ひびきを想ういちにち | ひびきのいちにち

ひびきのいちにち

毎日お家のニャルソックをしてくれる大事な響が調子を崩してしまいました。いろいろなブログや飼い主さんを参考にしながら、がんばって闘病していく記録です。

 

ひびきの親戚のななちゃんのママさんが

ずっとインスタで#ななを想う日というタグで

ななちゃんを想ってこられていることがすごく素敵で

私にとっても知ったときはすでにお空にいたななちゃんが

とても身近に感じて、それからもずっとななちゃんの

思い出が増えていくような感覚になっていて

真似させていただくことにしましたラブラブ

 

 

写真が山ほど、動画も山ほどあって・・・

そう思っていたけど 2万枚くらいだったのを思うと

やっぱり24時間ずっと何気なく見ている姿の全部はないですね

 

 

整理するとか、ベストショットを探したかったけど

まだまだ手につかず

眺めては終わる1ヶ月とちょっと

 

 

なので2015年から2016年のひびきの姿を見ながら

 

 

大好きだったおもちゃ

ちゃんととってありますからね

 

 

持って歩いてたよね いつも

 

 

そのノートにはちゃんと今私が

ひびきとの連絡帳毎日書いてるからね

たまにはちゃんと読んでね

 

 

ひびきが生まれた日のお祝い

これからもやっぱりこの日はめでたい!

 

 

むぎちゃんにおめでとうを伝えなくちゃねドキドキ

 

 

みんなの日々がすごくすごく楽しく幸せに

過ごせますように

ひびき家一同 願っています音譜

 

 

4月生まれのみにゃさま

お誕生日おめでとうございますドキドキ

 

 

壁を塗ったり、片付けたりなんていう域を超えて

終活か?!引越しか?!くらいの勢いになっている我が家

 

深く具体的には考えられていないものの

ひびきに繋がる子はいるのかなとか

(→まじまじと血統書を出してみましたがそのかたは今探せませんでした)

 

里親さんを探している猫ちゃんのお写真を眺めたり

ひびきを迎えたペットショップのページを眺めたり

あまり知らなかったブリーダーさんという存在を眺めたり

 

一番なのは運命的な偶然の出会いだろうけど

多分それはなくて

ある程度は自分から積極的に

出会いに行くのだろうと思いつつ

 

そもそも・・・・

どういう年代の猫にしても、余程シニアでない限り

これから10年、20年

飼い主が心身共に健康で過ごせるのか、もちろん仕事もできるのか

責任が本当に持てるだろうか

という考えても答えのないような問題に

 

22年暮らしてきた家の中は

たくさんの思い出に浸っていて

当然大事なものはどんどん増えていて

だけど少しだけ終い方のような考えで

断捨離というと語弊があるけれど

大切なものだけを選ぶ作業をはじめてしまったというわけです

 

まずは1度ここで

自分にも目をむけて整えて、健康はどんなに気をつけても

誰にもわからないものだと嫌というほどわかってはいても

その努力をするつもりがあるか

精神的には自分の足で立てているか

確認したいなと思っています

 

ただ単に猫と暮らして、ひびきへ配ってきた目、空気

その全ての時間を失って、時間を持てあましている

とも言えるかもしれませんが

 

 

大丈夫だよー。

ひーちゃんのお荷物は全部とってあるからね!

 

それもね、奥に押し込んだわけじゃなくてね

押入れもぜーんぶ中身を出してクロスを貼ってね(笑)

2号・・・クロス屋になろっかなと言ってますよラブラブ

 

 

どーかと思うよって言いたげな顔

 

動物と共に生きることについては

野生動物と人間のことをラージャーを通して多く考えるようになり

ひびきのことを通しても飼うということを真剣に考えるようになり

それはまた近々。

 

ひーちゃん お誕生日おめでとう

今日 初日ですよ♪チラシ持ってるよね

一緒に観ようね