ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》のスタッフブログ

ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》のスタッフブログ

2017年6月24日(土)〜25日(日) 阿倍野区民センター 大ホール

ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》
公式WEB:http://hdff.jp/

2015年開催の映画祭にて上映した「鳥の道を越えて」の 今井友樹 監督の最新作

『明日をへぐる』が京都、大阪、名古屋で公開されます。

各会場での上映情報をお知らせします。

 

***********************

ドキュメンタリー映画

『明日をへぐる』

(2021年/73分/監督 今井友樹/製作 シグロ)

***********************

 

【生活の移ろいに縛られない植物の楮(こうぞ)から、人間の役割を見つめ直す】

高知県いの町吾北地区で四季を通して撮影した『明日をへぐる』は、

土佐和紙の原料・楮をめぐる山里の人びとの暮らしを中心に、日本が誇る和紙の文化を通してもう一度私たちの日常を見直してみたいとの思いから製作したドキュメンタリー映画です。

 

公式サイト:https://palabra-i.co.jp/asuwoheguru/

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=_MhF7z343VY

チラシ:https://drive.google.com/file/d/1wTbdmFI2Wsido1hd7V-oKTUoDSsv9Vix/view?usp=sharing

 

【京都府】

京都シネマ

10/15(金)~28(木)  9:30~ 詳細はこちら

 

【大阪府】

第七藝術劇場

10/16(土) 11:00~(初回上映後に舞台挨拶あります! )

10/17(日)~22(金) 11:30~

■10/23(土) 12:25~

■10/24(日)~29(金) 10:00~ 詳細はこちら

 

【名古屋】

名古屋シネマテーク

■10/23(土)~29(金) 10:00~ 詳細はこちら

 

みなさま

 

こんにちは。

少しずつ涼しくなってきて、過ごしやすくなってきました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

伊勢真一監督の最新作「いまはむかし -父・ジャワ・幻のフィルム-」

大阪・十三のシアターセブンにて上映されています。

10/3(日)には舞台挨拶もございますので、ぜひご来場ください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『いまはむかし -父・ジャワ・幻のフィルム-』

 

戦時中のインドネシアで、伊勢真一監督の父・伊勢長之助が

つくっていた国策映画 “幻のフィルム”を追う30年におよぶ長い旅

 

予告編

https://www.youtube.com/watch?v=rPblnxvTA40

 

シアターセブン紹介ページ

http://www.theater-seven.com/mv/mv_s0358.html

 

 

<舞台挨拶・トークショー>

・9/25(土) 11:00『いまはむかし』上映後

・10/3(日) 13:00「伊勢長之助関連上映」上映後

登壇者:伊勢真一監督

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

語られなかった声に、耳を澄ませてみたい。

父をいとおしむ気持ちを込めながら、 あの戦争の時代の

「真実」を描くドキュメンタリーは可能だろうか…

(監督・伊勢真一)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

10/2(土)~

『いまはむかし』& 伊勢長之助関連作品

上映スケジュールはこちら

 

こんにちは。池本です。

 

長引くコロナ禍で上映中止や延期など、

監督さんや映画館、関係者の方々はご苦労されていることと思います。

映画祭ツイッターでは監督さんたちの活動や上映情報、

気になるニュースから国際情勢まで、多くのツイートが寄せられています。

ぜひ映画祭ツイート情報もご覧くださいね。

 

ところで2020年5月のブログに

「建売業者の不誠実な対応に怒っています」と個人的な憤りを書き、

その後どうなったの?と知人に聞かれたのですが、一応問題は解決しました。

 

当時1回目の緊急事態宣言が発令され、

職員はテレワークで在宅勤務、弁護士も対面相談は不可でした。

1年が過ぎた今も未だにコロナ禍真っ最中。

6月20日に3回目の緊急事態宣言が解除され、

大阪では引き続きまん延防止等重点措置実施中です。

 

毎日多くの死者数が発表される中、

世界中に不平等と感染の危険を広げるオリンピック開催に邁進する政府は、

一人ひとりの命をどう考えているのか。

 

情けなく、怒りがこみ上げてきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

在宅時間が増え、なんだか怒っている時が多くなった気もしますが、

気分を変えて“タンスの肥やし”になっている着物で日傘を作ってみました。


雨ゴートで作った日傘

 

学生のころ手縫いした浴衣で作った日傘

 

私も含め映画祭スタッフは高齢者が多いのですが、

安心して会える日まで油断せずに過ごしましょう!

 

こんにちは。池本です。

 

収束の見えないコロナ禍が続いていますが

みなさんお元気でお過ごしでしょうか?

 

緊急事態宣言前の昨年12月12日、

秋田の「天然記念物柴犬保存会」から、子犬が伊丹空港に到着しました。

親元を離れ見ず知らずのところへ飛行機でやってきた子犬は、

カイ君と名付けられて岡田家の家族として一緒に暮らしています。

 

岡田さんは大阪市職業リハビリテーションセンターの職員です。

私はセンターで、企画すること、発想することを中心に

ポスター制作の外部講師をしています。

岡田さんから「縄文シバ」を飼いたいと聞いた時、

「本当に飼うの?」「家族と話し合ったの?」と何度も確認しました。

その後「命を預かるのだから大切な家族として迎える」と

家族会議で話し合ったそうです。

 

伊勢真一監督「シバ 縄文犬のゆめ」の主人公であり

「柴保」会長の照井さんへ連絡すると、

ちょうど親離れの時期を迎える子犬がいるということでカイ君がやってきました。

ハクと同じ、白シバのオスです。


(ここはどこ?・・・ ちょっと不安そう・・・)

 

センターの前所長だった乾さんの元へハクがやってきたのが3年前。

犬を飼ったことがない乾さんとハクのてんやわんやの騒動もあり、

ショートステイ先として時々枚方へ連れてきますが、

岡田さんのところでは家族と一緒に過ごすので安心しています。

 

2月には大きくなって、ハクにそっくり!

今からが野生的で賢い縄文シバの本領発揮ですね!

 

 

 

昨年9月に3歳になったハク

今でも幼い頃の寝床がお気に入りです

 

 

まだまだ大変な暮らしが続きそうですが、

体に気をつけてなんとかコロナ禍を乗り切りましょう!

 

こんばんは。池本です。

 

伊勢監督からメッセージが届きました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大変な状況が続きます。

 

私が、このところ「ケア」をテーマに取り組んできた

近作三作品のバリアフリー化(日本語字幕・音声ガイド有)が完成し、

ユニバーサルシアター「シネマ・チュプキ・タバタ」で特集上映されます。

 

「妻の病〜レビー小体認知症〜」

「やさしくなあに〜奈緒ちゃんと家族の35年」

「えんとこの歌〜寝たきり歌人・遠藤滋〜」

 

上映と私のトークを9月の水曜日(9/2 9/9 9/16)に企画しました。

今、「共に生きる」という思いを深めていただければ嬉しいです。

 

家から出るのが難しい方には、伊勢真一作品DVD-BOXシリーズを発売中です。

全20作の予約を受け付けております。

 

何とか、この状況を乗り越えましょう・・・

 

     2020、夏の終わりに

             かんとく いせしんいち

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

昨日案内が届いたところでお知らせが遅くなりました。

バリアフリー作品3本と伊勢監督のトークをたっぷりとお楽しみいただける企画上映。

視覚・聴覚障がいのある方はもちろん、

誰でも一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアターです。

 

「伊勢真一監督バリアフリー作品特集上映」

◉ 9月9日(水)

 ・10:30〜11:57「妻の病」★トークあり

 ・13:00〜14:36「えんとこの歌」

 ・15:00〜16:50「やさしくなあに」

 

◉ 9月16日(水)

 ・10:30〜12:06「えんとこの歌」★トークあり

 ・13:00〜14:50「やさしくなあに」

 ・15:10〜16:37「妻の病」

 

「シネマ・チュプキ・タバタ劇場」

座席数を減らし各回10席限定(ご来場は事前予約をお勧めします)

▪️TEL.03-6240-8480 

  〒114-0013 東京都北区東田端2-8-4(JR田端駅 北口出て右方向 徒歩7分)

▪️ご鑑賞料金:一般1,500円 シニア(60歳以上)1,100円

  学生・ユース(22歳以下)1,000円 中学生以下500円

▪️JR田端駅から劇場までの誘導、手話サポートを希望される場合は、

  ご鑑賞予定の3日前までにご連絡ください。