社会問題に「お金の専門家」として取り組もう!福祉の分野でも活動するFP・石川智のブログ

社会問題に「お金の専門家」として取り組もう!福祉の分野でも活動するFP・石川智のブログ

誰もが「豊かに暮らせる」ように、お金の専門家であるファインシャルプランナー石川智が、様々な切り口からお話します。
発達害者支援や生活困窮者支援にも取り組んでいる、福祉FP石川智の現場の声をお届けしたいと思います。

高知新聞に私のインタビュー記事が掲載されました


ようこそお越しくださいました。


私は、高知県香美市でファイナンシャルプランナーとして活動しています。


最近では、知的・発達障がい者の人とご家族のライフプラン相談もしています。

障がいのある人とご家族のライフプランを考える会


皆さんが、お金の心配や不安から開放されるよう、


全力で取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


なお、オフィス石川のHPはこちらです。




テーマ:

こんにちは、石川です。

 

私は生活困窮者自立支援事業の家計改善事業などの研修会で講師を務めることがあります。

 

また、障害者支援や引きこもり支援の相談員さん対象の勉強会で喋ることもあります。

 

そんなときによく口にすることの一つに「支援者目線にだけにならないように」があります。

 

この教訓の意味は「支援者目線しか持ち合わせていないと、相談者の悩みには寄り添えないですよ」という当たり前のことなんです。

 

福祉の現場ではなく、様々な現場でも当てはまる、いわば「普遍的な教訓」だと思いますが、最近はその想いをより強く噛みしめています。

 

私はいま「引きこもり者や障害者が自立を目指す最初の一歩を踏み出せる」機会を提供できるようなNPOの設立を考えています。

 

カッコつけて「考えています」と言ったものの、実はこの計画は1年以上前からあり、そこから停滞しているとも言えるのです。

 

お恥ずかしいことです。。。

 

企画書を書いて、協力してくれる人、つまり会員さんや役員さんを探すことしか、この企画が進まないのはなぜなんだろうと、ふと考えていたのですが、そこで思ったのは

 

結局は、私たち支援者は、そんなに困っていないから

 

進まないのではないか、と思い至りました。

 

このNPOの取り組み事項の一つに「就労のファーストステップの提供」があります。

 

この事業は「就労したいのに、大きなステップを踏み出すことが難しい人に、小さなステップ(スモールステップ)の機会を提供する」こととしています。

 

しかし、ここ一年間、NPO設立への環境整備ばかりに気を取られてしまい、こうしたニーズへ全く対応できていないのです。

 

この事業を考えた時は「具体的なケースや人」を想定して、つまり、実際の声を拾い上げて、その声に(その人に)応えるために考えました。

 

それがどうでしょう、まだ一ミリも前進していないのです。

 

なぜなら、私や役員がその当事者ではないからです。つまり就労のファーストステップを踏みたいと思っているような当事者ではないからではないでしょうか?

 

支援者は健常者であり、有職者であり、それ相応の年収があり、自立できているから、必死さが足りないのでは?

 

当事者や、その保護者がNPOなどを立ち上げて、自らの課題に取り組むケースと比べてみると、私たちはその熱意がそのま推進力や動力となっていないのだと猛省しています。

 

お恥ずかしいと書いたのは、支援者目線だけにならないようにと言っているのに、私自身がその理念を体現できていないことがあるという事実からなんです。

 

支援者目線であることに囚われないという立ち位置にたつことは、それぐらい難しいことであります。

 

だからこそ、当事者参加型の事業を展開しないといけないし、その人たちをいい意味で「巻き込む」ことができないと、絵に描いた餅を作り続けることになるでしょう。

 

耳が痛いだけでなく、心も痛いと感じています。

 

今後はこのNPOに当事者の仲間に参画してもらい、脱支援者目線を目指したいと決意しました。

 

皆さんは、いかがでしょうか?

 

ではまたお会いしましょう!

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス