旭川市の鍼灸院 NACの‘なちゅらり~’日記

旭川市の鍼灸院 NACの‘なちゅらり~’日記

不妊症/芸能界で話題の美容鍼/スポーツ治療とダイエット/お顔のエステを受けられるナチュラリー針灸院長が 治療室でのお客さまとの交流 心に残るひとこと 日々スタッフや家族と過ごし感ずることがらを 徒然綴っています。


テーマ:

「人間だもの」展開催中の「三浦綾子記念館」。

                                                          
26年前、故郷に帰り開業した頃、どれ程「相田みつを」さんのことばに、励まされたでしょう。
思うようにいかない時、不安が大きくなった時、そのことばに縋っていたかもしれません。

 

                                                             
館内のビデオの中から話される相田さん、「人はどうも、感謝を忘れてしまうんだな」
「ひとりになりたがるくせに、ひとりはさみしい」言う、

 

                                                          
「人生への考えが深くなる程、悩みも大きく尽きないよ。」
「一生青春、一生学び、心を整える修行」と、優しく教えて頂いた気がしました。
人生の応えは、全て自分の中にあるものなのでしょうね♪(^_-)-☆

               


テーマ:

 

不妊症の鍼灸治療にて、当院を受診頂いたN・Nさんより、「9月25日、午前10時1分に、無事に“双子の赤ちゃん”が産まれました☺️。」との嬉しいメールが届きました☆!
「長女の美樹(2478g)と次女の美桜(2586g)です❤。
カメラを向けると授乳後の寝てる写真…でも、二人不思議と同じ方を向くか、向かい合わせで寝てるんですよね、双子ちゃん一卵性の不思議なのかな⁉️

プーさんの服を着てる方が妹で、ミルクもよく飲むけれど、甘えん坊な姫様です♪。
お姉さんの方は、本当に手がかからないけれど、ちょっと小ぶり(笑)。
まだ、主人が対面出来てないので、早くご対面させてあげたいな🎵。
やっと授かれた子供達なので、辛かった分・育児の苦労も、寝顔見てると吹き飛んじゃいます🐤。
本当に、色々ありがとうございました🍀。
年明けになるとは思いますが、北海道に帰ったら必ず寄らせてください☆♪。」
 
長らく長らく、待ち望んでいたご夫妻の下に舞い降りた天使ちゃんたち♪。可愛いですね☆
ご誕生おめでとうございます☆本当に、良かったですね(^_-)-☆。
 

テーマ:
地元の大会に参加しないと♪と、「旭川ハーフマラソン」5Kmへ。
厚美先生(嫁さん)、4056名のランナーさんと、五輪陸上高平選手の号砲で、花咲陸上競技場をスタート☆。
車イスの方、伴走者を伴ったランナーさんたちと一緒にゴール!
心配した雨にもあたらず、応援の声を背に、気持の良い汗をかけました。

 


テーマ:
秋の旭川を代表するイベント『北の恵み食べマルシェ』も天気に恵まれ盛況で良かった!☆
会場となった常盤公園の「旭川美術館」では、『描かれた女たち』展が行われています。
日本人画家による、髪の毛一本、着物の柄や質感までもその空間さえ捉えた、写真と見紛う写実的な作品や、アーティスチックで個性的な現役で活躍する作家まで、76点の女性を描いた絵画を紹介しています。あらゆる年代の作家が、多岐にわたる技法と想像力を活かし、モデルの女性との関係性も捉えた其々の「女性像」が一堂に見られるのも魅力ですね。(^_-)-☆♪。
 
道立旭川美術館 TEL0166・25・2577
◆~ 11月7日(水) 午前9時30分~午後5時(入場は閉館30分前まで)

テーマ:

キャンドルを灯しての診療、夕食から一転。電気が復旧された明るさと嬉しさは格別でした☆。
何気ない日常が、この上ない幸せな事と、改めて思わされ、中島みゆき「時代」の歌詞が心に沁みます。
次女がお産後自宅に来ていた所で、皆が赤ちゃんの寝顔に癒されました♪

 

 トイレを流すのに、いちいちバケツの水を使い難儀しましたが、水道とガスを使えた旭川は、震源地や札幌に比べ、被害は少ないのではと思っていますし、家族の中では、本当に極寒期でなくて良かったとさえ感じています。
 被災地に思いを馳せ、今尚復旧活動にご尽力されている方々に敬意を表し、看板のタイマー、冷蔵庫の設定など、「こまめな節電」に努めたいと思います。

 


テーマ:

「あさひかわ健美食養クラブ」とナチュラリー針灸院共催で、旭川市「ときわ市民ホール」にて、『天然酵母パン教室』を行いました。

東鷹栖でパン教室「みち酵房」を主催する高橋先生が、手にする瓶は蓋を開けると、「プシュッ☆」と音がする程、中で発酵が進んでいます。

「季節の果物、ぶどうやリンゴとお水だけで、簡単に酵母が作れるんですよ。」と、今回は、北海道産小麦に、ミニトマトを発酵させて作った、「自家製酵母」菌でパンを作りました。
一次発酵に5時間かけたタネをお持ち頂き、
2次発酵を経た生地は、トマトも入り淡いピンク色の「肉まん」のような可愛らしさです。

 

 

今回は、それぞれ自分のパンを成形し「彩り野菜のホカッチャ」を作り、2500℃に温めたオーブンへ入れ15分。

 

☆いよいよ自分で作った焼き上がりパンとのご対面☆

皆さんと作った手作り「天然酵母」ホカッチャ。♪

お野菜の色合いも形もまちまちですが(笑)、皆さん「自身のパンが一番!素敵☆」と感じるのだから不思議♪

焼きあがった「我が子?」を手に笑顔が広がりました。

みち先生が試食にお持ち頂いた、ブルーベリとぶどうのカンパーニュもふかふかと酵母の味わいが最高☆

彩りお豆と野菜のコンソメスープと共に美味しく頂きました。

ホンワカと焼き上がった小麦色のパンを見ていると、幸せな気持ちになるものですね♪

プロ曰く、パンはアッツアツの焼きたてよりも、「冷めたて!」が味わいが一番なのだそうですよ。 (^_-)-☆

お集まり頂いた皆さま。みち先生ありがとうございました。

 

 

 

 


テーマ:
空港の売店。ホテルのみやげコーナー。電信柱の広告と...☆『灸まん』☆って何?
全国の鍼灸師の皆さんも、知ってました?「これは、買いでしょ!(笑)☆」
四国香川の“お灸の形”がかわいい饅頭が有名な代表銘菓なんです。♪
 天保時代、急階段を登る「こんぴら宮」参りの帰り、参道の旅籠での、お灸のサービスが大変好評になり、
ある時、江戸からのたいそう男前の若親分に、「このお灸は甘い(優しい)!疲れがとれる」とほめられ、
ならばと、主人がお灸の形をした饅頭を作ったのが、...『灸まん』の始まりといわれる。

香川県知事から天皇に献上され、高松市「栗林公園」のお茶菓子にも,、黄身餡を使った上品な甘さがお口に広がります。
奇抜なネーミングと、その楽しい由来、露出の高い宣伝手法と多数の直販店。
上手に地元の街に根ざし愛され、美術館を運営するなど企業として地域に貢献していますよね♪(^_-)-☆
 

 


テーマ:

「あまりにも可愛いので、我慢できずに載せちゃいます。(^◇^;)
我家の次女夫婦に、待ちわびた赤ちゃんが産まれ、母子共に元気で「ホッと」しました。
誰に習う訳でもなく、〝チパチパ”と懸命にお乳を吸う姿に、「ひと時も離れたくない☆」と、病院に泊まる宣言をする婿さん。
なんとも、微笑ましい気持ちにさせられます。


皆に逢えるようにと、日曜日に合わせて、1週間早く生まれてくるとは、なかなか気が利いた良い子です。☺️
〝神様からの大切な預かり物”、家族皆で大事に育みたいと思います。
娘達の半分。孫達の「四分の1」は、“私自身”で出来上がっていると思うと不思議ですね。
3人目の孫も、実に可愛いもの♪。(^_−)−☆。全くもって「じじバカ」です。

 


テーマ:

ゴルフ場、初デビュー☆
子供達も、其々家庭を持ち、起業して25年、
60才直前にして、ようやく「ゴルフでも始めようか…♪」との心境になれた気がします。
当院へ17年来、メンテナンスに通院頂いている、シングルプレーヤー「六辻名人」が、


有難いことに「ならば、コーチ役を♪」と、勝手出てくれました。
私達ゴルフヘタッピ夫婦は、後から来る組の、“優しいプレッシャー”を感じつつ右往左往☆(^_^;)。
終わってみると、上り降り「7時間の山登山」に匹敵する疲れようでした。
最近の脳科学によると、『チョッとハード目の筋トレ』+『新しい事へのチャレンジ』が、“認知症予防”に効果ありとの事。

私達には、ゴルフは良いタイミングだったのかも...ですね。(^_-)-☆

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス