占い・姓名判断アスタマニャーナのにゃるじ、藤原巧茉です。

 

11月8日、細木数子さんがお亡くなりになりました。

慎んでご冥福をお祈りします。

 

この方は、私にとっての反面教師でした。

 

占い師としては、尊敬できる所は、何一つありません。

 

忘れもしない、細木さん全盛期の時、

 

テレビで、杉浦太陽さんの事を占ったのですが、

『あんたは、自殺するよ!』

 

私、この言葉を言った時の、細木さんの顔と声

今も、忘れていません。

般若か、鬼の様に見えました。

しかも、6~7年後に自殺するという・・・。

時期まで指定・・・。

 

ありえません。

占い師は、生きている人間に対して

『人の生き死には占ってはいけない』!

これは、占い師にとって、一番大事な暗黙のルール。

 

細木さんは、多分、占い師としては、活動されていないから

安易に、、テレビ局の意向のまま、お話ししたのかもしれません。

 

また、普段から、他の人にも同じような事を

簡単に喋ってしまっていたのかもしれません。

 

分かりやすい例だと、『地獄に落ちるわよ!』

そんな、人に向けるものではない言葉を

電波に乗せて言い放っていました・・・、

 

タレントとしてなら良いかもしれませんが、

占い師としてはありえません。

 

当の杉浦太陽さんは、その自殺すると言われた

年齢ぐらいに、辻ちゃんと結婚しています。

 

その後、父親の借金から、反社の方と揉め、

大阪府警に誤認逮捕されますが、

その災いを、暗示しているとしたら、当たっているのか、

でも、自殺ではありません。

 

その時期に悪い事が起きる事が暗示されていたなら、

あまりに、勿体ない読み間違え・・・・。

きちんと指摘していれば、杉浦太陽さんの

誤認逮捕は、なかったかも・・・。

 

私達、占い師が発してはいけない言葉。

『あなたは死ぬよ!』

『〇歳で亡くなるよ!』

 

当時、私が、尊敬する90歳を越えた占い師の方から、

『ある女性が20代の時に、73歳で死ぬ。

 と、占いで鑑定されたら、本当に73歳で亡くなったんだよ』

 

そう、これは占いが当たったのではなく、

人間、思い込むと本当にそうなってしまう。

 

スパシーボ効果の最悪版です。

 

特に『死』の占いは、人の気持ちの中で何回も繰り返されるから

とっても危険。なんだそうだ。

 

占い師が、絶対に占ってはいけない領域を、

しかも公共の電波で垂れ流す・・・・。

 

今、自分が占い師になって、その恐ろしさはより理解できます。

とても恐怖に感じます。あまりにも、危険極まりない行為・・・。

 

良く、あんなこと言えたな、細木さん

 

そう、なので細木さんは、私の占い師人生の、

見事な反面教師です。

 

自分が、傲慢な占いになっているな、と感じた時は、

必ず細木さんの顔を思い浮かべて、ブレーキングをかけます。

 

細木さんの決め台詞は、

『地獄に落ちるわよ!』・・・。

 

閻魔様は、どんな判断をくだすのでしょうか・・・・。

 

★貴方にとって、今日も素敵な1日になりますように。

★占い・姓名判断アスタマニャーナのホームページはこちら↓