GLP1.com メディカル肥満外来

ベストチョイス、ベストDrの肥満外来です。コスパ最高!!最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。

 

肥満児では、喘息の約4分の1が肥満と関係していることが発表されました。(Pediatric, 2018年、11月26日、オンライン版。から。)

 

米国では小児の喘息と肥満との関連を検討した報告が発表されました。平均4年間の喘息発症リスクを検討すると、喘息の発症リスクは肥満があると26%上昇したとのことです。なぜ肥満があると喘息を引き起こすのかの機序は不明です。

 

ただ、肥満を改善すれば、喘息の発症を予防できるとすれば、ダイエットの効果として、喘息発症の抑制という効果が期待できるということになります。

 

花粉症のシーズンになると花粉があるだけで、気管支喘息になり、外出できない、運動不足になる、だから肥満になる、という関係は容易に推測できます。喘息があれば、肥満になりやすいというのは、よく知られた事実です。

 

ですが、今回の発表は、肥満があると喘息になりやすい、ということなので話は複雑になります。この論理が成り立つと、肥満を治せば、喘息になりにくいことになります。であれば、花粉症の時期には、ダイエットをすれば気管支喘息も軽減するといえるかもしれません。

 

もし、本当にこの関係が証明されれば、GLP1ダイエットは、花粉症がひどい人にも、お薦めのダイエット法になります。

 

花粉症があると、運動ができない分、血糖が高くなりやすく、糖尿病が悪化する、肥満が悪化することは臨床現場では頻繁に経験することです。ですからあえて、この時期か、この時期が来る前にGLP1ダイエットで減量する臨床を行えば、花粉症も、楽になるかもしれません。

 

 

http://glp1.com

GLP1.com メディカル肥満外来

ベストチョイス、ベストDrの肥満外来です。コスパ最高!!最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。

 

GLP1治療は本来、糖尿病治療の薬剤です。ですから、糖尿病において、血糖コントロールに寄与するだけでなく、糖尿病においても体重減少をもたらし、それによって糖尿病の合併症を取り除くというのは、糖尿病専門医なら、誰もが望む治療になるわけです。

 

そのGLP1治療の本来の姿を、検討した研究がThe SCALE Diabetes スタディと呼びます。

 

Efficasy of Liraglutide for weight Loss among patients with type 2 diabetes
The SCALE diabetes randomized clinical trial
JAMA 2015: 314('): 687-699

 

ビクトーザを2型糖尿病に用いて、体重減少効果を観察した研究です。
いわゆるRCTと呼ばれる大規模臨床研究で9カ国、126の医療施設で行われ、2011年から2013年にかけて始まり、論文としては、2015年に発表されています。

 

1361名の参加者を募り、BMIが27以上の対象者は846名でした。18歳以上が条件で、糖尿病薬は、ゼロから3剤までが許容されています。メトフォルミン、チアゾリジン系薬剤、そして、SU剤も、この中に含まれています。HbA1cは7から10%の間でした。

 

リラグリチド3mg群は、423名。リラグリチド1.8mg群は211名。プラセボ群は212名に割り付けられました。そして、全員に、1日、500キロカロリーの食事制限をすることと、身体的活動を1週間に150分以上行うことが勧められました。

 

その結果

 

BaseLine
リラグリチド3mg群・体重は105.7kg
リラグリチド1.8群は、体重106.5kg
プラセボ群は体重106.5kg

 

体重減少率は
リラグリチド3mg群では、6% (6.4kg)
リラグリチド1.8mg群では、4.7%(5.0kg)
プラセボ群では、2.0%(2.2kg)

 

5%以上の体重減少に成功した割合は
リラグリチド3mg群では、54.3%
リラグリチド1.8mg群では、40.4%
プラセボ群では、21.4%

 

10%以上の体重減少に成功した割合は
リラグリチド3mg群では、25.2%
リラグリチド1.8mg群では15.9%
プラセボ群では6.7%

 

消化器症状が多かったのは、リラグリチド3.0mg、1.8mg供にでした。膵炎の発症はありませんでした。

 

56週間、つまり、約1年において、リラグリチド、1.8mgまでなら商品名ビクトーザ、3.0mgまでなら商品名サクセンダ、を投与すると、これだけの体重減少効果が期待できます。糖尿病でない場合と比較すると、成績は悪いのですが、それはしかたありません。血糖コントロールが改善すると体重が増える場合があるからです。

 

いずれにせよ、肥満治療は「内科」の分野、特に糖尿病専門医の分野になったのは間違いありません。

 

なお、糖尿病がない場合での、サクセンダ3.0mgで、5%以上の体重減少に成功する割合は90%以上です。糖尿病があると、それが、54.3%にまで減るわけですから、糖尿病があるほど、体重は減りにくいという事になります。

 

http://glp1.com

GLP1.com メディカル肥満外来

ベストチョイス、ベストDrの肥満外来です。コスパ最高!!最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。

 

2018年、アメリカ糖尿病学会(オーランド)で聞いてきて、その講演の中で、笑ったジョークを思い出しました。

 

コカコーラゼロビックマック症候群

 

つまり、飲み物はカロリーゼロを選びながら、食べ物は、ビッグを選ぶ、

 

こういう傾向が、強まっているという話でした。

 

昔は、マック店舗には、カロリーゼロを置いても選ぶ人が少なかったそうでした。ところが全然、売れなかったそうです。

 

ところが今は、コンビニやファストフード店では、カロリーゼロを選ぶ人が増えました。

 

その安心感からか、食材には、高カロリーを選ぶ傾向もあるということを揶揄したものです。

 

「コカコーラゼロ」を飲んでいるから、安心してしまって、
「ビックマック」をつい選択してしまう、、つまり、心の油断の話です。

 

GLP1ダイエットをして、ー5kg、痩せて、喜んでしまい、
この注射をしていたら、大丈夫、と思い、
ついつい、ワインや高カロリーの食材に手が伸びるようになってしまう、、

 

これは、GLP1ダイエットのみならず、糖尿病の臨床でも、全く同じ現象がおきてます。

 

自己ベストの後は悪化する。
糖尿病では、HbA1cが、さがったら、お祝いに、食べてしまう。たいがい、HbA1cが自己ベストをだした翌月のHbA1cは、自己ベストを更新しません。嬉しくて、どうしても、食べてしまうから、のようです。

 

コロナ禍の緊急事態宣言の後
今、2020年1月、コロナ禍で緊急事態宣言の後に、油断がでてしまって、人手が一向に減りません。その事態と似ているようです。

 

 

http://glp1.com

GLP1.com メディカル肥満外来

ベストチョイス、ベストDrの肥満外来です。コスパ最高!!最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。

 

糖尿病の先端治療薬、SGLT2阻害剤は、すごくよい薬剤です。

 

ただし、baselineのHbA1cが、7%以上でないと効きにくくなります。もともと、HbA1cが7%以上であれば、血糖コントロールも改善し体重も減るという薬剤です。

 

しかし実際、これが6%台になってくると、とたんに血糖コントロールには寄与するけれど、体重は止まる患者さんたちが、増えてきます。

 

機序は単純で、血糖コントロールがよいので、尿糖がでることは、1日約 −400kcal 分のエネルギー排出だけの価値になり、それが、単なる食欲中枢にフィードバックし、ただの「腹が減る薬」にしか、ならないことが、多々、あるからです。

 

SGLT2阻害剤を始めたほうが、体重が増えたという患者さんも少なくはありません。
特にお酒を飲む人は要注意です。喉が渇く分、お酒をおいしく感じてしまうことがよく、あります。

 

ちなみに、昔、懐かしい笑い話があります。

 

SGLT2阻害剤が発売された時、東京で、まっさきに、SGLT2阻害剤(その当時、最初に発売された商品はスーグラという薬剤でした。)を大量に購入したのは、銀座の美容外科医だったと聞いています。

 

1日エネルギーが400キロ排泄される=(イコール) 痩せる、と単純に思い込んだからでしょう。きっと、その医師は後悔したことでしょう。人には、必ず、フィードバック機構がある、ということを、知らなかったためだからです。

 

このようにエネルギー代謝のことを理解していない医師において、GLP1ダイエットの相談をされることはお薦めしません。

 

GLP1について処方経験が多い糖尿病専門医のもとで、GLP1ダイエットを、お受けください。

 

 

http://glp1.com

GLP1.com メディカル肥満外来

ベストチョイス、ベストDrの肥満外来です。コスパ最高!!最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。

 

アメリカ糖尿病学会では、中国で行われた2014年から2016年までの肥満外科手術を2年間、追跡調査した結果が報告されました。

 

Two Year Results of Multi-Center, Prospective Study of Metabolic Surgery in Obese Type 2 Diabetes Mellitus Subjects in China
Bao Y, et al. ADA 2019

 

この結果によると101名の手術をうけたうち83%の対象者が、HbA1cの改善を認めていたそうです。2年間追跡できたのは、80名だったとのこと。これは想定範囲内です。

 

胃切除後:副作用は9割以上
ただ、副作用(AE:adverse events)の起こる確率が、93.1%と高いのが驚きです。

 

339個の副作用が報告されています。Grade I は、その中でも、320個と高く、おそらく、逆流性食道炎などが含まれると考えられます。

 

特に手術をした30日以内に、73.3%が起こっている事が分かりました。

 

胃切除手術には死亡例が報告されてます。
怖いのは、死亡例が1例、いたということです。101例中の1例ですから、見逃せません。発表演者は、肥満手術とは関係ない、としていますが、そこは、日本での発表を待たないといけないようです。

 

胃切除よりはサクセンダは安全なダイエット
GLP1ダイエットでは、このような高い頻度での副作用報告はありません。ですから、リラグリチド(サクセンダ)によるダイエットは、かなり安全なダイエット治療法と言えるでしょう。

 

 

http://glp1.com

GLP1.com メディカル肥満外来

ベストチョイス、ベストDrの肥満外来です。コスパ最高!!最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。

 

父が肥満だと、73%、自閉症になる確率が、父が肥満でない場合と比べて、高くなるとのことです。

 

精子のDNAの、メチル化が自閉症に影響します。

 

父が、トレーニングしている父と、していない父とでは、脳の発達geneに影響を及ぼすとのことでした。父が肥満していると、geneのメチル regionsが、様々に異なることも証明されています。epigenetical variationが、より高まり、バリエーションが増えるということです。

 

これまで、GLP1ダイエットで、痩せることで、女性は、生理不順が改善するとか、妊娠しやすくなるということを、強調してきました。女性は肥満の影響が大きい事は有名でしたが、今度は、男性側、つまり、父親側にも肥満に伴って子孫における影響があるということがしめされました。

 

さらに胃を切除した後の父親の減量でも、精子の質を変えるとのことです。無理に運動を増やすと、精子が酸化ストレスに、さられにくくなって、遺伝子異常を起こしにくくなるとのことです。

 

これから生まれてくる娘さんのためにもダイエットしましょう、、そういう台詞が普通に、肥満している男性に、いえる時代になるかもしれません。

 

 

http://glp1.com