったのである。


しかも相当大盛りで、エクスプロージョンをしてしまった!(;´_`;)


検査台を相当汚しちゃいました!

※本当にごめんなさい!


そのとき付き添ってくれていた母親の話では、

「先生の腕が良くなかった。」からハントな人はゲーゲーしてしまった、との事であったが、

いずれにせよ、そのときの苦い経験は、今でも鮮明に覚えている。


 


「あ~っ、あのときのあの感覚をもう一回経験するのか!」

そう思いながら、受付をすませた。


待合室で名前を呼ばれるまで、一人そわそわと落ち着かないハントな人。


目の前を色々な方が、右へ左へ通り過ぎていくのを、

不安な気持ちで見ていた。


 


待合室に入って、50分ぐらい立ったときだろうか?


ようやく名前が呼ばれ、看護婦さんがいるカーテンの中に入っていった。


「はい、まずはこれを呑んでくださいね。


アルコールのアレルギーとか無いですか?


これから注射しますので、肩を出してください。」


そう言いながら、筋肉注射をしてくれた。


そして
「ここに上を向いて寝てください。


はい、口をあけて・・・。」

と言いながら、ドロッとした麻酔薬を

舌の上に流し込んだ。


「はい、ここに5分のタイマーをセットしておきます。


タイマーが鳴ったら、口の中のものをこの紙コップに吐き出して下さいね。」


と言いながら、看護婦さんはカーテンの向こう側へ言ってしまった。


 


しばらくすると、そのドロッとした麻酔薬にふれている部分に、

じわ~っとしびれる感覚が出てきた。


でもしびれているのは、舌の上。


これって、のどの辺りに麻酔をかけないとダメなんじゃないの?


と思いながら、タイマーが鳴り出すのを待っていた。


しかし、口の中がしびれるって、「不快」そのもの。


早く5分が来ないかなぁ、そんな気持ちで、寝そべっていた。


 


しかし、そんな時の5分って意外と長い!


なかなかタイマー君は鳴ってくれないのである!


好きなことをやっているときの5分なんて、あっという間に過ぎてしまうと言うのに・・・。


 


「このままタイマーが鳴らなかったら、ひょっとして僕チンって、このままなのかしら?」


なんて下らないことを考えていたら、

「ピーピーピーピー」と時間を知らせてくれたタイマー君。


「ありがとう!


僕は君のその声を待っていたんだよ!(*^-^*)v」


そう思いながら、むくっと起き上がって、紙コップへ麻酔薬を吐き出すハントな人。


するとカーテンを開けて、先ほどの看護婦さんが入ってきた。


「はい、ではこれで口のまわりを拭いて下さい。


もう一度待合室で、お名前が呼ばれるまでお待ち下さいね。」


 


また先ほどの待合室のベンチに座ることとなった。


「あ~っ、口の中が気持ち悪~い!


しかも、変にのどの入り口だけが、しびれているせいで、つばも飲み込めないぞ!


うぇ~ん!」


と言う不快な思いで過ごす十五分。


目の前には、検査室に入っていく人、口元を拭きながら検査室から出てくる人が

廊下を行ったりきたりしている。


システム手帳や携帯電話など、すべての持ち物をロッカーに預けてしまっているため、

どうも時間のつぶし方が分からないハントな人。


こんな時って、どうやって時間をつぶすんだよっ!


こんな時は
時間の使い方が分からず、ちょっと不安になってしまうのである。


と同時に、中学生の時のトラウマが、再びハントな人の頭に蘇ってくる。


「あ~っ、今回もあんな風にゲーゲーするのかなぁ?


イヤだなぁ。」


などと言うことを考えながら、不安は最高潮に!


 


と思っていると、名前を呼ばれ、いよいよ検査室へ入っていくこととなったのである!


 




 


「ルビコン川を渡る」決意!と言いたいけれど・・・


検査室にはいると、2日前に診察をしてくれたドクターがそこにいた。


「あれから、なんにも変わりはない?


うん、たぶん大丈夫だとは思ってたんだけど、じゃあ始めようか!


内視鏡は初めて?」


「いえ、中学生の時にやったことはあります。」


「へぇ、そんな時に!」


てな会話をしながら、カメラをチェックするドクター。


 


「じゃあこちらを頭にして、横を向いて寝て下さい。」

と別の看護婦さん。


「こうですか?」と

一気に緊張していくのが自分で分かるハントな人。


「はい、それで良いですよ。


身体は楽にして下さいね。」


「はい。」

と答えたが、いや楽になんてなれるわけがない。


だって、中学生の時の様子が、もう目の前に蘇っているんだから!


 


そんなバリバリの緊張感の中、検査は始まった。


このときのハントな人の心情は、「ルビコン川を渡る」程であった!

と言いたいけれど、それほど重大決意ではない。(笑)


 




 


今回は胃だけでなく、十二指腸も念のために、見ようとしたが・・・。


 


検査中はあまりにも汚いので、ここは割愛!


まあ、ハントな人が七転八倒したと言う事だけは事実である!(;´_`;)


 




 


 


「はい、お疲れ様でした。


じゃあ、口のまわりを拭いて。」


と言いながら、ハントな人を看護婦さんに任せるドクター。


 


口のまわりを拭きながら、カメラを洗浄するスタッフが行ったりきたりしていた。


 


「内視鏡検査は、あんまり得意じゃないみたいだね。」

とドクター。


 


えっ?内視鏡が得意な人なんているの・・・?


 


「じゃあ、検査結果を言うね。


まあ思った通り、マロリーワイス症候群だね。


日曜日に吐いた原因は、よく分からないけど、

吐いた時に、胃の中の血管が一時的に傷ついて、

胃の中のものと一緒に、血がでたという事だね。


今回胃と十二指腸の中を見たところ、常時出血しているような箇所もなかったし、

まあ今回は様子を見ると言うことで!」


とさらっと診断結果と告げるドクター。


疲れ果て「そうッスか。」

と答えるのが精一杯のハントな人。


 


看護婦さんに「麻酔がかかっていますから、自動車・バイク・自転車の運転だけは避けて下さいね。」

と言う言葉をボーッとした頭で聞き、更衣室で着替えて、待合室へ戻ることになった。


あとは会計をして、帰るだけだ!


 


という事で、ハントな人は、「マロリーワイス症候群」という

「マロニー」と「エーデルワイス」を足して2で割ったような
名前の

「胃から血が出るけど、そんな深刻でもない病気」という事に落ち着いた。


この経験が、ハントな人の今後に役立つとは思えないが、

神様が某かの理由で、ハントな人に与えて下さった経験であろう。


検査台の上で、のたうち回ったのも何かに役立つと信じておこう。


 


そんなことを考えながら、さっさと会計を済ませ、

しっかりと自転車に乗って帰宅したハントな人。(!)


これも神様の思し召しだろうか?


 


さてさて、日曜日に始まったハントな吐血騒動。


これにておしまい、おしまい!


 


長々と付き合って下さった読者の皆さん、本当にありがとう!


これに懲りず、また遊びに来てやって下さいね。(*^-^*)//

2011年10月31日(月)

ご心配をおかけしました

テーマ:プライベート情報
ハントな人は、今朝一番で自宅近くの「社会保険中央病院」へ行ってきた。

昨日の記事を読んでいただいた方なら、お分かりだと思うが、
実はハントな人、昨日の朝、突如吐血したのである。


原因は不明!


なのに突然、嘔吐!
それと、吐血!


四十路の男なので、大概の経験はして来たので、
少々のことでは動じないはずが・・・、やっぱり不安ッス!

という事で、ハントな人は今朝病院へ行くこととなったのである。



「今日は血を吐いたって?どうしたの?」


「いや、それが分からないんですよ。」


「えっ?分からないって?」


「ええ、原因が思い当たらないんです。

例えば、風邪をひいたとか、酒を呑みすぎたとかであれば、
原因って、思い当たりますよね?」


「そうだね。」


「でも、全然思い当たらないんです。

昨日起きたときも、気分が悪かったわけではないですし、
ちゃんと朝ジョギングも普通に走っているんです。

食欲もあったし・・・。

それに酒だって、ここ数日一滴も呑んでないんですよ。

なのに突然はいてしまって・・・。

それに、トイレではいたんですけど、
便器が真っ赤になるぐらい吐血したんですよ。

なにがなんだか・・・。」


「じゃあ、ちょっと血液検査をしてもらおうか。」



そう言いながら、血液検査をして、貧血の気があるかを確認してもらった。

実はハントな人、この採血が大嫌い!

だって貧血を起こすんだもん!

不思議なもので、ハントな人は採血をされると、貧血を起こすんだけど、
交通事故で大量の出血をしても、貧血になることは無いのである。

ところが、採血の注射針がピクッと動いた瞬間に、貧血になるのである。(;´_`;)

何故だ!?

しかし、今回ばかりは、イヤとは言えない。

しぶしぶ採血を行ってもらった。



「う~ん、思った通り、血液検査では全く問題ないね!

まあたぶん大丈夫だろうけど、念のために、内視鏡検査をやっておいた方が良いよ。」

「じゃあ、お願いします。」



という事で、明後日の朝、内視鏡の検査を行うことになったハントな人。




ちなみに、吐血原因には2つあるらしい。

1つは嘔吐するときに、食べ物が逆流したり、胃に通常以上に圧力がかかったせいで、胃の中の毛細血管が一時的に破れてしまって出血するケース。

これは元気な人が、突然はいたりしたときに、発生することが多いらしい。

またこの場合は、あまり心配は無いとのことである。


もう1つは、胃になにがしかの出血原因があるケース。

こちらは、緊急性のある問題らしい。

ただし、こちらのケースでは、常に出血しているので、便が黒く変色したりして、自覚症状が現れるそうである。

ハントな人は自覚症状もないし、便が黒くなっているわけでも無い。




ちょんぷーさん、MIRAIさんをはじめ、多くの方にご心配をかけてしまいました。

メッセージ、コメントなど、本当にありがとうございました。

ハントな人は、おそらく大丈夫です。(今の時点では、まだ「たぶん」としか言えないけれど・・・。)


水曜日の検査結果後に、最終結果を書き込みます!

また応援してやってくださいね。(*^-^*)//


ではでは!
2011年10月30日(日)

血を吐きました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

テーマ:プライベート情報
本日ハントな人は、非常に体調が悪い。

実は吐血してしまったのである。

原因は・・・



不明なんッス!

原因が分からないって余計に不安になるのである。




そんなハントな人、
実は寝起きから体調が悪かったわけではない。

今朝も普通に起きて、10kmのジョギングも通常通りこなした。

その後、いつも通りシャワーを浴び、朝食を取った直後から、体調が悪くなった。

「さあ、食べた後の食器を洗おう。」と思って立ち上がった瞬間に、急に吐き気をもようした。


あわててトイレに駆け込み、便器に顔を埋めて、しばらく吐き続けた。

ところが!である。

便器がみるみるうちに、真っ赤に染まっていくのである。



「なんじゃこりゃ!」

自分の目が信じられなかった。



朝食に食べたのは、お茶漬けなので、真っ赤に染まる要素など無い!
※あるとしたら、梅干しぐらいか?

しかもハントな人は、3日前から一滴のアルコールも飲んでいない。

胃がおかしくなる要素など、絶対に無いはずである。



幸いなことに胃痛になることも無く、この時間まで来たが、
空腹感は未だもってない。

しかも、お白湯を飲むと、喉や胸に圧迫感がある。

仕事のストレスか?はたまた、変な病気か?

ハントな母親は「病院へ行け!」と言うが、残念ながら今日は日曜日。



明日にでも言ってみようと考えるハントな人。

何もないと良いのだけれど・・・。


では、また次回!^^
2011年10月25日(火)

パーフラットはカレーの香り

テーマ:タイ バンコク
バンコクのファラムポーン駅のすぐ近く、
チャイナタウンのメインストリートであるヤオワラート通り。

赤と金の中国語の看板が立ち並ぶ通りである。

タイブログ รักไทย(ラックタイ)



この通りの一本南側にサンペンレーンという、これまた凄い通りがある。

このサンペンレーン通り、土日には歩けないほど人がでる。(笑)

タイブログ รักไทย(ラックタイ)
■サンペンレーンの早朝の様子(お店が開店する時間になると、凄い人になる)


新宿に住み、大概人混みになれているはずのハントな人ですら、
日曜日のサンペンレーンの人混みには、酔ってしまった。(笑)

いや、凄い人の数なんッス!



そのサンペンレーンを西へ抜けると、インド系のお店が並ぶ通りに出る。

これがパーフラットである。

タイブログ รักไทย(ラックタイ)


この通り、インド系のお店が集まっているので、
ホントの話、カレーの香りがする。

ハントな人もパーフラットに辿りついた瞬間、
「あっ、カレーの香りだ!」と思った。

やはり町には、独特の香りがあるものである。


そう言えば、タイのスーパーに行くと、日本のスーパーには無い匂いがする。

おそらく、タイ人にはあまり苦にならない香りであろうが、
旅行者からすると、強烈に感じる匂いである。








ところで、町の香りは、何もタイに限ったことではない。

どの国でもその国独特の匂いがするものである。

では我が国日本は、どんな香りがするのだろうか?

あなたはそんなことを感じたことは無いだろうか?



実は日本に来た外国人にとっては、日本の町は「醤油臭い」と感じるらしい。

我々からすると、「えっ?何処が?」って感じだが、これが日本の香りなのだそうである。




遠い国タイで、感じたカレーの香り。

これも旅行者だからこそ感じる香りなのかも知れない。

我々日本人も、自分たちの町の香りに、敏感になる必要があるのかも知れないと思ったハントな人であった。




では、また次回!^^


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ