ゴッドファーザー3(完)

テーマ:

こんばんは~~~


今日も寒い一日でした~

北海道の春はもう少し先ですかね~


ってなことで

今回は「ゴッドファーザー3」について紹介したいと思います。


あらすじは

1979年 のニューヨーク、ファミリーのドンとなったマイケル・コルレオーネは、

父の名を取った「ヴィトー・コルレオーネ財団」の名の下、

シシリー 復興のための資金」との名目で行った多額の寄付が功を奏して

バチカン より叙勲 され、同時にバチカン内の資金運営を掌るアメリカ人の

ギルディ大司教との関係を得る。

そして、それをきっかけとして違法なビジネスを長年行ってきた

一族の活動から引退を決意するとともに、合法ビジネスへの全面的な転換を試みる。

その後、寄付の窓口的役割を果たしたギルディ大司教と、

その関係者による横領による莫大な損失金の穴埋めと引き換えに、

バチカンと関係の深い、ヨーロッパ を中心に活動する投資会社

「インターナショナル・インモビリアーレ」の株を取得、

そして同社の経営権の奪取への後援を得ることで、合法ビジネスへの路線変更を試みる。

だが、マイケルの後継者はマイケルの息子のアンソニーではなかった。

アンソニーは、「優しい伯父」であったフレドの粛清がトラウマとなり、

一貫してファミリーとそのビジネスを嫌悪し、大学 を中退してオペラ 歌手 の道を進もうとしていたのだ。

その上、マイケルは甥っ子にあたる長兄ソニーの遺児ヴィンセントと、

マイケルのファミリーの違法ビジネスの大部分を引き継いだが、

旧来のファミリーからは低い評価しか受けていない新興ボスのジョーイ・ザザの対立を

和らげようとするものの、ヴィンセントの後見役となったマイケルと、ジョーイ・ザザの確執は悪化し、

カジノ ホテル のペントハウスで行われた友好ファミリーの幹部会の最中に、

ジョーイ・ザザの手下がヘリコプター を使い襲撃を行う。

マイケルとヴィンセントはからくも難を逃れたものの、

この襲撃により多くの友好ファミリーの幹部が暗殺されてしまう。

実はこの襲撃は、ジョーイ・ザザが単独で行ったわけではなく、

自らも深い利権関係を持つバチカンとの関係を深めていたマイケルの追い落としを狙った

ドン・アルトベッロの肝煎りで行われたものであった。

またこの頃、ドン・アルトベッロの友人でイタリア政界の大物、

かつ「インターナショナル・インモビリアーレ」の経営陣の1人で、

ギルディ大司教をはじめとするバチカン内にも強い影響力を持つドン・ルケージによって、

マイケルの「インターナショナル・インモビリアーレ」の経営権の奪取は激しい妨害を受けた上、

マイケルが投資した資金がギルディ大司教が資金運用を委託していた

アンブロシアーノ銀行 頭取 のフレデリック・カインジックに横領されてしまう。


さらにマイケルには、糖尿病 という病魔が忍び寄っていた。

病状は進行し、時には低血糖発作 により崩れ落ちてしまうという深刻な状態に陥ってしまう。

そこに加わる、過去幾度も犯した数々のおぞましい罪。

特に次兄フレドの粛清がマイケルの心を侵食し、想像を絶する罪悪感に苛まれ、苦しみ続ける。

しかし事態は一刻の猶予も許さなかった。マイケルの妹、コニーの支援を受けたヴィンセントは、

マイケルの承認を受けないまま、アトランティック・シティの襲撃の復讐とばかりに

ジョーイ・ザザを射殺してしまう。その後は、ドン・アルトベッロやドン・ルケージ、

さらに後に新法王となり、ギルディ大司教による汚職を一掃するなどバチカン内の改革を進めようとした、ランベルト枢機卿 をはじめとするバチカンを巻き込んだ全面戦争へと突入する。


というのがあらすじです

※ウィキからです


感想としては

年老いた主人公が家族を見つめなおし

家庭の再生を考え、また組織のこれからに

ついて奮闘する姿がかっこよかったです。


また家族で地方に行った時も

妻が車で出かける際に、わざと運転手の服装をして

一緒に市街を散歩しながら昔話をしたりで

ほのぼのしましたね~


そしてラストシーンの手前で娘が撃たれて死にます。

そこでは妻が泣き叫んだり、周りが

ざわめいたりする中で

主人公も肩を撃たれて、周りの部下が主人公の

体を支えているのですが

その時の主人公が叫んでいるのですが

愛娘を失ったショックから叫んでいるのですが

なかなか声が出ず、

最後に「うわぁーーーーーー!!!」っと

大きな声で叫ぶシーンがとても、絶望感とかを

表しており、胸を打たれました。


そしてラストシーンでは

マフィアを引退して

父親の故郷であり、昔、本人も過ごした地で

椅子に座りながら、太陽の陽を浴びながら

昔の思い出を思い出しながら

椅子から崩れ落ちて死ぬシーンは

虚しさや焦燥感が漂いましたね。

私の中ではシリーズの中で一番好きなシーンかもしれません。

崩れ落ちるシーンが、

「あぁ、この話もこれで終わるんだなー」って感じの

感動的なシーンです。


まぁ百聞は一見にしかずなので

みなさんも機会があったらぜひ、観てください(^-^)/



ちなみにこれが

年老いた主人公で、若いのが

兄の息子で新たなゴッドファーザーです!!


ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]/パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥2,625
Amazon.co.jp

こんばんは~~~


ついに今日で「ウォーキング・デッドVol.3」を

観終わりましたぁ~~~~

普通にあっという間でした音譜

これで、とりあえずシーズン1を観終わりましたべーっだ!


Vol.3(5~6話)のストーリーとしては

前の話で、キャンプ場が襲撃され、

ゾンビを撃退しましたが、数人が犠牲になって

しましまったので、

犠牲になった人を埋葬する所から話が始まります。

そのなかで今日が誕生日だったはずの

妹を前日の襲撃で亡くしてしまった姉が

心神喪失に近い状態となり、ゾンビ化する恐れがある妹の死体から

離れようとしないので、早く処理をしたい仲間としては、説得をしてみるものの、

銃口を向けてきたりで、なかなか思うようにいきません・・・・・あせる

ただ時間が経過するだけで、

姉は妹の死体から離れず、ついに妹がゾンビ化するのですが、

姉が泣きながらゾンビ化した妹にヘッドショット決めます。

ちなみに↓これがそのシーンです


そして遺体の埋葬中に仲間が実は噛まれていたことが発覚!!

        ↑

「何ともない」って行ってますけど、普通にアウトですよね

まぁそこで、噛まれた仲間を殺すか否かについて揉めます・・・・

そこで主人公が最終的に言ったことが

「俺達はゾンビを殺すが、人は殺さない!!」

ゾンビ映画?においては名言ですねwwww


感染した仲間を治療する為に、

疾病センターを目指すことになるのですが、

都市部の方に行くことになるのでゾンビに遭遇率が上がります。

なので1つの家族が危険性を考え、

親戚が居る、違う地域を目指すと言い、お別れすることに!


別れた後は疾病センターに向かうのですが、

感染した仲間の症状が重くなるのと本人の

意見を尊重して道中で置き去りにします。

ここはここで良いシーンだったと思います。


疾病センターに難無く到着した後は

一人だけ、生存者が居たので施設に入れてもらい

現状とかを聞きます。

生存者の博士曰く、他の施設とも連絡が取れないし、

ゾンビ化の原因がよくわかってないそうです・・・・

博士は一人で、ゾンビの研究をしてた偉い人なのですw


まぁ施設の中は安全なので、シャワー浴びてのワイン飲んでの

食事しての、ベッドで寝てのって感じだったんですけど

次の日に博士からのサプライズが~~~~~~音譜

その内容は

「ウイルスなどが外へ出ないようにする為に施設の電源が切れたら

 施設は爆破されます!!しかも超高温なので一瞬で死ねます!!」

1泊したら まさかの施設が爆破とか

つかの間の休息ですよね 笑


というサプライズがあり、博士に施設に閉じ込められての

説得して、解放してもらい逃げるのですが、

その際に博士と今まで一緒に頑張ってきた仲間が

自殺志願とかで、時間がないのに揉めます。

まぁ結局、1人だけ説得に成功して脱出したのですが

次回の予告編では、説得され助かった女の人が

「私はあの時に死にたかったのよ!!」と

言っているシーンがあり、

説得されて納得したからじゃねぇのかよ!!笑

っと一人で予告編にツッコんでしまいましたw


まぁそんな感じで施設が自爆し、避難して今作は

終了でしたね。


感想としては、ゾンビのシーンが少ないですね~

パニックシーンとかは所々あるのですが、

やっぱりメインは人間関係や心情とかの

ヒューマンの部分が多いですね~

根っからのアクション好きには少し退屈なドラマかも

しれませんが、まぁまぁのテンポで話が進むので

グダグダ感は、今のところありません。

そして、このドラマの私が最も感心している所は

ゾンビのクオリティの高さですね~~~

皮膚の剥がれ具合とか腐敗の感じが

気持ち悪さを出しており、ゾンビに対する

愛が感じられます!!


では、今回はこんな感じで~~~~

さいなら~~~~


ウォーキング・デッド DVD-BOX/角川書店
¥10,260
Amazon.co.jp

ゴッドファーザー2

テーマ:

こんばんは~~~~


今日はゴッドファーザー2を観ましたよ~~

200分はさすがに長かったですけどね 笑


では今日も映画の紹介をしたいと思います!!


「ゴッドファーザー2」ですね

2枚ディスクで、しかもゲオで借りてきたので

若干、傷があり、少し不具合がありましたけど

どうにか見ることができました^^


あらすじとしては

前作でボスの座についた主人公の、その後の話と

若かりし頃の父親の現在と過去が

交互に流れます。


では、まずは父親(ピトー)の生い立ちから話します


ピトーは幼少期、田舎の方に住んでいましたが、

そこの町のマフィアにピトーの父親が逆らったらしく、

殺されてしまい、復讐を誓った兄も

父親の葬儀中に殺されます

母親は泣き崩れ、ある決心をします

それは、自分の夫と息子を殺したマフィアのボスに

直接会いに行き、「ピトーだけは殺さないでください!!」

っと言い、交渉しますが

失敗に終わり、母親はナイフでボスを脅して

どうにか息子を守ろうとしますが失敗し、

ピトーの目の前で殺されてしまいます。

そこでピトーは逃げ、知り合いの協力もあり、

アメリカへ逃亡します。


それから数年後、結婚し子供も居る生活になりましたが、

また住んでたところで、マフィアに絡まれての、

お金を払うぐらいなら殺してしまえーーー

ってな感じで躊躇なく射殺!!

初めての殺しとは思えないぐらい鮮やか!!

そして仲間とマフィアの組織を作り上げ、

組織を強くしていきました。

そんでもって幼き日の復讐も忘れずに、

故郷に戻り、家族を殺した年老いたマフィアに

ナイフで刺し殺して復讐完了!!


そんな感じで過去篇は終わりですね~~~

ちなみに若かりし頃の父親(ピトー)はこんな感じです

       ↓  ロバート・デ・ニーロ若っっ!!!!

    


そしてマフィアになりたての頃からの

[vito_1.jpg]

そして現在(※一作目に心臓疾患で死去!!)

        ↓


そして現在の話では、

父親の座を継いだ主人公の話です。

勢力が拡大した一方で、

仲間の裏切りや、仲間に対しての粛清(抹殺)や

出張が続き、もはや家庭が崩壊寸前でした


しかも、夜に寝室を襲撃されたショックで

妻が3人目の子を流産したと報告されていたのですが

実は自分で中絶していたというブラックな話で

家庭が崩壊し、まぁ妻も可哀想ですが、

一番辛いのは、息子と娘ですよね~~~

結局、妻とは別居中になってしますという有り様・・・・・・


その一方で、自分を殺そうとしている黒幕に

暗殺者を送り込んだのですが、失敗し、

色々と面倒に巻き込まれるは、

自分の兄も、そそのかされて自分を敵に売ったしで

人間不信からの疑心暗鬼・・・・・

そんでもって、黒幕を空港で刺客を使い堂々と暗殺!!

まぁ結局は、幼いころより、親しくしてた

組織の古株のおじいちゃんを自殺させ、

釣りに行った兄を殺しで、

組織の為に非情になりすぎた挙句、

後には何も残らず、昔の楽しかった記憶を思い出しながら

虚しい表情をしている主人公・・・・・・


ってな感じでゴッドファーザー2は終了です!!


まぁ組織のボスとして、

頑張りすぎて冷酷になっていき、

自分の兄まで殺さないといけないとはね~

なんか、最後の方は虚しかったですね~~~

ここまで頑張ってきて、後ろを振り返ると

ほとんど、昔の仲間がいない・・・・・

ましてや、仲の良かった妻とは別居。

息子たちの反応も自分に対しては

一線ある感じがして泣けますねー

子供の立場としても親の立場としても複雑ですね


けど内容はやっぱり名作です!!

1974年に公開された映画ですけど

画質はもちろん、現代に比べると落ちますが

ストーリーや演技などなどは

画質を消し去るので、画質の粗さは関係ないですね!!

まぁそんな映画好きな素人の感想でした 笑


ちなみに「ゴッドファーザー」はマフィア映画なので

銃撃戦とかが、メインだと思っている方も

居ると思いますが、銃撃戦のシーンは少ないですねー

むしろ絞殺が多いんではないかと思います 笑

ゴッドファーザー PartII <デジタル・リストア版> [DVD]/パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥2,625
Amazon.co.jp