吉川洋之の企業成長サポートブログ

吉川洋之の企業成長サポートブログ

エグゼクティブ・コーチ(株式会社ジーキューブ代表取締役・株式会社シエーナ取締役) 吉川洋之の公式ブログです。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりませんね。
特に東京では感染が日増しに増えており、
なかなか収束に向けての光が見えてこないのが辛いところです。

 

さて、3月決算が圧倒的に多い上場会社では、
これから5月にかけて決算発表および決算説明会が開催されます。

ただ、昨今の状況から日本証券アナリスト協会も4月末までの決算説明会の開催を中止するなど、
上場会社のIRにも大きな影響が出ています。

 

ところで先日あるIR担当者の方から
「決算説明会を開催できない場合、どうするのが良いか?」というご相談を受けました。

 

その会社は5月中旬に決算説明会の予定をしているのですが、
「今のところ開催は厳しそうなので、決算説明会は中止、

 説明会資料をHPに掲載しようと考えている」とのことでした。


他のIR支援会社に聞いても
「大きな会社はWEBで決算説明会をLiveで実施しているが、
  小さい会社は決算説明会を中止し、説明会資料をHPに掲載して終わり。」と言われたそうです。

 

 

私は「理想的なのはWEBで決算説明会をLiveで実施すること」と答えましたが、
ただ5月中旬は大手の会社の決算説明会も行われ、

  ※ 今年はそもそも決算発表自体できるのか?という問題があるのですが。。。
その場合、この会社
  (東証1部上場。時価総額は500億円未満。

   前回の決算説明会ではファンドマネージャーやアナリスト合わせて30名ほどが参加。)
くらいのサイズだと、

ファンドマネージャーやアナリストはどうしても大手の会社の方の決算説明会を優先せざる負えず、
なかなかこのサイズの会社の決算説明会には参加し難いのが実情です。

 

そうすると「WEBで決算説明会をLiveで実施」というのは、今回の日程では得策ではありません。
もちろん「日程をずらして実施」という方法もありますが、

そもそも「WEBで双方向でLive」となると、まだまだ抵抗のある会社も少なくありません。

 

 

ではどうすることがベターなのか?

私は「社長が決算説明している様子を撮影、これを配信するべき」とお話させて頂きました。

  ※ アナリストでも無観客の撮影を行っているようですが、

     私は撮影の場所はどこでも良いと思っています。

     社内での撮影というのも良いのではないでしょうか。


非常に厳しい状況で、先行きも見通せない今だからこそ
株主や投資家は経営者の言葉そして様子を知りたいはずです。

 

経営者が元気な姿で決算および今後について、
しっかり自身の言葉で株主・投資家に語りかけること
で、
その会社に対する株主・投資家の印象は、

ただ説明会資料がHPにアップされている状態とでは雲泥の差となるはずです。

 

また、この動画配信する効果はIR・SRだけにはとどまりません。
株主・投資家と同様に社員や社員の家族・取引先など他のステークホルダーも
皆現在の状況や今後に向けて不安を抱いているはず
です。

そのような時に経営者が決算に加え、現況や今後に向けて自身の言葉でメッセージを発信する。
その姿を見ることで安心するステークホルダーも多いのではないでしょうか。

 

もちろん新型コロナウイルスの感染拡大が収束、
決算説明会が実施できる(その場合も動画配信しますが)ことがベストですが、
そうでない場合、このような形がベストだと思います。


  ※ これはあくまで株式市場において「小型株」と呼ばれる会社についての話です。

 

 

 

 

 

 

前回(とは言っても1年前になりますが。。)

「考え抜くためには環境を整える必要がある」 

というテーマでブログを書きました。

 

そのブログの最後に

 「とにかく私も含め日々厳しくなるこの世の中で、
  「考え抜く」ことでしか生き残る道はありません」

と書いたのですが、

まさかその1年後に新型コロナウイルスの感染拡大で

これほど厳しい状況になるとは思いもよりませんでした。
  (往々にしてこのような”災い”は想定外ではありますが。。)


と言うことで、1年前以上に日々考え抜いて、

さらにスピーディーにこの苦境を乗り越えていかないといけません。

 

 

さて、ここからが今日の本題なのですが、

この「考え抜く」ためには「話をする」ということが非常に効率的です。

 

私自身は、コーチとのコーチングセッションや、

奥さんでもあり株式会社シエーナの代表(プロのコーチでもあります)に話をすることで、

様々な気づきやアイデアが湧いてくることが多々あります。

 

もちろん、自問自答することでこのような気づきやアイデアが湧いてくることもありますが、

経験則上、話をした方が圧倒的にこのような気づきやアイデアに到達する確率が高まりますし、

なんといっても早い(効率的)です。

 

では、なぜなのか?

理由としては以下の3つが考えられます。

 

 ① (相手にきちんと伝えるために)よりよく考えて話をする

    ⇒ ”話を相手に伝えるために、よりよく考える”

       このために人が話をしている時には、脳がフル回転し、

       普段自分でも忘れてしまっているような潜在意識に働きかけ、

       伝えやすいための言葉や情報を引っ張り出してくるそうです。

    

 ② オートクラインにより、気づきが促される

    ⇒ 「オートクライン」とは、

       自分が話した言葉(内容)を自分で聞くことによって、

        自分が考えていたことに気づくことです。 (コーチ・エィHPより引用)

 

               よくミーティングや食事などをしながら人と話をしていると、

       ふと気づくことがありますが、それです。

       

 ③ 聞き手からの質問やフィードバックにより、(自身の)想定外の考え(気づき)が促される

        ⇒ これは前回のブログで書いた通りです。

 

これらは、全て「話すこと」で生じるものです。

 

また、「話をする」ことで、スッキリしますし、

スッキリすることで自分自身のエネルギーが上がるように思います。 

エネルギーが上がれば、当然思考も前向きになります。

 

 

最初にも書きました通り、

新型コロナウイルスの感染拡大が仮に収束したとしても

日本経済・世界経済に与える影響は連日の株価が示しているように

当面厳しいものになると思われます。

 

そんな状況ではありますが、

「話をする」ことで、

よりスピーディーに考え抜き、行動していく。

そうすることで”この厳しい状況も大きなチャンスに変える!”ことができるはずです。

  

 



 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

最近、お客さんとの話の中で、
(お客さんの)周りの人達が

  「よく考えないで仕事をしている」

  「よく考えていないから早く仕事が進まない」というようなフレーズが出ます。

もちろん考えていない人はいないと思いますが、
「考える」範囲というのは人によってまちまちです。

上記の人達の言う「考える」というのは、
抽象的な表現になりますが、「より範囲を広く(視野を増やし)・より深く考える」
つまり「考え抜く」ということを指しているのだと思います。

それでは、この「考え抜く」というのはどのようにしたら身につくのでしょうか?
もちろん人によって異なるでしょうが、
自分自身のことを振り返って考えてみると
元々「より範囲を広く(視野を増やし)・より深く考える(考え抜く)」というようなタイプでは

なかったように思います。

そんな私が、今ある程度それができている
 (できていないと会社の経営が立ち行かなくなってしまいますので、

 「できている」と言えると思います)というのは、
以前の職場環境とコーチングから身につけることができたと考えております。

その昔、若かりし頃にいた職場では上司が非常に仕事のできる厳しい人で、
常に「考えざる負えない問いかけ」を受け続けていました。
当時は、毎日が苦痛で苦痛で辛かったのですが、
今振り返ってみるとこの時の経験が「考え抜く」ということを身につけてくれたと痛感します。
この職場を離れて以降はそのような環境にはなかったのですが、
自分自身にコーチを付けたことで

「定期的に必ず考える(考え抜く)ための場」を設けることができたことで、
「考え抜く」ということをその後も続けられているように思います。


「考え抜く」ということは自然にできてしまう人(または社会人になる前に身につけた人)も

いるのでしょうが、昔の私のように必ずしもそうではない人も多々いるのではないでしょうか。
ただ、環境を変えることで「考え抜く」ようになることも自分自身の経験からそう言えますので、
「考え抜く」ようになるためには、そのための環境作りが第一だと思います。

例えば、会社であれば同僚同士が互いに関心をもって、
常に「なぜ」ということを意識して問いかけあうだけでも
皆が「考え抜く」ようになるための環境作りの礎ができるはずです。


また、コーチングを導入する(1to1コーチング)ということが
「考え抜く」ための環境作りにとっては非常に有効かつ効率的なツールである

ということは言うまでもありません。
(最後は宣伝になってしまいました。。。)

とにかく私も含め日々厳しくなるこの世の中で、
「考え抜く」ことでしか生き残る道はありませんので、

この「考え抜く」ための環境作りは必須ですし、
裏を返せば「考え抜く」ことができれば生き残れるとも言えるのではないでしょうか。