ご報告が少し遅くなってしまいましたが、9月22日にハートストレングスの活動の一環として定期的に開催している
「兄弟自死遺族わかちあいの会・テルテルの会」
を開催しました。

今回、ご参加いただいた方から感想をいただきましたので、ブログでもご紹介させていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月22日にテルテルの会に初めて参加したカモミールといいます。
(会では本名を出してますが、ブログでは控えたいので別名にしてます)

簡単に自己紹介とテルテルの会に参加するようになったきっかけと感想を書きます。

こうした遺族の会に参加しようか迷っている方の参考にもなれたらと思い、今回感想を書かせていただいています。


* 自己紹介と参加したきっかけ

私(30代前半、男性)は2017年3月に姉を自死で亡くしました。

悲しさ、悔しさ、怒り、行き場のない言葉に表せない複雑な感情を経験しました。

この悲しみをどう受け止めて、悲しみとともに生きていったらいいのだろう
と思うようになり、遺族の会などを色々と調べる中で「テルテルの会」 を見つけました。

遺族の会が主催する分かち合いは色々あるけど、
「兄弟姉妹」を自死で亡くした方を対象とした会というのは見たことがなかったので気になり、機会が合えば参加してみたいと思いました。

そのようなきっかけがあり、9月22日に参加しました。


* 参加しての感想

以下は、私個人が感じた感想であり、他の会を批判や比較をしているのではないことをご理解してください。

それぞれの会に特徴があるということを私自身が感じたので、それを私の言葉で表現することで同じように場所を探している方の参考になってほしいと思っています。


1. 「兄弟姉妹」と限定しているからより話せることがある

「自死遺族」といっても、
子どもを亡くされた方
親を亡くされた方
兄弟姉妹を亡くされた方
配偶者、親戚、友人、恋人、、、、
など様々な方がいます。

「兄弟姉妹」と限定をしているからより話しやすいこともあります。
他の遺族の方で、子どもを亡くされたお父さんお母さんの前では自分の姿がお子さんの姿と重なってしまうこともあるのだろうと思うと、
使う言葉や話す内容に気を使ってしまい、話し出しづらくなることもあります。
そのため「兄弟姉妹」と限定されていれば、気を使わず話せることや共感できることもあります。


2. 会の雰囲気が自由

9月22日の会の参加者は、
代表の岡田さん、副代表の小日向さん、
参加者5人(男性2人、女性3人)の計7人でした。
そのうち初参加が3人(男性2人、女性1人)でした。


会の代表をされている岡田さんの人柄もあるのかと思うのですが、雰囲気が自由です。
自死遺族の会なので、話の内容はもちろん重いものではありますが、自己紹介が終わった後は雑談も交えながら会は進み、お茶会のような雰囲気で肩の力を抜いて参加することができました。

いくつか分かち合いの会には参加したことはありましたが、分かち合いで話しながら笑ったりすることはありませんでした。
笑い話をする場所ではもちろんないですが、雑談をして、互いにやっていることとか、仕事の話とかもしました。
そういう話が場の雰囲気を和やかにしてくれたのもあるかもしれません。

岡田さんも小日向さんもオープンな方で、分け隔てなく接してくださる姿は印象的でした。


3. 普段話せないことを話せる、自分は一人ではない

これは分かち合いの会全般に当てはまることだと思います。

自死に関しては普段会話に出すことは難しいと思います。
特に近隣の知り合い、会社、友人であるほど打ち明けられない人も多いと思います。
また家族同士だとあまり深い部分まで互いの思っていることを話し合うことが難しいかもしれません。

そうしたことをこういう場で話せるのは分かち合いの大きな役割だと私は感じてます。

普段話したくても話せない、話しても誰も分かってくれないだろうという思いになることもありますが、こうした場に参加することで、自分は一人ではないというも感じられます。


以上になります。

分かち合いの会には何度か参加したことがありますが、参加するまではとても緊張します。
特に初参加だとなおさら緊張は高まります。
また、参加したから何か答えをもらえるわけでもないし、何かが解決されるということはないです。
でも、様々な方と出会うことで自分自身を見つめる機会になるし、時には悲しい気持ちが強くなることもありますが、自死した姉がどれだけ大切な人だったのかも感じて、愛しい思いにもなります。

参加してみようかなと思った時には一歩足を踏み出してみるといいかもしれません。

テルテルの会に参加できてよかったと思いました。
ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カモミールさん、このたびはご参加いただきましてありがとうございました。
皆さん、すごく重いものを背負いながら、それでも
「哀しみと共にいきていく」
という選択をされたのですよね。
そんなみんなの想い・思い・感情が伝わる時間でした。

これからも、テルテルの会は続けていきたいと思っています。
現在、ご当地アイドルとして活動されていた女の子が自死されたニュースが大きく取り上げられていますが、彼女にも19歳のお姉さまがい

らっしゃいますよね。

東京から離れたところにお住まいですが、何等かのきっかけで「テルテルの会」のことを知っていただけたらなぁと思います。

 

☆お知らせ☆

空が高くなり、晴れた日は風が気持ちよい季節になりましたね。

ハートストレングスでは今年もお散歩の会を開催することが決定しました。

開催日は12月1日(土)となります。

お散歩する場所は、世田谷区の九品仏周辺となります。

こちらは紅葉がとても素敵な場所で、また都内ですので気軽にご参加いただけると思います。

時間や集合場所などの詳細は、近日中にハートストレングスのHPでアップしますので、よろしくお願いいたします。

ハートストレングスHP(リニューアルしました)→

ハートストレングスTwitter(即時にお知らせしたいことはこちらにつぶやいています)@heartstrengthj