こんばんは。ブログを更新しようと思ってたら前のブログの内容に上書き更新をしてしまったみたいです💧

久しぶりにやると間違えてしまいますね😅

僕は時計が好きでここ数年はロレックスに夢中でした。

コロナにより春先にロレックス等が急落し…今現在はコロナ禍前以上に高騰してます😅

6桁スポロレは完全に金と同等品となってます。少しずつ店舗のデリバリーも始まったと思いますので秋口以降どう変化していくか注目してます。

資産価値だけで考えるとロレックスを購入するのが無難だと思いますが、他の時計も正直欲しくなります。

数年前に友人にあれば欲しいと頼んでいた時計を運良く購入出来ましたので、紹介したいと思います。

因みに頼んでいたのを忘れてました(笑)




サクッと逝きましょう‼️

イギリスの時計メーカーsmith社のミリタリーウォッチです。

イギリス国内の製造に拘ってましたが、クオーツショックによって80年代辺りで腕時計事業から撤退しています。





smithの時計と言うと、数年前に🇬🇧靴の修理等で有名な東京のユニオンワークスさんが流行らせたイメージが強いです。

流行る前はイギリスの蚤の市でタダ同然の金額で売っでいたと思いますが、今現在はそれなりの金額で販売されていて、かつ直ぐ売れてしまいます。

購入して直ぐオーバーホールしてます。

動作不全のジャンク扱い品として入手しましたので、かなりお値打ちでした。

イギリスのミリタリーウォッチなので、文字盤には官給物の証明であるブロードアローのロゴがあります。




トリチウムの刻印があり秒針は剥げてますが、退色も良い感じになってます。




裏蓋に刻印された官給コードを見れば、製造された年代等がわかります。

W10はアーミーコードとなり陸軍用、6645は品目コードで腕時計、99はカントリーコードでイギリス、4761はシリアルナンバー、69は製造年(1969年)となります。

基本的にオフ時に着用してますが、ジャケパンの時だけ仕事の時にも使ってます。


ただ…やはりナイロンベルト等だと少しビジネスには合わないとも感じてますので、オン時にも使い易い様に自分がデザインしたベルトをオーダーしていまして、自分の想像通りに完成し、調子良ければまた紹介しようかなと思います。

そうそうイギリスと言えば、コロナにより延期されてますダニエルクレイグ最終章の007ですが、もう少しで公開されるので非常に楽しみですね。

それでは、また。