コントロールする事とは

テーマ:

アクセス頂き、ありがとうございますラブラブ

昨日のブログの最後の質問に、コメント欄でお答え下さった皆さん!

ありがとうございましたラブラブ

お一人お一人のお気持ちを、しっかりと受け止めて、返信させて頂きたいと思います。

そして、ブログを読んで下さって、自問自答された皆さん!

質問の答えは、子育ての上で、とても大切な事だと考えています。

どうかしっかりとご自分のお気持ちと向き合って、じっくりと考えてみて下さい。


不登校のお子さんをお持ちのお母さん達が、一番傷ついてしまうのが、この【正論】なのではないかと感じています。

なんか、私の現在進行形のように書いてしまったので、皆さんには物凄くご心配をおかけしてしまい・・・アセアセ

申し訳ありませんm(_ _)m

ついついこの部分には、熱く熱く語ってしまう私がいるようです。

だから、まるで今私がボロボロになっているかのように書き込んでしまいましたアセアセ

今は大丈夫なのですが、弱っている時には未だにこの【正論】で苦しくなってしまいます。

実は、息子が不登校になったあの日から、沢山沢山【正論】に傷ついてきた私が存在してるんですよねぇえーん

だからこそ、皆さんに熱く熱くお伝えしたかったんだと思います。


でも、一番伝えたかったことは、最後の質問の部分。

『子どもをコントロールする事の怖さと危うさ。』です。

そして、『親の言うことをよく聞く子どもが、『良い子』であるかのような定義!!

 

その『良い子』を育てられた親が、『良い親』であるかのような定義!!

これを、しっかりと考えて頂きたかったのです。


私が普通の子育てをしていたならば、親の言うことをよく聞く子どもの事を『良い子』だと思い込んでいたと思います。

でも、子ども達が不登校になったからこそ、『良い子』の定義に疑問を覚え、子どもをコントロールする事の怖さと危うさに気付き、親の在り方について考える事ができました。

自分の人生を、自分の足で、自分のスピードで、責任を持って歩んでいくことの大切さ!!

その為に必要な、沢山の『体験』や『経験』や『失敗』!!

親は子どもが失敗しないように、困らないように助けるのではなくて、

安心して失敗して学べる環境を作る事!!

子ども達が、失敗から学ぶ力を持っている事、

そして、立ち直る力を持っている事を、

信じて見守る!!

そして、その覚悟を持つ事!!


それが、お子さんの【自立】に繋がると、私は感じています。

そして、自分自身の【自立】にも繋がると思うのです。

 

そんな大切な事を気付かせてくれたのが、子ども達の不登校でした。
 


正論を語る人達にわかってもらうことは難しいのかもしれませんが、あなたの苦しみを自分の事のように思って、寄り添ってくれる仲間がいるという事を、どうか忘れないで下さいラブラブ


【正論】が傷付くという事を知っているあなたは、本当に優しい人なのだと思います。

【正論】が真に正しいのかどうかはわかりません。

それは、人それぞれの常識の枠内での価値判断や評価だと思うから。

ただ一つ言えることは、あなたはあなたで一生懸命子育てをしてこられたという事!!

お子さんが不登校になったからと言って、子育てが失敗した訳では無いという事!!

お子さんが不登校になったからこそ、気付けた事や学んだ事が沢山あって、出会った人達が沢山いるんじゃないのかなラブラブ

 

私達にとって『未知の世界』を歩んでいく子ども達に、ワクワクした気持ちを持って見守っていける特典がついている事も、頭の片隅においといて下さいね音譜

 

・・・と、自分に言ってみたてへぺろ


私自身は、子ども達の不登校のお陰で、かなり生きやすくなりました。

まだまだ現在進行形で、戸惑いもあるし、ザワザワするし、モヤモヤするけれど、

今の自分の事を大好きでいられるのは、子ども達の不登校のおかげかな!?
 


ご縁ある仲間【心友】との出会いが、私の宝物であり、子ども達からの大きな大きなプレゼントだと感じている今日この頃ですラブラブ