【はっとの沖縄移住ミュージシャン日記】

234回「Pのバラードin沖縄」


昨夜はアルテ崎山で

神奈川県の小田原から

僕の大事な音楽仲間、

ぱんちょマンを迎えての夜でした。


ご来場頂いた皆さん

ありがとうございました!


ぱんちょマンパワーなのか?

海そばのコバさんやマニョさん

、カヲルさんやマキさん、凜翔くん、

そしてヒガッスさんなど

昨夜は縁に引き寄せられた

方々が集うそんな不思議で

暖かいひとときになりました。


足を運んで頂いた海そばの

コバさんがまさかのぱんちょさんとの

知り合いであったり、

僕のライブで三線を弾いてくれた

カヲルさんの奥さんを

元々僕に紹介してくれた「タケシィ」

さんはぱんちょさんの中学の

後輩であったりと

いろんなミラクルのような

繋がりが判明しました。


もはや最近は

こういったミラクルも

不思議というよりか

なんか必然的なものさえ

感じてしまうように

なりましたが(笑)


きっとぱんちょさんは 

沖縄に来るべき人で

まさしく今回がその

ジャストなタイミングだった

のかもしれませんね。



ソーセージのセイジくんおススメの

「くるみバンバン」の

優しくキャッチーな音世界、

正統派に見えて実は唯一無二な

D@LLの和やかなライブ、




その後僕のステージは

お客さんだけでなく、ぱんちょさんに

僕の「今」を聴いて貰いたい

と言うことで

D@LL、三線のカヲルさん、

そしてマニョさんにも

手伝って貰うという

総力戦で沖縄で作った

曲を中心に歌いました。


そしてトリのぱんちょさん!

彼のライブを観ていると

被災地で歌い続けるということは

どういうことなのか?

という覚悟みたいなものが

ヒシヒシと伝わって来るし、

改めて身が引き締まる思いが

するんですよね。


久しぶりに一緒に歌った

Pのバラード」も

お互い会わなかった月日に

どれだけの経験を重ねて

来たかを共に噛み締めながら

歌えた感じがして、気持ちが

凄く入ったし

とても強いエネルギーで

皆さんに届けられた気がします。


何にしても

急なお願いにも関わらず

協力して頂いた

アルテ崎山の美也子さん

親ニさん

そして出演者の皆さん

本当にありがとうございました😊


たぶん、いや絶対

ぱんちょさんは沖縄に

また来ると思いますが(笑)

ひとまず沖縄の旅、お疲れさまでした。

そして素敵なライブと

ずっと預かって頂いていた

我が家の表札を届けて頂いて

ありがとうございました!


お互い身体に気をつけて

また会いましょうね!


沖縄に「さよなら」という

言葉はありませんからね(^^)


最後まで読んで頂き

にふぇ~で~びる。