近頃ハマっているのは講談

テーマ:
すっかりお勉強ブログになってしまったこのブログ、しかもたまにしか書かなくなってますので、近況報告。

英語の勉強ばかりしてますが、カミさんとお買い物ドライブにPokémon GOしながら英語ばかり聴いているとさすがによろしくないと思って、初めは落語をかけていたのですが、AmazonのAudibleでたまたま講談を聴いたらすっかりハマってしまい、近頃は講談ばかり聴いてます。

一龍斎貞寿さんの彦左と一心太助が面白くて、アップされているものは全て聴いてしまい、お師匠さんの貞心さんや春水こと麻上洋子さんの等を聴きまくってます。
カミさんは近々上京する予定があるので、生で貞寿さんの声を聴いて来たいなと言ってます。私も一度聴きたい!

先日真打ちに昇進されたそうです。
貞寿さんがんばれ!(*゚▽゚*)
AD

今回は久々に特撮ネタ。

でも、英語の勉強中なのでえげれす語の話でもあるのだ。

ウルトラホーク1号が発進するときに、「フォースゲートオープン」と満田氏の声が入るわけですが、ウルトラホークは3号までしかないのになぜ第四ゲートなんだ?言う話がありまして。

ポインターやマグマライザー、ハイドランジャーまで入れたら云々と解釈する人達も居ます。

また、フォースゲート云々の声は3号やハイドランジャーでも使われているようです。

 

拾いものですが、その際の台詞。

Fourth gate open! Fourth gate open!
Quickly! Quickly!
Fourth gate open! Fourth gate open!
20 seconds before
All out!
Pull the throttle! Pull the throttle!

All right Let's go!

 

フォースゲートは第四ゲートならば、サードゲートやセカンドゲートも言うべきだとおもうのですが、そんなに何重もゲートを通していたら、緊急発進できないじゃん?とも思うのです。

 

満田の勘違い記憶違いなのか、あるいはほんとに英語の台詞を作成したときに第四ゲートと意図したのかどうか今となっては確かめようのない話。

 

ワタシは新説として、Both gates open!だったろう説を挙げておきます。

両ゲート開けよ!両ゲート開けよ!

これなら、格納庫と発進口のゲート二箇所という解釈でオッケーでしょう。

でも、それならボースゲーツオープンじゃねーの?と言う指摘も出て来ますね。

満田の発音が悪いんだいっ!

 

うーん、やっぱ変だよ第四ゲート。

AD