あざレーザー、眼瞼下垂、粉瘤、医療アートメイク、アトピーの専門医治療は、名古屋市千種区覚王山の服部形成外科・皮ふ科へ

あざレーザー、眼瞼下垂、粉瘤、医療アートメイク、アトピーの専門医治療は、名古屋市千種区覚王山の服部形成外科・皮ふ科へ

名古屋 千種区 覚王山駅 徒歩2分 あざのレーザー治療、全身の皮膚手術、眼瞼下垂症手術、アトピー治療が得意です。形成外科専門医。10年連続F1オフィシャルDr. 年間1000件手術
医療アートメイクに注力しています。

形成外科専門医


日本レーザー医学会専門医


日本熱傷学会専門医



バイオタッチジャパン メディカルアートメイク顧問医師


アメリカ熱傷学会認定ABLSプロバイダー


3TO(VHO)式巻き爪矯正法ライセンス


臨床研修指導医



アラガンボトックスビスタ注入認定資格

アラガンジュビダーム注入認定資格


こどものあざブログhttp://ameblo.jp/hattorikeiseigeka-aza/


芝生は扱いが難しいですね。

さて
3月の忙しさが
4月になって落ち着いた感じがします。 



新学期始まって、
皆さんバタバタでしょうか?
慣れるまで少し疲れるかも
しれませんね。


最近は、美容の患者さんが増えて
いろんなお悩みに対することが
以前にも増して増えました。


とても大切なことは、
美容医療とは、
容姿だけでなく、
「心」
癒す治療だということです。
人間、自分を保つ為に一番大事なのは
心の在り方。


心から笑って喜んでもらえる
シーンに出会うと
ここにいる自分の意味と
幸せを感じています。



4月に入り、
吉田先生(女医さん)の勤務も増え
服部形成外科・皮ふ科の
月曜日、火曜日、金曜日の午前は、
2人体制で診療をしております。


吉田先生は、
大学病院皮膚科での診療を重ねてきており、
一般皮膚科を得意としておりますので、

なかなか治らない皮疹など、
「本格的な保険皮膚診療」
を受けたい方は是非、
吉田先生でご予約をしていただけると
よろしいかと思います。




雑誌に
当院のことを掲載して
いただけました。


voce5月号




vivi5月号



多くの方に
当院を知っていただき、
少しでもお役に立てればと思います。



日々勉強をさせていただいています。
最近は、外来が忙しくて
なかなか時間がとれず
去年のようにブログがコンスタントにかけず
YouTubeも
とる余裕がなかなかありません。



去年はちょうどこの4月に
美容に施術もストップしました。
1年後も今のように
コロナがまだ猛威を奮っているとは
想像しませんでした。


まだまだ長い戦いは
終わりそうにありませんね。
頑張りましょう!


皮膚の水分維持と美白が期待できる
vcコンセントレート15が
リニューアルします。
ハマってしまうと
抜け出せないぐらい人気の
商品です。


これがいままでの。

新しいもの。
ちょっと太くなっています。
2ml増加。
価格は据え置き4950円



いままでのは黄色い。

新しいものはやや無色に
ちかくなっている

モニター試験では

つけることによる
角質水分量の増加と、
肌の明度がアップとのこと。
(ロート製薬研究所調べ)



新しいもの
つけた感じは、前のものより
モチっとしています。
保湿感は強そうです。

匂いがすこし
甘い感じがします。

楽しみです。
4月以降は、新しいものに変更となりますので
従来のものは在庫限りで終了です。