HELLO Roomies !!!

 

よく、日本語と英語は発音も文章構造も違うので、

日本語ネイティブにとって、習得はとても難しい…と、言うのはよく聞く話ですね。

 


検索エンジンで、日本語 英語 違いなどと検索するとたくさん記事が出てきます。

文法構造や発音のことなど、確かに事実です。

私も個別での英語相談などをうける時はそうお伝えしています。

 


Roomiesの皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、

 

日本人が高校生まで学校に通って英語の授業を受けていたとして。

実際に英語で簡単な意思を伝えコミュニケーションをとれるようになるには

そこからおおよそ10001500時間くらいは、意識的な学習時間を取ることが必要。

もしこれをxx年間で達成するとしたら毎日yy時間弱の勉強が必要です。

 

みたいな感じの説明をしたりもします。


 日本人が絶対的な英語摂取量が少ないのは事実だと思いますので

こういうインパクトある数字を提示するのは大事なことと思います

危機感や焦燥感も、大事な感情ですものね~。

 


一方で、このように「違い」をアピールすることで

学習者の中で「難しそうだな…」というイメージを、

言葉にしなくとも助長してしまう恐れがあるんですよね。

 


でも、実は、英語と日本語に、共通事項もたくさんあるんです。

英語と日本語、というより、もっと大きな世界中の言語に共通した傾向がみられる事項もあるんですね~。

 


例えば、文法ルールとは普遍的なものではなく、変化し続けるもの、といったことや

=文法って、ガチガチに考えすぎる必要はないんだ~!)

人間の聴覚が感知しやすい音というのがあり、そのような発音はどの言語にも共通して使われている、

=他の言語と比べたら、日本語と英語の発音が違うとはいえ、なんとかなりそうなレベルに思える!)

と、いうことだったりするのです。

 

 

英語学習の旅は、長~~く楽しめるものです。

緩められる意識は、緩めましょう(笑)

自分でその締め具合がよく分からない場合は、先生に聞いたり、英語学習仲間をみつけて

いろんな価値観に触れ、その中で自分の心地よさと、いい意味でのおしりペンペンを探してください。

大人になってからの学びって、ほんとうに贅沢です(^^)

 

 

そんなわけで、皆様、よい週末を!

私は横浜でライヴがあり、どーんと歌ってきます(^3^)

ちなみに洋楽WSは作成した資料がどえらい量になり、

いま頑張って削って削って大切な部分を取り出しています(笑)




参加者の皆様、そして今回は参加できないけれども応援メッセージ下さった方、

いつもいつもありがとうございます。

想いはいつもめぐってめぐって、目の前にいろんな形であらわれてくれるんですね〜(^^)

 

 

 

 ***

 

【満員御礼】洋楽を楽しく歌うための発音ワークショップ♪
 ~Bruno Marsの"Marry You"で脱カタカナ英語の第一歩~

【日時・場所】
2018年10月28日(日) @ 日本橋ダイニングバー珊瑚堂 (音楽のよろず部屋)
受付開始 13:00 ワークショップタイム 13:30-15:00
参加費:2500円

詳細ページ
https://resast.jp/events/NjhiMTBlOGU3N/

 

会場は、こんなかんじでーす!