ハイカラさんまかり通る

ハイカラさんまかり通る

車・バイクの板金塗装 カスタム の事 エアブラシ・自転車等 趣味のこと

みなさんごきげんよう!

兵庫県川西市・クルマバイクの鈑金塗装 ハイカラヤです。

http://www.hicolors.net/

 

 

このところすごい雨が続きますね。

先日の日曜はお客様と4台でTMAXのツーリング企画でしたが

山間部道路状況を考慮して苦渋の決断で中止。

しかし、まあまあ天気がもってちょっと悔しい気持ち。

でも色々な所の災害映像を見ると行くのもどうかなと思う気持ちも出てしまう。

災害のあった地域の方お見舞い申し上げます。

 

今回はヘルメットペイント途中経過だけですが。

SHARK RACE R PRO という高価なヘルメットです。

カーボンでカル~イ。

 

ロレンソモデルを一度消してまた違うVarにするという。

ロレンソのスネイクを白で入れてから 上部 チュッパチャップスのマークを入れます。

まずこの1枚を慎重にはります。この位置が狂うとその後の全体が狂います。

このチュッパチャップスデータを作るだけでも何時間もかかります。

 

ゴールドを入れて乾燥して次のマスキングを慎重にずれないように貼り

また次の色を入れ  を4回繰り返します。

 

金・赤・白・黄 と4色それを繰り返したところ。

これだけでおおよそ1日かかります。。

 

文字を赤で入れてマスクを取るところ。

 

右にあるディフューザーもそのたびに装着して位置を決めて貼り

外してその部分は追加マスキング。

 

SHARKのマークと文字を入れて、やっと今日ここまで来ました。

 

今で半分くらいかな。データ制作、下地から入れるともう3日はかかっています。

まだ、これから横のファイヤパターンのデータを作って(それで1日)

それを左右3色ぐらいでペイントします。

その後小さな文字等を入れてクリアコート。

段差を取ってペーパー掛け。 もう一度つや消しでクリアコートとなります。

 

ヘルメットって小さいけれどとんでもない時間がかかります。

なので、あまり安くはないんですよ。

バイクの全塗装のほうが早くて楽ですから~。

 

 

 

みなさんごきげんよう!

兵庫県川西市・クルマバイクの鈑金塗装 ハイカラヤです。

http://www.hicolors.net/

 

今月12日 お客様とTMAX限定ツーリングをすることになりました。

 

TMAXに乗っている方ならどなたでも参加可能。

興味ある方はHPからメッセージ・メールくださいね。

 

コースは、当店集合 173 綾部から 大江山越えて天橋立丹後半島一周。

琴引浜で、海にドボン!か浜辺の温泉でまったり。

内陸部を走り 175・176で9に出て173で帰る。

日帰りコース。雨天中止です。今のところ4台集まっています。

 

 

みなさんごきげんよう。

兵庫県川西市のハイカラヤです~。http://www.hicolors.net/

今回は、懐かしのCB750Fです。ワタシの高校時代の憧れでした(#^^#)。

お客様がへこみにパテをされてお持ち込み。

そのままとはいきませんので当方で仕上げ。

はじめはそこだけでと云うことでしたが、色々、痛んでいたので全体を見ていくことに。

 

こんな感じで、クリアがやられていたり

 

ガソリンか何かのシミ。艶も悪いです。

 

全体小さなへこみを直し。

 

サフェーサー

 

色をオリジナルに忠実に。

 

ラインをマスキング。

 

シルバーを塗って、マスキングをはがします。

 

全体をクリアコートすると、  あらきれい!

 

いいかんじ!

 

つやつや!

 

ピッカピカ!また気持ちよく乗れますね。タンクはバイクの顔ですから。

 

メデタシメデタシ。

 

みなさんごきげんよう。

兵庫県川西市のハイカラヤです~。

 

今回はコペンにラインをペイントしてみました。

まずは、お客様とご相談してしてどれぐらいの太さとか色とかを決めます。

 

そして決まったら印をつけて一旦マスキングをはがし足付け。

下地のペーパーですね。

これ、テープ貼ったままやるとテープの際はなかなかペーパー当たらないので

はがすときにラインの際が汚くなってしまうので、面倒だけどやっております。

 

単にボディにラインをど~んと入れてくれって人が多いですが

こういう、細かいところのマスキングが全体の仕上がりにつながります。

 

キチンと奥まで貼っていきましょう。

 

切り際が命なんです。

 

ゴムを起こして張れるところはこんな風に。

 

ビシ!tっといきましょう。こういうところが肝心。作業者の性格の差が出る部分。

 

どーです。かっこよくなりましたね。

 

リアビューも決まってます。

 

ボンネットには目立たないけどつや消しブラックでデカール。

 

メデタシメデタシ

 

 

まいどおおきに!兵庫県川西市のハイカラヤです~。

 今回は、ハーレーダビッドソン ダイナのタンク鈑金です。


少しだけどポコッと逝ってしまいました。

 

塗装もひび割れていますので錆が心配ですね。

まずは車体から外し、板金のためガソリンを空っぽに乾燥します。

 

色んな技を駆使して(#^^#) 鈑金します。これは鉄板地肌。

タンクは裏からたたくわけにはいかないので表からワッシャをいくつも溶接して引っ張り出します。

そして均していきます。

 

サフェーサー処理完了。

 

ガンメタの色をぼかします。ロゴは残さなければなりません。

そのためには正確な色合わせが必要です。

普通これぐらいの距離だとロゴは新しく貼り替えになりますね。

 

クリアペイント。ロゴもいっしょにペイントします。

 

ハイ、完成。 ほぼわからなくなりました(#^^#)。めでたしめでたし。

 

まいどおおきに!兵庫県川西市のハイカラヤです~。

 今回は、新しいCBR650Rのタンク鈑金です。

 

あらら~、これは痛々しい。

 

けっこういってますね。普通は交換ですが・・・。

少しでも新品より安くしたいということで。

 

荒出しします。

 

いろんな秘密の手を使ってここまで鈑金しました。

今回初めてだったけどバイクのタンクにも

自動車の外鈑と同じハイテンション鋼が使われていました。

この鉄板は薄くて非常に硬いというか、変形しにくく元に戻すのはかなり難しいです。

自動車も昔の鉄板とは今は全く特性が違います。勉強していないときちんと直せない。

これからバイクもこうなっていくのかなあ。

 

黒いサフェーサー(下地塗料)を塗ります。

これを乾かし、研いで平滑を出し、やっと上塗りです。

 

つや消しブラックの艶も合わせましょう。

つや消しと言ってもその艶の出具合っていろいろなんです。

全消しから5分艶 7分艶など様々。単純ではないんですよ~。

 

板金修理、新品部品が高価な場合は値打ちがあります。

 

メデタシメデタシ。

 

 

 

 

 

 

みなさんごきげんよう。今回はリアゲートの鈑金です。

ゲート開けたままバックして車庫の支柱にドン!

時々あるので気をつけてくださいね~。

 

ゴン!当たるとこんなになります。

 

ちょっとだけと思ってもたいがい裏まで損傷しています。

 

鈑金するため塗装をはがしていくと

複雑な変形がわかりますね~。なんでこうなるのか・・・( ゚Д゚)

 

それをきれいに鈑金しましょう。裏から手が入る場所ではないので引っ張り鈑金です。

 

バンパーとの隙間バランスも見ます。

 

そして裏も鈑金。

 

ぱってを入れてひずみを取ります。

 

これが白いサフェーサーを入れて研いだところ。

部品もみな外します。

パールホワイトなので塗りはほぼ一面になります。

 

きっちり色合わせてできあがり!

メデタシメデタシ。

 

どの色でもそうですが、クリアコートは全面が基本です。

安く済ませたい場合は部分補修でもOKですが後々の持ちは変わります。

 

 

みなさんごきげんよう。

兵庫県川西市のハイカラヤです~。

コロナは大丈夫ですか~~

最初トヨタが新型コロナ出すんかと思いましたがえらいことになってきましたね。

 

さて、今回はヘルメットの傷修理です。

みなさんも一度は経験あるのでは?

大切なヘルメットをちょっと落としたり

何かに擦れて傷つけちゃったり。

 

痛ましい~~

ホントは落としたら使用禁止なんだけどね。

これは、運ぶときに擦ったみたい。

それを元に戻しましょう!

 

まずは傷を落として段差をパテで修復。

 

なるべく無事な色の所にかからぬようにサフェーサーを入れます。

 

サフェーサーを研ぎ平滑にします。

ここまでをしっかりやっておかないと、色を塗ってもガタガタになりますよ。

 

1色づつマスキングして、色も1色づつ調色します。

乾かして次、乾かして次・・・・です。

こんな小さな補修でも時間かかります。

こんな細かい作業は普通のスプレーガンでは塗れません。

段差が付きすぎるんです。エアブラシで塗っています。

 

ダクトも削れていたので形を修復。

ここは素地の部分ですから、つや消し黒で色を合わせてペイント。

 

ハイ!元通り。

ロッシファンのお客様に喜んでいただきました。

 

メデタシメデタシ。

 

 

みなさんごきげんよう。

兵庫県川西市のハイカラヤです~。

今回はユーノスロードスターのサイドシル(ステップ)後ろ側の錆修理です。

これはよくなることらしいので、皆さん早めの発見を心がけましょう。

今回のお客様はロードスターの超マニアな方。

なので発見も早くこのようにすこし塗装が浮いているなという状態。

 

しかし塗装を落とすとあららやっぱり中から?

 

薄くなっている鉄板を削るとあら~!やっぱり穴開いちゃった。

ここは3枚になっているんですが、2枚目の表面は錆びていますね。

 

2枚目の錆が完全になくなるまで削っていきます。

そして鉄板を当てやすい形に成形。

 

自動車用の鋼板で同じ形の物を作ります。

ピッタリね。

 

溶接する前に内部に防錆処理。

 

隙間からべっとり流し込みます。

車内からもノックスドール注入。

 

そしてピッタリの鉄板をセット。

 

溶接します。

 

んで、パテを少し入れて熱のひずみを取り。

サフェーサーなど下処理をしてペイント。

残念!この後撮ってませんでした。

 

ま、こんな感じできちんとやってます。

メデタシメデタシ

 

 

こんにちは~!

兵庫県川西市のはいからやです~。

 

今回はバイクのカウル 傷修理です。

今となっては少し旧車?ZX9Rの右サイドカウルです。

立ちごけにより、傷がついたり取り付け部が割れてしまったり・・・。カナシ~

 

 

こんなダクト開口部もやはり弱く応力が集中しがちですね。

黒く削った部分が修理箇所。

 

以前にカスタムペイントされていますので、おいそれと中古に替えるわけにはいきません。

 

割れた部分は塗装をはがし樹脂溶接していきます。

よく裏からFRPを当ててパテ埋めしているのを見ますが

FRPは完全には密着しないので弱いです。

 

穴の入り込んだ部分で溶接しにくかったですがなんとか。

そしてパテで成型。

 

他部分もたくさん。ラインごとにいろんな色を塗ります。

 

そして一色ごとに乾かしては塗っていき。

最後はクリアコートを全体にしますと

 

 

新品のようになります。

グラデーション部分もエアブラシで再現しています。

 

樹脂溶接ですので強度もそこそこ出ます。新品時よりは当然落ちますけどね。

メデタシメデタシ!