この時期

様々な 昔が 走馬灯のように浮かぶ方も

多いかもしれません。

昔の記憶が 蘇る時は

ある意味

新たなる「転機」の知らせでもあるのです。




大抵は

昔が蘇ると

痛い思い出には

再び 蓋をするようにしまいこんでしまったり

嬉しかった思い出には

再び 涙を流したりもしますが


今の私には

死を迎える人間の意識のような感覚になり

すべてが

「なるほど」と 気づかされています。





その昔の記憶の中で

1995年頃は まだ 大学生だった私は

音楽の無限に輝く 光に夢中になっていました。




中学生の頃から

オーケストラに入ったり

府中の中学生で ある著名な方の出身が同じ所以で

大好きだった友達と
 バンドを組んだことがありました。



その流れで 大学でも 

吹奏楽をしながらも

大学のステージで バンドの仲間と

弾けるような演奏をしていました。




スタジオから知り合いも増え

ライブハウスで演奏するようになり

社会人のアーティストとの出逢いもありました。




20代なりたての私には

未知なる世界で 感動の連続でしたので

当時 中学生だった妹にも

その世界を感じさせたくて

八王子の実家から呼び寄せ

都内近郊のライブハウスで

「音に触れる 」喜びの共鳴を
楽しんだりしていました。



当時、妹も呼んだライブハウスで

アコースティックギター 一本で

自分の半生を綴る 宮西さんと出逢いました。




音楽の 共鳴が好きだった私は

彼のメッセージ溢れる曲に

不思議な 共感を覚えました。




曲名は「偽善者」だったと思います。

毎日を生きて 自らの真実を求め彷徨いながらも

知らず知らずのうちに

気づかされたのは

「誰か」に見つけてもらいたい思いや

「誰か」に認められたい思いから

自らを 偽るようになってしまったことを

思い知らされたことを綴る 歌でした。




ライブ終了後、彼と話したら

彼の これまでや

偽らなければならなかったことなど

歌を歌い続けることを願う故に

偽らなければならなかったことを聞き

歌を歌い続ける道に

自らを偽る苦しみの渦を 
解き放とうとされていたことを知り

当時、ただ 音楽を好きなだけだった私は

意味がよくわからなかったのですが



時を経て

いかに 自らの道を輝かすために

自らが どんな道を選ぶのか

言葉にはならない 大切な光を

感じるようになりました。




当時を経てからは

私も 音楽から離れたので

彼にも ライブハウスにも
関わることは無くなりましたが


きっと

彼は 成功を夢見ながらも

偽色の成功を望まず

未来にも 自らを失わぬ道を選び

真の成功を手にされていることと 感じます。





この時期 どんな方にも

「自分らしく」生きているか 

問われる風が 吹き荒れます。




善と悪とか

平均とか

いわゆる「普通」「常識」とか



あなた自身を

何かと照らし合わせようとすればするほどに

頭が痛くなるかもしれません。




頭が痛くなったら

ある意味、

あなたは あなたで生きている証でもあります。



なぜなら

この時期 地球は

様々な人間の叡智の可能性は如何なるものか、と

人間の潜在する意識に

働きかけているからなのです。






 魂そのもので 歌を歌い続けるアーティストは

魂を偽りながら歌い続ける世界には

嫌われてしまいやすくありますが


どうやら 夏が始まる頃に

魂とは 何か

自らをいかに 真の輝きで瞬かせるのかを

目には映らぬ光の風にて

問われるようになりそうです。



まだ 世間の輝きもあまり知らない私に

偽善 という知らせを

教えてくださったことに 心から感謝しています。




たぶん、あの曲は世に出てはいなく

違うニュアンスで

偽善の世の中にも 彼の魂が伝わる歌で

もしかしたら 

求める方には 
伝わる道が広がっているのかもしれません。




感の良い方には

すごいか否かは 別として

彼の音楽が

風のように 感じられたかもしれません。






過去は 歴史

未来は 神秘

今は  

あなたの歴史から生まれた 光から

未来へ 奇跡を生む道。





私も 過去の歴史から

様々な「学び」をいただきながら

新たなる 奇跡の光を感じております。




あなたにも

あなたにしか無い 素晴らしい歴史から

きっと 

奇跡を生むことになるでしょう。






どうか

あなたの過去を 蓋をなさらず

あなたの心で感じて見てください。


あなたが

あの過去を蘇らせる時


あの時には 気づけなかった

真の輝きを

見出せる時が来たのですから。









紅葉