楽しみながらやってみよう

楽しみながらやってみよう

何事にもチャレンジ精神で、楽しみましょう。

 

最近、格安の中古本の購入が増えている。やっぱり電子書籍よりも紙書籍の方が良いからだ。

 

 

主に、東野圭吾、池井戸潤の小説だが、その小説を探していて、たまたま見つけたのが、「眠れないほどおもしろい雑学の本」だ。

 

 

 

タイトル通りに眠れなくなると翌日の仕事に支障がでるので、しばらく放置していた。

 

 

そして、先に同時購入した東野圭吾の「犯人のいない殺人の夜」と「放課後」を読み始めた。いつものごとく、先が気になって寝る時間が遅くなることが多々あった。

 

 

 

 

そして、それらの本を読み終えたので、寝かせておいた「眠れないほど~」を読み始めた。あくびの伝染に始まり、雑学が次々に紹介されていた。

 

 

確かに面白い話もいくつかあったが、しばらく読むと翌日の仕事のことが気になり、眠りについていた。「ふーん」という雑学があったが決して眠れないほどではなかった。

 

 

そして今日、妻から「眠れないほど面白いのに毎日よう寝てるな」と突っ込みを入れられてしまった。確かにその通りで、眠れないのは東野作品の方だった。夜に読むより、ちょっとした空き時間に読むのに向いている本だと思う。昼間なら眠ることは少ないだろう。

 

 

 

今日は夜中から降り出した雨が、朝方にさらに強くなってきた。久しぶりの雨模様だ。

 

 

これまでは、雨といっても夕立やゲリラ豪雨のような突然の大雨ばかりで、長く降り続く雨は梅雨時期以来ではないかと思う。

 

 

その雨のおかげで、朝は気温が低くとても過ごしやすい一日になった。「暑さ寒さも彼岸まで」とは良く言ったものだ。

 

 

しかし、そんな日にも不愉快なのはコロナ時代の必須アイテムのマスクだ。気温は低く、気持ちよいがマスクをする口元は高温多湿の熱帯だ。

 

 

呼吸をすれば、マスクの中に湿気が溜まる。話をしようものなら湿気がよりいっそう溜まって不快感はマックスだ。

 

 

そもそも、花粉症でもマスクをするのが嫌で、くしゃみ連発に耐えるぐらいだから、今の生活は耐えがたい。

 

 

最近ではそんな不快感を解消してくれるマスクもあるようだが、どれが良いのか判断しかねる。だから、不快感を感じながらも妻のお手製布マスクを愛用している。

 

 

そんな布マスクは、洗い替えのために4枚あるが、その中でもたこ焼きの船型のマスク(もちろん木製ではなく布製)は比較的過ごしやすい。妻に言わせれば一番出来の悪いマスクらしい。ちなみにアベノマスクは引き出しに眠っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンで購入したワイヤレスキーボードが届いた。

 

 

アマゾンの配送は置配があるのを忘れていたので、「玄関先に置きっ放しやった」と妻にしかられた。次からは置配はやめてきちんと受け渡しをしてもらうつもりだったが、注文のトラブルで忘れていた。

 

 

それはさておき、早速パソコンに接続して動作確認をしようとしたが、あいにく充電池が電池切れで、キーボードの動作確認は充電が終わるまでお預けとなった。(用意しておけといわれそうだ)

 

 

外観やキータッチは問題なく、キーピッチも使いやすいサイズだ。若干の難点といえば、現在使用しているノートパソコンのキーボードと比べてエンターキーが横長なのでミスタッチをしそうな点ぐらいだ。

 

 

パソコンのUSBポートにワイヤレスの受信機を接続して起動は確認できた。まあ、キーボードは普段は使う予定はないので起動すればそれで良いかといったところだ。マウスも付いているが、こちらも電池切れでテストできずで、後日テストしてみることにした。

 

 

アマゾンプライムビデオ視聴に向けての準備が整いつつあるが、残された準備は音声出力だ。ノートパソコンの場合は、HDMI出力で音声も出力できたが、今回購入のデスクトップは、DVI-I出力を変換アダプターでHDMIに変換しているので、映像のみの出力となる。

 

 

そこで、音声配線が必要になる。さらに音声出力用のケーブルを購入しなければならない。簡単に接続設定できれば良かったのだが、パソコンを一昔前のモデルにしたので余分な配線が必要になってしまった。(しかし、まだプライムビデオの視聴には至っていない)

 

 

ちなみにこれまでにかかった費用は、パソコン:5,000円、キーボード:2,092円、変換アダプター:318円のしめて7,410円で、FireTVを購入した方が安く、接続も簡単だ。何をしていることやらだ。それでも、自分で設定していく楽しみ代と思えばまあいいだろう。

 

 

 

 

 

とりあえず、音声用ケーブルの購入をしなければ、サイレントムービーになってしまうのでプライムビデオの意味がない。ネットで買うか家電量販店で買うかどちらがいいかな。

 

 

 

昨日、アマゾンでキーボードを購入した。

 

 

2280円の商品で、188円の割引クーポンが使えたので、2092円で購入できる。おまけにマウスまで付いていてワイヤレスだ。

 

 

キーボードだけでも良かったが、せっかくなのでセットの商品を選んだ。カートに入れてレジに行くと、割引が適用されているのに、レジではなぜか2410円の表示が出ている。商品を削除してもう一度購入したが、結果は一緒。

 

 

割引して元値より高くなるなんてことはあるはずがない。「どうなってんね」と思いつつ、アマゾンのカスタマーサービスを利用してみた。通常なら電話を利用するところだが、チャットサービスがあったのでそちらを利用した。

 

 

初めての利用で最初は戸惑ったが、アマゾンの担当者からメッセージがあり、商品の価格について確認をした。そうすると、アマゾン側の不具合かもしれないということで、お詫びのメッセージがあった。

 

 

そして、原因を確かめてもらったところ、こちらの操作ミスか何かで、購入したつもりのない商品がカートに入っていることがわかった。早速、その商品を確認し、キャンセルした後にキーボードを購入すると、問題なく割引価格での購入ができた。

 

 

今回はこちらの不手際が原因だったが、チャットの担当者は丁寧な対応で、文字ながら気持ちよくやりとりができた。

 

 

口コミなどを読んでいると、「カスタマーサービスがなってない」といったコメントを見ることがあるが、今回はそのような印象は皆無だった。逆にこちらのミスなのでやや恐縮するぐらいだった。

 

 

担当がたまたま良かっただけかもしれないが、アマゾンの対応をちょっと見直した。ただ、カスタマーサービスの使い方がもう少しわかりやすくしてほしいところはある。

 

 

カスタマーサービスは良し。後は商品に問題なければ良し。今日、発送連絡があったので、明日には届きそうだ。

 

 

 

 
 

 

 

肌寒い朝だったが、今日の天気はすがすがしい秋晴れで絶好のお出かけ日和。

 

 

せっかくなので、美山かやぶきの里へ出かけることにした。少し前の新聞にかやぶきの里のそばの花が見頃というのが載っていたからだ。

 

 

昨日は、京都市内もコロナ前の人出のようで、道路もやや渋滞気味だったが、今日は意外にも渋滞に悩まされること無く、京都の市街地を向けることができた。

 

 

美山へのいつものルートは福王子の交差点から国道162号線走る。息子たちが小学生の頃は地蔵峠を越えるのに苦労したが、今ではトンネルで一気に抜けることができる。

 

 

昼ご飯前に出発したので、昼食を食べるのに道の駅ウッディ京北に立ち寄ったが、空き席待ちの列ができていたので、美山かやぶきの里のそば屋まで行くことにした。

 

 

途中、美山道の駅ふれあい広場は通り過ごしてかやぶきの里へ向かう。そして、あとわずかに迫ったところで先の車が急に停止した。路上駐車かと思ったが、何と渋滞の最後尾だった。

 

 

通常ならあと2、3分で駐車場に着くところだが、いつまで経っても車が動きださない。マップで渋滞状況を確認すると、かやぶきの里の付近まで渋滞中だ。待っていてもいつ頃着くかわからないので、かやぶきの里は断念。

 

 

仕方なく、Uターンしてふれあい広場でソフトクリームを食べて帰ることにした。ふれあい広場に着くと、今度はソフトクリームにも行列が、仕方なく鹿コロッケを買って食べることにした。こちらも少し並んだが、揚げたてのアツアツコロッケがとてもおいしかった。

 

以前から連休中は、渋滞や混雑で出かけないようにしていたのだが、天気の良さに誘われて出かけたがなんとも不満の残るお出かけだった。かやぶきの里のそばの花は見られなかったが、帰りの道路沿いにそばの花と秋を思わせるススキの穂がせめてもの救いだった。