新潟の魔法の名刺屋のブログ

新潟の魔法の名刺屋のブログ

売れる名刺・売れる看板・売れるチラシ・売れるHPの他、取材に繋がるプレスリリースなど、自身の作例・成功例・ハウツーなど更新中★

おはようございます。

逃げたくなるほど忙しい時に限って仕事がジャンジャン入ってくる
新潟の魔法の名刺屋です。

(世の中は思い通りには行かないものですね^^)




さてさて本題。

今日はチラシ集客のお話。


『元請け頼みではダメだ。ウチも今後はチラシを作って直接エンドユーザーさんからお仕事受注できるように新聞折込してみよう!』

そんな風に一念発起される工事店さんってありますよね。塗装屋さんとか屋根屋さんとか設備屋さんとか。

とても良い取組だと思います。ぜひやって下さい。


で、
このようにチラシ初めての工事店さんの話で良く聞くのが…


『でも電話が沢山鳴りまくっても困る。ウチは少人数(もしくは一人)でやってるから、いっぺんに来られてもこなし切れないよね。』


というご心配の声です。


ご心配に思われるのは分かります。

でも安心して下さい。大丈夫です。

なぜかと言いますと…






そんなに沢山の電話は鳴りませんので(笑)


なので躊躇なくチラシを撒いて頂きたいですね。
むしろ初めてのチラシで1本も電話が鳴らないとかザラにありますよ。

でも…




『なんだよ!せっかくチラシやってもダメらねっか! もうチラシなんかやらね!』


と短気を起こさないで頂きたいのです。

今回は電話は鳴らなかったかもしれませんが、貴方の会社の存在はお客様に認識されましたよ。今回電話をしなかったのは、まだお客様にとって適切な時期ではなかったからでしょう。でも確実に気になってる人は居ますよ。


にも関わらず、『もう2度とチラシやらね!』では勿体無さすぎます。

なので2度目のチラシを2~3ヶ月後にもう1回入れましょう。そしてまた2~3ヶ月後に3度目のチラシを入れましょう。


そうすると…




「あ、またこの会社のチラシだ。◯◯工事、やっぱりそろそろやった方がいいよなぁ。」


って観念して電話を下さる方がいらっしゃるのです。

何度も繰り返し同じチラシに接する事でアナタの会社への信用度も高まっていますし、何度も繰り返し同じチラシに接する事で工事実施を現実的に考えるようになるものです。


そうは言っても何度もチラシを折込するのってお金掛かっちゃいますよね。

なので折込する範囲は狭く、自社周辺のみにしておきましょう。そして2度目3度目の折込も同じエリアにしましょう。そうでないと各エリアでの単発チラシになってしまって、それこそ無駄になってしまいますので。

運良く沢山電話が鳴ってしまっても、現場が全部近所なら何とかできるでしょ。




そんなワケでございまして本日は…









『チラシ初めて撒くんだけど、沢山電話が鳴ってもこなせないから困るなぁ。』という少人数工事店さんのご心配は杞憂である。電話はそんなに鳴らない。

という現実をお知らせさせて頂きました。


ご参考になりましたら幸いです。








まぁそうは言っても…
















チラシ集客って期待し過ぎると空振りになりがちで、「そんな電話鳴らないでしょ」と悠長に構えていると電話鳴りまくったりするんだけどね…(笑)




(今日はここまで^^)






▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
 
当たる売れるチラシ作りの教材
売れるチラシの作り方を学びたいなら
【教材|チラシ劇的改善マニュアル】

―――――――――――――――――

【チラシセミナーの講師も承ります】
商工会議所さんや商工会さん、
業界団体さんや同業者組合さんなど、
日本全国にお伺いさせて頂きますよ☆

―――――――――――――――――



【魔法の名刺屋 公式ホームページ】
名刺作りに役立つ小冊子を無料進呈中

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△