た暑い日がやって来る。
年々ひどくなる蒸し返す様な暑さを
人はよくぞ乗りきってきたなと感心する。
雨が降れば降るで節操のない土砂降り。
日本のいたるところで
被害をもたらす異常気象に
私達はなすすべもない。



る日、私は深夜出勤の為
エアコンも入れず誰よりも先に就寝した。
アイス枕にタオルを巻いて
深い睡眠を誘うのが
眠りの為のルーティン。
ところがその夜、
1匹の吸血鬼によって小1時間程、
眠りを阻まれてしまった。


ヤツはしたたかに夜間飛行を続けたが
私は眠たさと闘いながら最後の覚悟を決めた。
たっぷり私の血を吸わせ
平手で潰す捨て身の作戦。
一度目は失敗に終わったが
確かな痒みが私の左腕に訪れた二度目は
静かに固く拳を握りしめた。
握った拳のせいで
ヤツの針は皮膚から抜けなった所を
右の平手で、すかさず一撃を加えた。
ヤツの羽音はそれ以来消えてしまったが
朝、目覚ましで起きた私の左腕には
乾いた血の固まりとエジプトの壁画の様に
横を向いたヤツの姿が
くっきりと私の腕に付いていた。
してやったり!
題して吸わせ上手。
でも、ちょっとだけかいーの!