人気ブログランキング


にほんブログ村

 

前回の記事のつづき

 

 

新しい年になると

よく神社で授与される

干支の縁起物がありますよね。

 

 

昨年の年初めに、酉年のものを

ツインソウルの友達から

もらっていました。

 

 

それは、ニワトリを形作った

シンプルな木彫り。

 

 

しばらく大事に箱に入れていましたが

今年の春、木彫りを箱から出して

リビングの棚の上に置きました。

(はい、もう戌年。)

 

 

なんでそのとき出そうと思ったかは

謎なんですよね…

 

 

 

さてその木彫りを置いた棚ですが、

作りつけで、天井に近く、

机の上に上がらなければ

手が届きません。

 

 

そんな不便な棚ですので

ほとんどみんなは利用しません。

 

 

なのに、ちゃんと目をつけて

すでに使っていたのは

我が家の次男(小3)。

 

 

彼の宝物や、

触れられたくないプラモデルが

その棚には置かれていました。

 

 

その棚に、木彫りのニワトリが

ちょこんと仲間入りしたわけです。

うまく同居していました。

 

 

テイストは

まったく合っていないけどね…。

 

 

さて、

GWの東京旅行から帰ってきて、

 

 

次男が飛行機内でもらった

おもちゃが仲間入り。

片手に乗る大きさで

空気で膨らませる飛行機。

せまい棚が、にぎやかになりました。

 

 

次男は、毎日毎日、

学校から帰って来ると

その棚から

プラモデルやおもちゃを

降ろして遊んでは、

また戻していました。

 

 

次男は机の上に上がり、

背伸びをしなければ

棚に手が届かないのに

 

 

あのめんどくさがり屋が

不思議にマメでした。

 

 

この頃からだったと思います。

私は、この木彫りのニワトリが

 

 

なぜでしょう。

 

 

気になるのですよね。

 

 

 

そして次男は、

不安定な姿勢で、

しかもあれだけ頻繁に

おもちゃを降ろして戻してを

繰り返すのに、

 

 

不思議なくらい

おもちゃや手が、うっかりニワトリに

触れたり当たったりすることが

ありませんでした。

 

 

さて、私のほうは、

東京から帰り、

豊川稲荷東京別院でのことを

ブログに書き始めました。

 

 

書いている途中で

ありえないようなことがひらめいたり

これとこれがつながるのか!という

驚きの展開になっていたり。

 

 

自分で書いていながら

自分が書いたんじゃないみたい

と思っていました。

 

 

そういえば、

弁天池で洗った500円玉を

知らずに集金袋に入れそうになったとき

「この500円玉、なんか入れたくない」

と躊躇したのは、

 

 

その木彫りのニワトリの棚の

真下での出来事でした。

 

 

 

 

もしや…

 

 

豊川稲荷東京別院の

眷属さんが、

 

 

この木彫りのニワトリに

 

 

やどっていたりする…?

 

 

と、思いました。

 

 

 

 

識子さんの本によると

まれにそういうことがあるそうです。

(『神様が教えてくれた金運のはなし』)

 

 

 

ま、まさかね…。

 

 

 

 

でも、やっぱり気になるので

念のため、棚のほこりを

きちんとふき取ったりして。

 

 

そして

「誰かさわったじゃろー!」

と次男に怒られたりして。

 

 

 

 

そしてある日のことです。

朝、次男が学校に行くしたくをすませ

さあ出発!というときになって

 

 

次男がめずらしくご機嫌で

(だいたい登校前はご機嫌ななめ)

その棚のほうを見上げるのです。

 

 

ちょうど、棚の真下でした。

 

 

「お母さん、オレの(おもちゃ)が

 落ちそうだから

 落ちないようにしといて。」

 

 

と言いました。

 

 

私が下から棚を見ても、

落ちそうになっているものは

何もないので

 

 

「?」

 

 

と思いながら、でも

机の上にあがって

棚をのぞいてみると

 

 

ああっ!

 

 

木彫りのニワトリの頭の上に

あのおもちゃの飛行機の尻尾が

のっかっているではありませんか!

 

 

とっさに

これはいかんっ!あせるあせる

と思い、

 

 

すぐに飛行機を退けました。

 

 

 

そのあと冷静に考えて、

これはやはり、

やどられている可能性が

高い…と思いました。

 

 

やどっていたら

頭の上に飛行機は

やっぱり不快でしょう。

 

 

まるで眷族さんの

「退けてほしい」という波動を、

次男がキャッチしたみたいな

出来事です。

 

 

 

 

 

聞いて…みる?

 

 

 

 

昼間に

私以外は誰もいないリビングで

おそるおそる聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

「やどっていますか?」

 

 

 

 

 

 

ビシーッ!

 

 

 

 

 

キッチンで、

私が愛用しているスツール(椅子)が

きしんで、ものすごい音をたてました。

私がブログを書くときに

いつも座っているヤツです。

 

 

びっくりです。

 

 

 

 

家がきしむ音は、たまに耳にします。

でも、スツールよ。スツール。

 

こういうの↓

誰も座ってないスツールが、

きしんでこんな大きな音をたてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いない。

 

 

 

やどってる!

 

 

 

あ、でも

信じるか信じないかは

あなたしだいです…。

 

 

 

 

 

 

ああ、

わざわざ来てくださったのなら

うれしいなあ。

 

 

 

眷属さんは、ご自分の意思で

しかるべきときに

お帰りになられるようです。

 

 

その日まで、

 

 

この不思議でめずらしいご縁を

楽しむことにしよう

と思いました。

 

 

そして

もしも楽しいことがあったら

ブログに書けたらいいなぁと

思います。

 

 

 

 

ところで、

これから私の生活、 

当たり前だけど…

 

 

眷属さんに、まる見えなのねあせるあせる

 

 

 

 


人気ブログランキング


にほんブログ村