312、2024年 5月20日 右肘君、一緒に頑張ろうな!
 

 5月15日(水)は右肘痛の診察予約日、予約時間は午前10時。病院まで

車で30分、予約と言えども待ち時間など、諸々を考えれば、家に帰れるのは

お昼前か? 

 水曜日は強練習の日になっているけど、練習はどうしようかなぁ・・・。
 

 

*迷う心の声
 
 「病院に行かなくちゃならないから、練習を休むのは仕方が無いよね」
 「否々、やろうと思えば、2~3時間ぐらいは練習できるよ」
 「右肘が痛いし、疲れも溜まっているから、休んだ方がいいよ」
 「否々、火曜日が軽練習だったから大丈夫だよ。いつもやってるでしょ」
 

 グダグダと迷う心に何かが焦れている。「やるべきだ!」


 アスリート魂だぎゃー。

 


 迷いは消えた。5月14日夜、15日の行動予定を考えた。病院の予約時間は

午前10時、9時に家を出れば余裕だ。早起きすれば、2時間は練習できる。

「よし!明日は4時起きだ」


 実は私、夜間頻尿なんです。いつも夜中に目が覚めるから・・・、思惑通

り午前3時45分に目が覚めた。気持ちはできている。迷うことなく、ベッド

を出て、いつものルーティン「神仏にお参り → 朝食 → 教室の掃除」。


 そして、午前5時46分練習開始。練習内容は強練習用のウォーミングアッ

プと筋トレ。種目練習は無しだ。午前8時5分練習終了。やり残した筋トレ

(約1時間)は病院から帰ってからやる!


 
 朝、はよーから(朝早くから)、よー頑張りゃーしたなも。

 


 整形の先生に内出血があったこと」「右肘内側に凹みがあること」を伝

えると、先生はエコーを使って右肘周辺を隈なく検査。「この辺り、肉離れ

してるようですね」
 肉離れが疑われる部分がいくつもある。結構悪いみたい・・・、でも、特

に治療することはないとのこと。筋繊維が上手く修復されるよう、練習を工

夫するしかないみたい。

 


 手術せんでもええで、よかったぎゃー。

 


 帰り道、気持ちが落ち込んでいる自分がいた。ケガにはあんなに注意して

いたのに・・・、俺、ボロボロじゃん・・・、ショックなのは、内出血の症

状が現れた時に痛みを感じなかったことだ。原因が肉離れであるなら、それ

なりの痛みがあってもいいのに・・・。


 70歳まであと1年8ヶ月、身体はこれまでとは次元が違う段階に入

ったのかなぁ・・・、今後、練習の向き合い方をどうすれば・・・、言いよ

うがない不安に意気消沈・・・、残りの筋トレ1時間はやめてしまった。

 


 みりゃー(未来)は未知、不安があって、あたりみゃー。やれることをや

るしかにゃーぎゃー。

 


 目指す未来は変えられない!右肘君、一緒に頑張ろ

うな! よろしく頼むよ。