嗚呼 ソフトバンクホークス

九州に本拠を置く唯一のプロ野球チーム・ソフトバンクホークスの試合結果を語る場。


テーマ:


11月4日(土)日本シリーズ6回戦(ヤフオクD)、延長11回4-3でサヨナラ勝ち。対戦成績4勝2敗。完全な負けゲームだったが、8回裏1死3塁の相手守備が明暗を分けた。土壇場の9回に放り込んだ内川が見事。最後は、まったくタイミングが合っていなかった川島の5打席目に絶望したが、予想に反して右に快打。ライトの返球がなぜか逸れて(画面では確認できなかった)、長い公式戦の幕を閉じた。

5回に2点差が付いたときは、東浜先発の意図が分かるような気がした。ベンチは今永に苦戦するのを見越して千賀を回避したのではないか。そう思えるほど、手も足も出なかった。東浜は立ち上がり素晴らしい直球を投げていたが、相変わらず慎重になりすぎて徐々に球数が増えだし、5回に東都時代に対戦しただろう白崎に、カウントを悪くして一発食らった。

ペナントレースならともかく、短期決戦で相手は一級の左腕エース。日本一がかかる決戦で絶対不利の相手からもぎ取った最少得点は、降板するまで死守するのが開幕投手を務めた投手の義務である。まだまだ精神力が甘い。フルカウントでパワーカーブを投げ切れなかった石川同様、今永に比べれば胆力が弱くて話にならない。ここぞというときに頼りにならなかった。この際厳しく言うが猛省してほしい。

それにしても、ドラマの多い日本シリーズだった。1位と3位の対戦に批判もあるだろうが、堪能した。きょうDHに入った白崎の背中がプレーボル直前、画面に大写しになった。乙坂でなくてなぜ? と思った。白崎は今永同様、駒大OB。ひょっとしたら東都リーグで亜大の東浜と対戦があるのかなと思っていたら、なんと12年のドラ1同士で同期だった。白崎の余裕ある構えを見たら、そんな気がした。

ラミレス監督の用兵ぶりが特に楽しかった。この人は将来、監督として今以上に大きな仕事をするのではないか。

昨年勝っていたら4連覇、とは言うまい。CSもこのシリーズも、思わぬ対戦相手でやりにくかったはず。最後は勝つべきチームがその座を射止めて面目を保った。横綱が地位を守ることの難しさを力説するように、番付通りの結果をつかむのはとても難しいことが分かったプレーオフシーズンだった。

<ご挨拶>
今季も長い間ご愛読いただき、ありがとうございました。折に触れて更新するかもしれませんが、今年は本日でひとまず終了させていただたきます。

 

 

お読みいただけましたら、
↓をクリック し ていただければ嬉しいです。

にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。