結婚式余興芸人 へらちょんぺ オフィシャルブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-23 13:38:08

新ネタ 頭からパンツをはく

テーマ:ブログ

おはようございます。

平行世界の人気芸人

演芸原理主義者のパンツ職人

へらちょんぺです。

 

パンツ職人「頭からパンツをはく」

 

Youtube動画公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=hf325sazPw4

 

これはできるようになるまで

なかなかの苦労がありました。

最初から頭からはけたわけではなく、

はじめて練習したのは日誌によると今年の1月24日。

この時はまだ、上半身からパンツをはくことができるかがテーマだった。

 

人形を買ってきて、できるかを研究。

 

1月26日理論上可能になり、

ほどなくそれは肩からパンツをはく形でできるようになった。

 

肩からパンツをはくでも俺的視点では「ヘー」的効果はあると思う。

 

ならば頭からのほうが絵的にいい。

お客さんにも分かりやすいと思い、

ならば一時期鈴木亮平さん主演の「変態仮面」という映画があり、あの形から入るともっといい。

斉藤由貴さんの不倫相手もあの形でパンツを被っていたから、

その話題を振れば舞台でちょっとした笑いをとりながらスタートできるんじゃないかなと思って練習し、これは2月16日にできるようになったと日誌にある。

 

芸はそこでできた。

次に準備として、人との雑談中にさらなるリサーチをすることにした。

 

人に「最近どうですか?」と聞かれた時「最近は頭からパンツを履けるようになりました」と答える。

 

「頭からパンツをはく」という言葉だけで相手は反応するのか?笑いはあるのか?をリサーチ。

 

それもあったので、いよいよどこかで実際に試そう、頭からパンツをはこうということになった。

 

ちょうど以前よんでいただいた方のお花見に今年もどうですか?と言っていただいていたのでそこでやってみることにした。

 

「いつもよんでいただきありがとうございます。昨年は一瞬で服を脱ぎました。今年はちょっと珍しいところで頭からパンツを履いてみたいと思います。」

ここで「そんなことできるのか」的反応があるのはリサーチどおりである。

 

でこの場合、あとスムーズに出来れば、できたということでそれなりの拍手笑いが来るのは問題ないところだ。

 

でもこの時は問題ないところだ、どまりだったんだよね。

問題がないだけで

なんか芸に驚きがない感じだったんだよ!!

スムーズにできることを優先し、立ったままの形でやったのがダメでございました。

どこか守りに入ったのがダメ。

自分が納得いかない。

 

で、また形をいろいろ変えてためしてみて、「あれ?ちょっと良いな」と思えたのが今のクラウチングスタイルではくことだったんだ。

映像を見ていただきたいのですがなんか一瞬ではけたように見える。

https://www.youtube.com/watch?v=hf325sazPw4

 

 

 

 

クラウチングスタイルにかえて

人前でやってみよう。

 

毎年よんでいただいている

栃木の呑龍寺花まつりで初披露させていただきました。

 

もちろんやる前不安だったのだが、「問題ない」を超える反応を得ることができてパンツインパンツ(これも新ネタまたユーチューブアップします)につなげることができた。

改めて芸はケレンが必要だと感じました。

 

こういった感じで

なかなかの苦労の末できた「頭からパンツをはく」です。

ぜひご覧ください

 

 

 

日々精進。

今日より明日少しよくなるように。

 

演芸オタクのパンツ職人でした。

 

 

パンツ職人ユーチューブ

http://www.youtube.com/gatu1matu/

パンツ職人ツイッター

https://twitter.com/engeibakasougo

 

#パンツ職人 #HENTAI #へらちょんぺ #早脱ぎ #早脱ぎ世界1 #密室芸 #余興 #忘年会 #お笑い芸人 #お笑い

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース