現在確定している

出張撮影のスケジュールと

地域をお知らせします。

お声がけいただければ、

その地域での出張料が

お安くなります。

 

その地域近郊への移動や

日程の延長もできますので

お気軽にご相談ください。

掲載されていない地域・日程も

もちろん全国出張いたします!

 

【出張撮影スケジュール&地域】
 

1月

・5(水):都内

・6(木)、7(金):静岡県伊東市

・8(土)、9(日):和歌山県

・17(月):静岡県伊東市

・22(土):神奈川県大和市

・29(土):神奈川県大和市

・25(火):静岡県伊東市

 

その他の地域への移動や日程の延長もできますので、お気軽にご相談ください。

https://ken-machino.jp/

 

【撮影料金】

※東京・神奈川・静岡東部は出張料無料です!

 

①プロフィール写真・ビジネス写真(仕事風景・店舗写真など)
・データ10枚:17,000円
・データ20枚:20,000円
・全データ(50~100枚程度):28,000円
 
②家族写真(プライベート・七五三・お宮参りなど)
・データ20枚:15,000円
・全データ(50~100枚程度):20,000円
その他詳しいことやお問い合わせは
下記のホームページからどうぞ!
 
 
▼フォトグラファー町野健の予定はこちらから▼
 
▼LINE公式アカウント▼
友だち追加
お得な情報やダウンロード可能な季節の写真をお届けします!
こちらからもお問い合わせできます。
 
▼ホームページ▼
 
▼Facebook▼
 
 

◆プロフィール写真・お仕事風景◆

 

◆家族写真・ファミリーフォト◆

 

◆イベント・店舗撮影◆

2022年から

全国出張料無料のサービスは終了し、

出張料無料の範囲は

・東京都

・神奈川県

・静岡(東部:静岡市から東側)

となります。(離島を除く)

 

それ以外の地域は

実費の交通費を頂戴する形になります。

 

遠方でご検討いただいている方には

ご迷惑をおかけしますが、

ご了承いただければと思います。

 

ただ、例えば大阪や福岡などの都市部には

定期的に出向きたいと思っているので、

日程を設定して、出張料無しの撮影会や

出張撮影を行おうかなと考えています。

 

その時はまた改めて告知いたしますので

ご検討いただけますと幸いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

気が付けば大晦日ですね。

今年、ご利用いただいた皆さま、

撮影をご検討いただいた皆さま、

全然更新してない当ブログを

変わらず読んでくださった皆さま、

本当にありがとうございました。

 

また来年も変わらずに

お付き合いいただけたら嬉しいです。
(なるべく更新できるようにガンバリマス・・・)

どうぞ、よいお年をお迎えください。

 

 

 

▼フォトグラファー町野健の予定はこちらから▼
 
▼LINE公式アカウント▼
友だち追加
お得な情報やダウンロード可能な季節の写真をお届けします!
こちらからもお問い合わせできます。
 
▼ホームページ▼
 
▼Facebook▼
 
◆プロフィール写真・お仕事風景◆

 

◆家族写真・ファミリーフォト◆

 

◆イベント・店舗撮影◆

 

少し前ですが、

わんこと飼い主さんの

写真を撮影させていただきました。

 

 

 

 

 

遊んだり散歩している自然な姿を

写真に残すのって良いですよね。

 

 

 

 

 

カメラ目線バッチリわんこ。

 

 

 

 

 

フライングわんこ。

 

 

 

革ジャンわんこ。

 

余談なんですけど、この写真を見て

自分も革ジャンが欲しくなって買いましたw

 

 

 

前脚ピーンが可愛いw

 

私も愛犬と撮って欲しい!という方は

お気軽にお問い合わせください!

 

 

▼フォトグラファー町野健の予定はこちらから▼
 
▼LINE公式アカウント▼
友だち追加
お得な情報やダウンロード可能な季節の写真をお届けします!
こちらからもお問い合わせできます。
 
▼ホームページ▼
 
▼Facebook▼
 
 

◆プロフィール写真・お仕事風景◆

 

◆家族写真・ファミリーフォト◆

 

◆イベント・店舗撮影◆

 

先日、下呂温泉で有名な

下呂市で撮影があったので、

どこかスナップ写真が

撮れるところがないか調べたところ、

下呂市金山町で

“筋骨めぐり”なるものができるとのことで、

ちょっと寄ってきました。

 

筋骨とは飛騨地方の呼び名で

細い路地が迷路のように

絡み合っていることを言うようです。

 

 

 

 

 

なんとなく懐かしさを

感じるような場所なのですが

一つ路地を入り進んでいくと・・・

 

 

 

 

 

 

 

ここ路地だよね?
入って良いんだよね?

と思っちゃうほど

雰囲気ありまくりの路地が続きます。

 

ガイドマップに観光地として

紹介されている場所なので

歩くのは問題なく、

住人の方とすれ違うと

挨拶もしてくださいます。

 

 

 

 

 

 

 

大興奮でシャッター切りまくってましたw

 

 

 

人の気配を感じる民家もあれば、

廃墟と化している民家もありました。

 

 

 

 

 

表の道は旅人や荷駄を積んだ馬、

路地裏は住人、と使い分けた結果

このように発達した歴史があるようです。

 

また、数軒の家で

一つの屋根を共有するという

苦しい生活の中の知恵みたいのも

あったみたいですね。

 

詳しいことはこちらからどうぞ↓

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_359/

 

 

 

 

 

ガイドマップに

“ハウルの動く城”と

紹介されているスポット。

 

確かにそれっぽい。

それにしてもすごい構造・・・。

 

 

 

今は利用されていない

銭湯もありました。

ここも開放されているので

自由に見学できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

空の牛乳瓶が良い感じ。

 

 

 

昭和59年の貼り紙。

自分が2歳の頃ですね・・・。

 

 

 

 

 

当然古びているものの

綺麗に残っているなぁという印象。

 

 

 

 

 

 

 

銭湯を後にして、

非日常からに日常に戻れそうな

階段に辿り着きました。

 

 

 

観光地化されているとはいえ

知る人ぞ知るスポットという印象でした。

非日常を味わいたい方には

とてもオススメです。

 

今回は単独でサラッと回りましたが

ガイドさんも付けられるようなので

またいつか筋骨めぐりしてみようと思います。

 

 

▼フォトグラファー町野健の予定はこちらから▼
 
▼LINE公式アカウント▼
友だち追加
お得な情報やダウンロード可能な季節の写真をお届けします!
こちらからもお問い合わせできます。
 
▼ホームページ▼
 
▼Facebook▼
 
 

◆プロフィール写真・お仕事風景◆

 

◆家族写真・ファミリーフォト◆

 

◆イベント・店舗撮影◆

2回のワクチン接種が完了している

イギリス(成人の約75%)や

イスラエル(16歳以上の約80%)で、

デルタ株の感染が

拡大している現状もあってか、

 

ワクチン開発責任者の一人である

オックスフォード大学の

アンドリュー・ポラード教授が

「集団免疫の獲得は不可能」との

考えを述べていますね。


世界中でウイルスが蔓延していて、

ウイルスが変異し続ける限りは

そうだろうと個人的にも思います。


そうなると今後は

インフルエンザと同じで、

新型コロナウイルスと共存していく形に

なるのだと思いますが、

その都度ワクチンや治療薬などで

対処する場合でもしない場合でも、

自分の免疫力を高めておくことが

感染や重症化を防ぐために

有利に働くのは間違いないと思います。

免疫力を高める方法の一つに、

免疫に関わる栄養素を

十分に摂取することで

免疫力を高めるというものがあります。


ウイルスや細菌の侵入経路である

目や鼻、口などの粘膜を強くする栄養素

例えばウイルスが

喉の粘膜に付着した場合、

粘膜が粘液でしっかり覆われていれば

ウイルスが粘膜まで到達できず、

粘液層の最下部で分泌される

IgA抗体抗菌たんぱく

呼ばれるものによって

病原体は不活化、排除されます。

もし病原体などの異物が

粘液を突破しても、

粘膜の細胞同士の結合が強ければ、

それ以上侵入しないように

ガードすることができます。


▼これらの働きを高める栄養素▼
 

・ビタミンD

粘膜細胞同士の結合を強くする。

抗菌たんぱくの合成に関わる。

・亜鉛

粘膜の再生に必須の栄養素。

体内に貯蔵するのが難しいので

日常的な摂取が必要。

・ビタミンA

粘膜の再生、

免疫抗体の一つIgA抗体を作る。


■体内に侵入したウイルスを排除する

免疫細胞達に関わる栄養素

ウイルスが粘膜を突破し

体内に侵入すると、

マクロファージや樹状細胞、

リンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞)などの

免疫細胞が

それぞれの役割に応じて

ウイルスを排除するため、

感染部位に集結します。

(それぞれの細かい役割は割愛)

ここで必要になるのがビタミンC。

ビタミンCは免疫細胞が

感染部位に集結するスピードを高め、

自然免疫(人が本来持っている免疫)においては

ウイルスに対する攻撃力を高める働きもあります。


■各栄養素の摂取について

紹介したこれらの栄養素を

食事で接種することは可能ですが、

免疫力を最大限に高めるための必要量を

食事で摂取することは難しいので、

サプリで補うのが良いと思います。

ただ日本のドラッグストアなどで

売っているサプリは

ビタミンやミネラルの含有量が少ないので、

海外の濃度が高いものを使用するのが

個人的には良いかと思います。
(IHerbなどで売っているやつです)

私自身、以前に

分子整合栄養学(オーソモレキュラー療法)という

高濃度のビタミンやミネラルを摂取する方法で、

数年間に及ぶ病気を治した経験があるのですが、

その時も海外の高濃度のサプリを使用しました。

摂取する栄養素の量は

一般的な栄養学と分子整合栄養学では、

その考え方に結構開きがあるのですが、

私に限って言えば今も継続して摂取しており

健康を害するようなことは起きていません。

紹介した各栄養素の摂取量は、

年齢や体重にもよるので

気になる方は色々調べてみてください。

IHerbのサプリのレビューなども

色々参考になるかと思います(あくまでも参考に)

 

今回の記事について

もっと詳しく知りたいという方は

ぜひこちらの本を読んでみてください↓
ウイルスに強くなる「粘膜免疫力」

 

 

 

▼フォトグラファー町野健の予定はこちらから▼
 
▼LINE公式アカウント▼
友だち追加
お得な情報やダウンロード可能な季節の写真をお届けします!
こちらからもお問い合わせできます。
 
▼ホームページ▼
 
▼Facebook▼
 
 

◆プロフィール写真・お仕事風景◆

 

◆家族写真・ファミリーフォト◆

 

◆イベント・店舗撮影◆